IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

顎に手を当てる人の心理10個|顎に手を当てるポーズの種類

初回公開日:2017年10月02日

更新日:2020年05月17日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

顎に手を当てる癖のある方がよくいます。本人は無意識でやっている癖なのかもしれませんが、そこからその人の考えていることや性格までもが読み取れるといいます。この癖には、どんな心理が隠されているのでしょう。こちらでは、その心理や性格をひもといていきます。

顎に手を当てる人へのイメージ

いろんな人の癖や心理状況を表した仕草として顎に手を当てる人がいますが、賢そう・気難しそうというイメージを持たれています。実際に顎に手を当てる人がどんなことを考えているのか、心理状況など詳しくご紹介していきます。

なぜ癖に心理が表れるのか

癖というのは無意識に出てしまうもので、心の中にある本音や本心が、その人の癖となって表れると言われています。心理学では癖と心理についての研究が進み、さまざまな癖と心理の紐づけがされています。 あくまでも癖による心理分析は「傾向がある」というだけで、必ずこの心理であるというわけではありませんので参考程度に見ていくといいでしょう。

顎に手を当てる人の心理10個

「顎」は首という急所の近くにあるということもあり、心理的な面が動きに表れやすい箇所であると言われています。顎髭を生やす男性なども、癖などと同じように心理が表れている場合もあるといいます。それでは、心理10個ご紹介していきます。

心理1:自分が好き

顎に手を当てる人の心理1つ目は、自分が好きということです。自分の顔や自分自身が好きだという自信を表している仕草が顎に手を当てる行為に繋がっているとされています。

心理2:人を従わせたい

顎に手を当てる人の心理2つ目は、人を従わせたいということです。女性の場合は、女同士のプライドの競い合いの場などでは顎に手を当てる仕草もよく見られそうです。人を従わせたいという強いプライドが、顎に手を当てる仕草に繋がっているのでしょう。

心理3:自分が1番になりたいと思っている

顎に手を当てる人の心理3つ目は、自分が1番になりたいと思っていることです。プライドの高さや自信家な人がする仕草に多く、その中でも自分が1番になりたいという強い思いを持っている人が多いとされています。

心理4:考え事をしている

顎に手を当てる人の心理4つ目は、考え事をしているということです。何か物事を考えようとしたときに、自分自身の緊張を抑え、必死に考えようとする際に顎に手を当てる人が多いそうです。実際に世界的に有名な「考える人」という銅像と同じ心理です。

心理5:見栄を張りたい

顎に手を当てる人の心理5つ目は、見栄を張りたいということです。顎に手を当てる人は、見栄っ張りな部分があるので、背伸びをして自信家を演出しようとしている場合もあるのでしょう。

心理6:注目を浴びたい

関連タグ

アクセスランキング