IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

製造の志望動機の例文|未経験/高校生/新卒・書き方や注意点

書類選考・ES

未経験や、新卒の人における製造業の志望動機とはどのようなものでしょう。一般的な志望動機との違いは、製造業をある程度理解している必要であることです。製造業について志望動機を具体的な例文とともに記事にしてみたのでぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

製造の志望動機の例文

製造の志望動機の例文

製造の志望動機の例文にはいくつかの注意点があります。それは、製造業を知っているかどうかという事が大切になります。製造業をよく理解していれば、問題なく志望動機を書く事ができますが、理解していない場合は採用担当者が見た時に違和感をおぼえます。 例文としては、「御社の国内でトップのシェアを誇る機器について勉強して、品質の高い製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。ポイントとしては、なぜ製造業の会社を志望するのかを明確に述べるということです。

未経験の志望動機例文

未経験の場合は、製造業の仕事をしたいと思った理由がはっきりとしている事が大切です。もしも、はっきりとした理由がない人は志望動機もあいまいな表現になってしまいます。未経験の志望動機としては「以前から興味のあった御社の製造現場で一生懸命一つ一つ仕事を覚えてエンジニアとしての仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。 この内容では、さらにどの程度興味があるかも記載しても良いでしょう。ただし、あまり長くなる志望動機は嫌われます。志望動機は基本的に短かめが良いです。

高校生の例文

高校生の製造業の志望動機は、ほとんどの人が未経験であるので書き方も自己分析することで分かってきます。ここでいう自己分析は、自分が今まで経験してきたことを思いだして、どのような分野に向いているのか判断することです。 高校生であれば、製造業と関係する経験といえば、自宅でものづくりをした事があるなどがあげられます。この経験から、製造業の仕事をしたいと思うことは良くあることです。例文としては、「趣味でものづくりをしてきて、製造の仕事をしたいと強く思い御社を志望しました。」となります。

新卒の志望動機例文

新卒の志望動機は、さまざまなケースが考えられます。例えば、学校で勉強した製造に関する事に興味があるので志望するケースがあります。このような時は、「学生の頃に製造に関する授業があり、製造に関して一生懸命勉強しました。少しでも品質の高い仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。 学生の頃は、経験できることが限られているので、学校の授業から自分の志望動機を作成しても良いでしょう。採用担当者からすれば、このような志望動機は違和感はありません。

中途の志望動機

中途の製造業の志望動機としては、経験があるかないかで違いがでてきます。経験があって製造業と近いものであれば、今までの経験をどのように活かすかを記載することです。未経験の場合は、なぜ製造業を志望するのかが大切です。 経験者の場合の志望動機としては、「今まで培ってきた電子機器に関する製造の仕事の経験を活かして、御社でさらに電子機器についての知識や経験を積んで仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。

種類別の製造の志望動機の書き方や注意点

種類別の製造の志望動機の書き方や注意点

種類別の志望動機の書き方は、どのような知識や経験が必要な会社かによって変わります。製造業でも食品関係なのかまたは電子機器などの製造なのかで相当変わります。自分がどのような分野が得意であるかも重要になります。 また、実際に製造に関する仕事をはじめる際には、どのような分野の経験や知識が必要か、事前に知っておくと志望動機も記載しやすいです。食品製造などはシフト勤務のところも結構あり、体力的に自信のある人が好まれます。

菓子の志望動機の書き方

菓子の製造業の志望動機の書き方は、お菓子作りなどの経験やお菓子に関する知識があるかどうかで、かなり違いがあります。もしお菓子に馴染みが無い人は、どれくらい菓子の製造の仕事を頑張れるか具体的に志望動機に記載すれば良いです。 例えば、「わたくしは、お菓子が大変好きでそのお菓子に携わる仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。このような製造業の志望動機を記載すると面接などで、なぜお菓子が好きなのかなどの質問がされるでしょう。また、経験のある人は以前のお菓子の製造の仕事との共通点を理解して志望動機を書けば良いです。

化粧品の書き方

化粧品の製造業の志望動機は、化粧品の品質管理に対してどの程度意識があるかがポイントとなります。化粧品は肌に直接につけるものが多いので、品質管理は非常に厳しいです。その品質管理の厳しい化粧品の製造の仕事をしたいのであれば、品質管理に対する理解とともに志望動機を記載しましょう。 具体的には、「品質管理の厳しい化粧品の製造に携わって、やりがいをもって日々仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。これで、採用担当者は、ある程度化粧品の製造現場を理解していると判断してくれます。

半導体の志望動機の書き方

半導体の製造の志望動機は、細かい作業が得意であることが大切になってきます。半導体の製造の仕事は、さまざまな機器で半導体の部品や機器を製造します。このため、相当な勉強が必要なのと同時に、細かい作業が得意な人である事がポイントとなるからです。 具体的な志望動機の例文としては、「さまざまな機器に関するメンテナンスの知識と経験をいかして、一つ一つ半導体について勉強して半導体の製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。

薬品の書き方

薬品の製造の志望動機としては、特別に管理された環境で仕事をする事に対して抵抗がないかが大切です。薬品の製造現場は他の製造現場と比較しても、とても衛生面などで厳しく管理されています。 この事を良く理解できていれば、志望動機としても採用担当者に理解してもらえる内容になります。例えば、「品質管理の非常に厳しい薬品の製造現場で、注意事項を守りながらさまざまな薬品を製造したいと思い御社を志望しました。」となります。

航空機の志望動機の書き方

航空機の製造の志望動機は、他の志望動機と比べてもPRすべきことがあります。それは、航空機が好きであることと、なぜ非常にシビアな現場である航空機の製造を志望するかがポイントです。 具体的には、「幼少の頃からの憧れであった航空機に製造の現場で、一つでも多くの知識と経験を身に付けて品質の高い航空機製造の仕事がしたいと思い御社を志望しました。」となります。また、面接ではかなり厳しい質問もされるのが想定されるので、志望動機も質問されても問題ないように記載しましょう。

製造の志望動機の例文やアピールポイント

製造の志望動機の例文やアピールポイント

製造の志望動機のアピールポイントとしては、自分と応募している会社の製造業の接点を見付けることです。それが、体力的に自信があることであれば、自分の体力をしっかりとアピールした志望動機にすれば良いです。 また、応募している製造業の仕事で何が必要とされているかによって、柔軟に志望動機を記載しましょう。

履歴書の志望動機の例文

製造業の履歴書の志望動機としては、「御社に入社して大変興味のある電子機器について勉強して、一日でも早く戦力として製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。 またアピールポイントとしては、自分が入社したらどのような利点があるかを具体的に記載することです。

面接の志望動機例文

面接の時の製造業の志望動機は、履歴書の志望動機を基本としていれば良いでしょう。例としては、「以前から大変興味のあったものづくりの現場である製造業の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。 また、面接の時に余裕があれば、その場の雰囲気などから判断して、志望動機に色々と追加しても好印象です。

様々なケースにおける製造業の志望動機の書き方

様々なケースにおける製造業の志望動機の書き方

製造業の書き方の基本は、ものづくりが好きかどうかです。自分が素直に製造業が好きであれば、そのように記載することで立派な志望動機になります。 さらに、採用担当者の視点になって考えてみて、これは効果的だと思う内容は積極的に志望動機に追加していきましょう。工夫することで製造業の志望動機は良いものになります。

関連タグ

アクセスランキング