IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

舌を出す癖の意味と心理と特徴

初回公開日:2017年09月28日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

誰しもが「癖」を1つは持っているものですが、この記事では「舌を出す癖」についてご紹介しています。舌を出す癖が浮き彫りにする深層心理や意味をいくつかご紹介していますので、舌を出す癖を持っている方や知人がそうである方は1度読んでみてはいかがでしょうか。

深層心理を映し出す「癖」

人それぞれに無意識のうちにやってしまう「癖」が存在しています。「癖」には、自分でも気づいていないような深層心理が表面に出てきている場合があります。今回は「舌を出す」癖についての意味や心理を考えていきます。知人や自分自身が「舌を出す癖」を指摘された人にはピッタリの内容となっています。

「舌を出す癖」の特徴は?

まず、人体における「舌」とは人に見せたくはない内側の部分です。その部位を見せるという行為には複数の意味があり、舌の出し方によっても意味が変わることが特徴です。 大きく分けると「好意」か「拒絶」の気持ちと分けることができます。本来、見せたくはない部位である「舌」を見せることは、相手に気を許していたり好意などを表している場合があります。しかし、相手に見せないように舌を出す行為には、好意とは逆に拒絶の意味持つ場合があります。 分かりやすい例としては「あっかんべー」が挙げられます。相手が背を向けている時などに行われるこの行為は、多くの場合に「拒絶」の意味を含みます。また、相手に対して「居た堪れない気持ちがある・後ろめたさがある」といった場合にも隠れて舌を出す行為が顕著になります。

言葉としての「舌を出す」の意味は?

「舌を出す」という言葉には、恥ずかしさを誤魔化す・陰で人を馬鹿にしたり嘲て笑う場合の動作などの意味があります。言葉としてはあまりいいイメージを受けません。 「恥ずかしさを誤魔化す」など癖としての「舌を出す」に通じるところも多いですが、基本的に言葉の意味と心理では違った見方になります。しかし「舌を出す」行為の特徴を考えると、あながち間違ってはいないと言えるでしょう。

舌を出す癖が伝える心理とは?

ここからは、舌を出す癖の心理についてご紹介します。癖は無意識のうちに、その人物の深層心理を表すものと伝えましたが舌を出す癖にも多くの心理が隠されています。舌を出す行為自体は、子供の頃だと不思議なものではありません。 しかし、大人になっても舌を出す癖がある場合には心理的な要因が大きいとされています。それらの心理を理解していると相手とのやり取りの中で「思いや心理」を読み取ることが可能になります。 しかし、注意しなくてはいけないことがあります。それは「決めつけない」ということです。舌を出す癖にも状況や気持ちで変化があり、含まれる意味は変わります。相手が自ら意識していない深層心理が表面化した癖の場合は尚の事で、一概に決めつけて対応しているとトラブルに発展する場合がありますので、くれぐれも注意してください。

心理1 安心感や親近感

初対面ではない相手に対して会話などの合間に舌を出す行為が見受けられる場合は、安心感や親近感を持っていることの表われです。 気の置けない相手に対しては「変な動きを見せないように」という心理が自然と発生します。しかし、自分が安心感や親近感を持つ相手にはそれがありません。簡単に言うと緊張感が解けています。そのため「舌を出す」などの癖が出やすい状態になっています。 もし、相手が無意識に舌を出していたら、こちらに対して安心感や親近感を持っていると考えられます。ただし、舌を出す癖は緊張状態の場合にも見受けられます。初対面の人相手では、安心感や親近感の心理が当てはまらない場合があります。自分との関係が知人以上の相手の心理として受け取ってください。

心理2 甘えたい

大人になると、自然と相手に対して失礼な行為や目につく行動を無意識に行わないように注意します。社会に出ると仕事は勿論、上下関係も厳しく誰しもが失敗を経験します。その中で何かを失敗した際に無意識に舌を出すという癖は、相手に自分の失敗を「許してほしい・失敗した理由を共感してほしい」という甘えたいという心理が働いています。 舌を出すという行為に愛嬌を見出し、自分の失敗した責任を愛嬌で乗り越えようとする行動の心理が表れているとも言えるでしょう。プライベートな事ではなく職場などでの失敗をした際によく舌を出している人は、かなり甘えたい気持ちが強い人が多いでしょう。 ただし、失敗における舌を出す癖には他にも心理が隠されており、必ずしも相手に甘えたい気持ちが表面化するわけではないです。親密な関係であるほど舌を出す癖が出やすく、これには「気を許している」という面から、相手に甘えたいという気持ちが大きいためであるとされています。

心理3 焦り

多くの癖の心理として「焦り」が挙げられますが、舌を出す癖も例外ではありません。その場の空気や状況から「抜け出したい・どうにかしたい」という気持ちの表れで、舌を出すという愛嬌がある行為を行うことで、自分にとって不都合である状況や相手が変わることを願っているという心理に繋がります。 自分が失敗した時に舌を出す癖が出る場合には、相手に甘えたい・許してもらいたいと思いながらも失敗に対して焦りを感じています。そのため、心が不安定な状態になり癖が出やすくなっています。愛嬌を見せるという観点から見ても、自分にとってのピンチを乗り越えるための行動心理となります。 また、気を許せる相手でない場合でも、焦りの心理が強く働いている場合には癖が出てしまい、「好意」と「拒絶」で分けるならば拒絶の意味合いが強くなります。拒絶が働くのは状況・人物・雰囲気など様々で、とにかく不安と焦りが心に巣くっている状態です。

心理4 異性に対するアピール

異性である相手とのやり取りの中で無意識に舌を出す癖が出る場合は、「恋愛感情が多少ある・恋愛感情に発展する可能性のある好意」を持っている場合があります。昔だと、女性の方が異性に対して舌を出すことが多かったのですが、近頃では男性が舌を出すことも多いです。 舌を出す行為には愛嬌がありますので、相手に対して自分に良いイメージを持ってもらいたいという心理が働いています。また、舌を出す行為自体に安心感・親近感を感じているという心理がありますので、異性に対して行われる場合には「相手との距離を縮めたい・もっと仲良くなりたい」という気持ちが表れている場合があります。 ただ場合によっては、焦りや緊張のような心理の表われでもありますので、一概に決めつけることはできませんが、仲のいい異性の友人が舌を出す行為をしている場合には、少なくとも好意的な感情があるという心理に当てはまる場合があります。

関連タグ

アクセスランキング