IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気自動車への改造方法と費用・改造会社・注目の改造キット

更新日:2020年08月28日

車&バイク

ガレージに眠っている旧車は電気自動車に改造することで蘇ります。特にビートルやフィアット500を電気自動車に改造する例が増え、改造ノウハウが確立されようとしています。旧車をはじめ、軽自動車や中古車を電気自動車化する経費や注意点を中心に説明しています。

注目の電気自動車改造キットがあります!

電気自動車は、電池はもちろん、モーターやコントローラー、スロットル、バキュームポンプシステムなど、さまざまなパーツが必要ですが、必要最低限15のパーツがあれば電気自動車に改造できます。 自分の愛車を自作で電気自動車に改造したい時は、必要なパーツを1ヶ所で購入できる企業の利用が便利です。バラ売りをしているところもあれば、軽自動車を電気自動車化できる一揃いのパーツをまとめて販売しているところもあります。 しかしまだ、パーツ販売を専門に行なっている企業は少数しかありません。その数少ない企業を見ても、主に自動車整備会社に向けた販売を行っています。価格もオープン価格となっていて、購入するには見積もりを取る必要があります。お願いすれば購入は可能ですが、一般向けに広く販売している様子はありません。

改造は自分でやるべき?業者に任せるべき?

コンバージョンEV事業は車に愛着を持つ人の間で話題を呼び、今後さらに発展していく分野だと予想されていますが、今はまだほとんど普及していません。大切な愛車の改造を手がけたい気持ちはわかりますが、情報も少なく、結局はコンバージョンEV専門業者と一緒に自分も参加して改造を行う流れになるでしょう。 コンバージョンEV事業は現在発展途中であり、手がける企業も発展普及のため、一台一台熱のこもった改造を行っています。安心して任せておくのが、愛車を完璧な電気自動車に生まれ変わらせる秘訣です。 どうしても自分で行いたい場合は、自動車整備会社などが行っている勉強会に参加して、勉強がてら顔なじみになっておくと困った時に力になってくれるでしょう。

初回公開日:2018年05月11日

記載されている内容は2018年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング