IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「あくまでも」はどういう意味?類語や使い方・英語表現についても解説

更新日:2022年09月06日

言葉の意味・例文

「あくまでも」の意味や使い方について、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、「あくまでも」の意味や場面別での使い方、類語から英語表現までを紹介しています。「あくまでも」について知りたい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

「あくまでもってよく聞くけどどういう意味?」 「なんとなくではっきりとした意味がわからない」 「使い方がよくわからない」 このように、「あくまでも」について意味や使い方を聞かれると、きちんと説明できない方は多いのではないでしょうか。 本記事では、「あくまでも」の意味や使い方を解説しています。その他にも、似ている言葉や場面別での使い方、英語表現なども紹介しています。 この記事を読むことで、「あくまでも」の意味や活用方法が理解できるようになるでしょう。日常生活やビジネスシーンでの使い方についても知ることができるため、時と場合に応じた最善の言葉を選ぶことができるようになります。 「あくまでも」の正しい意味や表現方法を知りたい方や、語彙力を高めたい方は、ぜひ本記事を読んでみてください。

「あくまでも」の意味

「あくまでも」の意味

「あくまでも」の大まかな意味としては、「どこまでも変わらない」「何があろうと徹底的に」という強い意志を表す言葉になります。 同時に、「あくまでも」は限られた条件や仮定を意味する言葉でもあります。自分の言っていることや行いに逃げ道を与えることができるという、便利な言葉として頻繁に使われているのです。 何度も言わなくてもわかっているでしょうが、と暗黙の了解を相手に促す役割を果たすことができます。一般的に了承されている事柄や、すでに承知されていると思われる事柄の再認識が必要な場合にも使うことができます。 「あくまでも」を漢字にすると「飽く迄も」という字を書きます。飽きてしまうほどにわかりきっていること、飽きるほど言われていることなどに念を押す意味で使われることが多くなります。

「あくまでも」の類語

逃げ道をつくることができる「あくまでも」という言葉のニュアンスは、その他の類語と比較することでもっとわかりやすくなります。 そこで、その他の類語や言い換え表現を学んで、より適切に「あくまでも」を使いこなせるようになりましょう。

何が何でも

「何が何でも」は、どのようなことがあっても、なんとしても、状況や理由に関わらずなど、強い意思表示や一時的な勢いを表しています。 若い世代やカジュアルな物事に対してよく使われる言葉であり、責任が伴わないシーンにおいて気軽に使われている言葉といえます。

徹底的に

「徹底的に」は、余すところなく、すみずみまで、あるいは抜本的に、といった意味の表現です。中途半端にせず、十分に一貫してものごとを行うさまを表しています。 隙なく悔いのないように行うという、はっきりとした強い意思を伝えることができます。

絶対に

「絶対に」という言葉は、「あくまでも」よりも断言する気持ちが強い時に使われます。この商品を使えば「絶対に」売り上げは伸びます、と伝えるときには、どのような状態であろうとも可能であるという自信を感じ取ることができます。 「絶対に」という言葉は、何らかの根拠があるからこそ使われる言葉であり、ほぼ100%その言葉を約束できるとき、またはその自信があるときに使われています。

どのような手段を使っても

「どのような手段を使っても」という言葉も、「絶対」に近いニュアンスを持っていますが、やや過激な表現となってしまいます。 目的を果たすためには、ルール違反になっても倫理的に非道だと思われても構わないといった意味になります。脅し文句となることもあるため、ビジネスでは基本的に使われない表現です。

どこまでも

「どこまでも」はとどまることなく続くさまで、徹底して、とことん、などの意味を持っています。終わることなくあきらめない姿勢を表わしているといえる表現です。 どちらかというとカジュアルな意味があるため、ビジネスシーンよりは日常生活で使用する言葉と言えるでしょう。

「あくまでも」の正しい使い方と例文

ここでは、「あくまでも」を日常生活やビジネスシーンなど、場面別の使い方を見ていきましょう。 特に、ビジネスのシーンではあらゆる方向に物事の進展を想定しておく必要があり、この「あくまでも」を使うことで円滑に物事を進めていくことができるようになります。

次のページ:「あくまでも」と「あくまで」の違い
初回公開日:2017年12月09日

記載されている内容は2017年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング