IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

顎に手を当てる人の心理10個|顎に手を当てるポーズの種類

初回公開日:2017年10月02日

更新日:2020年05月17日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

顎に手を当てる癖のある方がよくいます。本人は無意識でやっている癖なのかもしれませんが、そこからその人の考えていることや性格までもが読み取れるといいます。この癖には、どんな心理が隠されているのでしょう。こちらでは、その心理や性格をひもといていきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

顎に手を当てる人へのイメージ

いろんな人の癖や心理状況を表した仕草として顎に手を当てる人がいますが、賢そう・気難しそうというイメージを持たれています。実際に顎に手を当てる人がどんなことを考えているのか、心理状況など詳しくご紹介していきます。

なぜ癖に心理が表れるのか

癖というのは無意識に出てしまうもので、心の中にある本音や本心が、その人の癖となって表れると言われています。心理学では癖と心理についての研究が進み、さまざまな癖と心理の紐づけがされています。 あくまでも癖による心理分析は「傾向がある」というだけで、必ずこの心理であるというわけではありませんので参考程度に見ていくといいでしょう。

顎に手を当てる人の心理10個

「顎」は首という急所の近くにあるということもあり、心理的な面が動きに表れやすい箇所であると言われています。顎髭を生やす男性なども、癖などと同じように心理が表れている場合もあるといいます。それでは、心理10個ご紹介していきます。

心理1:自分が好き

顎に手を当てる人の心理1つ目は、自分が好きということです。自分の顔や自分自身が好きだという自信を表している仕草が顎に手を当てる行為に繋がっているとされています。

心理2:人を従わせたい

顎に手を当てる人の心理2つ目は、人を従わせたいということです。女性の場合は、女同士のプライドの競い合いの場などでは顎に手を当てる仕草もよく見られそうです。人を従わせたいという強いプライドが、顎に手を当てる仕草に繋がっているのでしょう。

心理3:自分が1番になりたいと思っている

顎に手を当てる人の心理3つ目は、自分が1番になりたいと思っていることです。プライドの高さや自信家な人がする仕草に多く、その中でも自分が1番になりたいという強い思いを持っている人が多いとされています。

心理4:考え事をしている

顎に手を当てる人の心理4つ目は、考え事をしているということです。何か物事を考えようとしたときに、自分自身の緊張を抑え、必死に考えようとする際に顎に手を当てる人が多いそうです。実際に世界的に有名な「考える人」という銅像と同じ心理です。

心理5:見栄を張りたい

顎に手を当てる人の心理5つ目は、見栄を張りたいということです。顎に手を当てる人は、見栄っ張りな部分があるので、背伸びをして自信家を演出しようとしている場合もあるのでしょう。

心理6:注目を浴びたい

顎に手を当てる人の心理つ6つ目は、注目を浴びたいということです。人目を集めたいという強い思いが自然と仕草に現れ、私を見てという思いが顎に手を当てるという行動に繋がっているのでしょう。

心理7:無理してでも自分を良く見せたい

顎に手を当てる人の心理7つ目は、無理してでも自分を良く見せたいということです。自信家で見栄っ張りな部分があるので、どうにかして自分を良く見せたいという思いが強い人でしょう。顎に手を当てることと同様に、顎髭を生やしている男性も同じような性格の傾向があります。

心理8:怖いと思っている

顎に手を当てる人の心理8つ目は、怖いと思っているということです。顎に手を当てる人という行動は、緊張と恐怖を落ち着かせようとしている心理が現れています。お化け屋敷や驚いたときに思わず顎に手を当てる場合と同じです。

心理9:冷静さを保ちたい

顎に手を当てる人の心理9つ目は、冷静さを保ちたいということです。心情を落ち着かせて冷静さを保とうと深呼吸をするように、顎を触ってしまうのも同じ原理でしょう。自分自身に私は大丈夫というふうに言い聞かせている行動が、顎に手を当てる行動に繋がっています。

心理10:焦っている

顎に手を当てる人の心理10つ目は、焦っているということです。突然のアクシデントで頭がパニックになり、どうしようと焦っているときによく顎に手を当てる行動をする人がいます。落ち着かせようと必死な心理や、緊張を和らげようという心理が働いています。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)
FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)

心理学を学び始めるのにおすすめの著書です。人間関係に悩んでいる人、自分自身の心理を知りたい人、ぜひ心理学の世界に足を踏み入れてみてください。見える世界がきっと変わります。

まさに知りたいことが書かれていた、 他人がなにを考えているのかわからず優柔不断になってしまうような人におすすめ。

顎に手を当てるポーズの種類

顎に手を当てる人の心理についてご紹介してきましたが、顎に手を当てるポーズにも種類があります。どんなポーズがあるのか、ポーズによって意味の違いがあるのかなど、知っておくといいでしょう。

親指と人差し指で顎を包む

親指と人差し指で顎を包むポーズが、何かを考えている人に多いでしょう。会議中やなにか問題が発生したときに必死に考えている人がよくするポーズでもあるので、見かけることの多い顎に手を当てるポーズでしょう。

親指だけ立てて顎に当てる

親指だけ立てて顎に当てるポーズは自信の表れなので、自分が優位に立っている状態にすることが多いでしょう。顎に指を当てる人は、顎で人に指図したりという自信家に多いので、マイナスなイメージも多いので気を付けましょう。

顎に手を当てるポーズには意味があった

顎に手を当てる癖のある人は「見栄っ張り」「自信過剰」など、あまりいいイメージはないですが、あくまでもその仕草1つについての分析です。人は毎日いくつもの行動を起こし、その中には心理学的に良い印象のものと悪い印象のものが必ずあります。1つの参考として知っておいて損はないでしょう。

関連タグ

アクセスランキング