IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

波長が合うの意味・波長が合う人の9つの特徴・5つの見つけ方

初回公開日:2017年09月25日

更新日:2020年06月05日

記載されている内容は2017年09月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「波長が合う」とはどのようなことでしょうか。ヒントは「波長」という言葉の中にあります。この記事では「波長が合う人を見つけたい」と思っている方に向けて、「波長が合う」とはどういうことなのか、「波長が合う人の特徴」や「波長が合う人」を見つけるポイントを紹介します。

波長が合うの意味

「波長が合う」の意味を確認していきましょう。 「波長」とは「波の長さ」のことです。「波長」を持つものとして、音波や電波、光などがあります。人間に対して使う場合の「波長」は、「ものの考え方や感じ方」を表します。 つまり「波長が合う」の意味は、「ものの考え方や感じ方が似ている」ということです。

波長が合うの言い換え

「波長が合う」の言い換え表現を確認していきましょう。 「波長が合う」の言い換え表現はいくつかありますが、ここでは「相性がいい」と「共感する」の2つを例に挙げて紹介します。

例1:相性がいい

「波長が合う」の言い換え表現として、「相性がいい」が挙げられます。 「相性がいい」は、例えば「好き嫌いが似ている」ことなど、お互いの気持がよく通じ合っている状態を表現する言葉です。

例2:共感する

「波長が合う」の言い換え表現として、「共感する」も挙げられます。 「共感する」は、文字通り「感じ方を共にする」ことです。「Aさんの考え方に共感した」ということであれば、それは「Aさんと波長があった」ということでもあります。

波長が合う人の特徴9選

ここからは「波長が合う人」の特徴を紹介していきます。 「波長が合う人」の代表的な特徴は9つあります。いずれの特徴も「なんとなく縁を感じる」や「一緒にいると落ち着く」といった、精神的な満足感につながるものです。

特徴1:趣味が同じ

「波長が合う人」の特徴として、「趣味が同じ」というものがあげられます。 趣味には、その人の好みや考え方が色濃く反映されます。「趣味が同じ」人であれば、年齢性別に関係なく「波長が合う人」と言えます。

特徴2:一緒にいて苦にならない

「一緒にいて苦にならない」人も、「波長が合う人」の特徴と言えるでしょう。 一般的に、会話が途切れてしまうのは気まずいものです。ところが「波長が合う人」の場合、会話が少なくても一緒にいることが苦になりません。

特徴3:境遇が似ている

「境遇が似ている」人も、「波長が合う人」の特徴と言えます。 「境遇」については過去の境遇であったり、現在の境遇であったりさまざまです。同じような経験をしてきたため、自然と感覚が似通ってきて「波長が合う人」になります。

特徴4:会うと元気をもらえる

「波長が合う人」には、「会うと元気がもらえる」という特徴があります。 家族や友人、恋人でも、「波長が合う人」と会えると元気がもらえます。元気をくれる人が優しかったり、とても前向きな人だったり理由は様々ですが、そうした理屈を知らなくても元気になれます。

特徴5:お金への考え方が似ている

「波長が合う人」とは、「お金への考え方が似ている」という共通点があります。 どれだけ言葉や態度が似通っていても、相手の本心まではわかりません。「金銭感覚」は現実そのものです。ごまかしが効かないので、「金銭感覚」が同じ人は「波長が合う人」と言えます。

特徴6:仕事への姿勢が尊敬できる

「波長が合う人」の特徴として、「仕事への姿勢が尊敬できる」というものもあります。 「仕事への姿勢」には、その人の様々な考え方が凝縮されています。例えば、「仕事の納期を守る人」であれば、「時間にルーズではない人」と考えることができます。「仕事の姿勢が尊敬できる」ということであれば、間違いなくあなたと「波長が合う人」です。

特徴7:家族との接し方が良い

「波長が合う人」は、「家族との接し方が良い」という特徴もあります。 個人が人間性を確立していくうえで、もっとも大きな影響を与えるのが「家族」です。「家族との接し方が良い」と感じるならば、あなたと人間性が共通していると言えるでしょう。

特徴8:笑いのツボが同じ

「笑いのツボが同じ」ということも、波長が合う人の特徴です。 笑って楽しむということは、人間の本能的な行動です。「笑いのツボ」が同じということであれば、本能的な行動が似ているので、「波長が合う人」と言えます。

特徴9:初対面が好印象

「波長が合う人」とは、「初対面が好印象」です。 原因はわからないけど、初対面で「この人とは仲良くなれそうだな」と感じる人はいます。「波長が合う人」の特徴は様々挙げてきましたが、「初対面が好印象」というのはまさしく「波長が合う人」の代表例です。

「波長が合う人」に出会うためには、とにかく数多くの人と会ってみることです。それでも自分ひとりで探すことには限界があります。 そんなときは『with』を活用しましょう。『with』なら共通点でマッチングしてくれるので、「波長が合う人」を探すことにもピッタリです。

波長が合う人の見つけ方5つ

「波長が合う人」の特徴を紹介してきました。 ここからは、「波長が合う人の見つけ方」を5つ紹介します。少しのポイントを意識するだけで、「波長が合う人」出会える確率を挙げられます。

見つけ方1:趣味が合う人が集まる場所へ行く

「波長が合う人」を見つけるために、同じ趣味を持つ人が集まる場所へ行ってみましょう。 「波長が合う人」の特徴でも説明したとおり、「同じ趣味を持つ人」とはすぐに親しくなれます。 スポーツであればジムやサークルなどへ、ゲームが趣味であればゲームのイベントやネットのオフ会などで共通の趣味を持つ人と出会えます。

見つけ方2:自分から積極的に話しかける

「波長が合う人」を見つけるために、自分から積極的に話しかけてみましょう。 自分から話しかけるのは勇気が必要です。それでも、「波長が合う人」かどうかは、話してみないとわからないことがたくさんあります。

見つけ方3:自分が好きなものに素直になる

「波長が合う人」を見つけるために、自分が好きなものに素直になってみましょう。 自分の好きなことが世間的にマイナーであった場合、なかなか周囲に公言できないかもしれません。そのままでは「波長が合う人」には出会えないので、ためらわずに自分の好きなことに対して素直になってみましょう。

見つけ方4:自分を好きになる

なかなか「波長が合う人」に出会えない方は、まずは自分を好きになってみましょう。 「自分が好きではない」という人同士が集まっても、建設的な出会いには発展しません。自分の嫌いなところも自分の一部だと認めて、もっと自分を好きになってみましょう。

見つけ方5:自分が好きな服や物を集める

「波長が合う人」を見つけるために、自分が好きな服や物を集めてみましょう。 頭の中で「こういうものが好き」と思っているだけでは足りません。実際に物を集める過程で、貴方と同じ物を好きな人とも出会えることができます。

波長が合う人と楽しい時間を過ごそう

この記事では、「波長が合う」ということや「波長が合う人」について詳しく説明してきました。 「波長が合う」というのは、本能的なものです。「共感できる」ということですから、必ず自分と似たポイントがあります。 この記事で紹介した出会う方法を参考にしながら、「波長が合う人」と有意義な時間を過ごしましょう。

波長の合う人は誰にでもいる

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング