IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

利き目が左目の人の特徴|メリット・デメリット・右脳や利き手との関係

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年07月06日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「左目が利き目の場合」をテーマにして、利き目が左目の人の特徴をご紹介しています。また、利き目が左目の人の割合や脳の仕組み、利き目が左目で不便な場合の対処法などについても考察しています。ぜひ、利き目について疑問をお持ちの方は、参考にしてみて下さい。

左目の方が何かと使いやすい!?効き目が左目の人について

「利き手」という言葉はよく耳にしますし、右利きか左利きかという話題は、日常的にもよく話すものです。しかし、「利き目」については、「利き手」などと比較すると、あまり話す機会はないと予想できます。そもそも目にも効き目があるということを知らなかったという方も、少なくないでしょう。 人には2つの目が備わっていますが、左右どちらかの方が使いやすいかによって、「利き目」という概念が存在すると言われています。手の場合は、右利き・左利きなどと言いますが、目に関しても右・左どちらが利き目かは、人によって異なると言われています。 今回は、「左目が利き目の場合」をテーマにして、左目が効き目の場合のさまざまな情報をご紹介していきます。

利き目が左目の人の特徴

まずは、左目が利き目の人について、特徴などをご紹介していきます。 左目が利き目の場合、さまざまな特徴があると言われていますが、実際の所はどうなのか考察していきます。

左目が利き目の人の特徴【1】:天才って本当!?

左目が利き目の人は、天才肌という噂がありますが、実際の所どうなのか気になる所です。 確かに、利き手や利き目という要素は、脳の影響が大きいと言われており、左右どちらの腕や目が、利き手・利き目なのかによって、右脳・左脳のどちらが発達しているのかなどが分かるという見解もあります。 左目が利き目であれば、必ずしも天才というわけではありませんが、上記のような背景から、左目が利き目の人には、天才肌の人が多い可能性はあるでしょう。

左目が利き目の人の特徴【2】:右脳が発達している!?

利き腕・利き目と脳は、密接に関係している可能性がありますが、利き目が左目の人は、右脳が発達している人だという見解もあります。 ですが、利き手の影響も大きい為、利き目が左というだけでは完全な右脳派とは言えません。利き手・利き目の組み合わせで、脳の使い方や得意分野も変わってくる可能性があります。以下は、左手が利き手で、左目が利き目の人の思考に関する解説です。

右脳優位で芸術性に優れており感性が豊かです。直感力があり、人が考えていることや本性、嘘を見抜く力に長けています。

一方で、上記と同じように左目が利き目であっても、利き手は右手の人の場合は、以下のような解説がされており、得意分野や思考が上記の場合とは異なります。

左脳寄りで、小さな変化や物事の細部にもよく気がつきます。細部に集中しすぎて全体感を見逃してしまいがちです。

上記のような背景から、利き目が左目だからといって、必ずしも右脳が発達しているわけではなく、利き手によっては左脳が発達している人もいると言えるでしょう。

左目が利き目の人の特徴【3】:性格

上記でもご紹介したように、利き手が右利き・左利きのどちらかによっても、性格は変わってきますが、利き腕が左利きで左目が利き目の人は、直観力に優れていると言われています。 一方で、右利きで左が利き目の人は、細かい部分まで見たり、細部に注目したりすることが得意だと言われており、利き手が左手で利き目が左目の人とは、性格や思考が異なっています。

左目が利き目の人の特徴【4】:利点

続いて、左目が利き目の人のメリットや利点について考察していきます。 左目が利き目の人に限ったことではありませんが、左目が利き目で右利きの人の場合は、スポーツで有利になる場合があると言われています。例えば、左利き・左目がそれぞれ利き腕・利き目の人が野球で打者となる場合、右側の視界が圧倒的に狭くなったり、見づらくなったりしがちです。しかし、利き目と利き腕がそれぞれ反対であれば、上記のようなリスクはなくなります。 ですから、左目が利き目で右利きの方や、反対に右目が利き目で左利きの方は、野球などのスポーツにおいて、有利になる可能性がある点は、一部の左目が利き目の人にとっては、メリットだと言えるでしょう。

左目が利き目の人の特徴【5】:不便

続いては、左目が利き目だと困ることやデメリットとなることについて考えていきましょう。 左目が利き目の人は、左目で物を見たり覗いたりしがちです。その為、カメラなどを覗く際は、右目が隠れてしまうこともあり、撮影しづらいと言われています。カメラを使用して撮影する際に、扱いづらかったり不便だと感じたりしてしまいがちな点は、左目が利き目の人のデメリットと言えるでしょう。

利き目と利き手の関係

上記で、利き目と利き腕が必ずしも左右一致するわけではないことをご紹介しました。続いては、そんな利き目と利き腕の関係性について、考察していきます。 利き目と利き腕は、必ず左右が同じになるというわけではありません。実際に、右利きであっても左目が利き目の人もいれば、左利きながらも右目が利き目という人も存在します。 また、反対に利き手が右利きで利き目も右側、利き手が左利きで利き目も左目といったように、利き目と利き手が左右で一緒という方も存在します。利き目と利き腕の組み合わせは、個人差があるのです。

左目が利き目の人の割合

現在の日本では、利き手は圧倒的に右利きが多く、左利きが少ないという状況です。利き目に関しては、左右のどちらが割合が多いのか、気になる所です。そこで続いては、利き手と利き目の各組み合わせの割合について、データをご紹介していきます。 「セレンディピティ」というサイトのデータを参考にしてみた所、利き手・利き目の組み合わせの割合は、以下のようになっていました。

利き手が右、利き目が右(割合74%) 利き手が左、利き目が左(割合16%) 利き手が右、利き目が左(割合8%) 利き手が左、利き目が右(割合2%)

上記の数字を参考に考察していくと、やはり利き目の場合も、右が利き目という方が多く、左目が利き目の人は少ないことが分かります。 また、利き手との組み合わせでも、右手・右目という方が大変多いことが読み取れます。左目が利き目の人は、利き手も左利きという人の方が多く、利き手は右ながらも利き目は左という方は、かなり少なくなっています。

左目が利き目だと不便?こんな時どうすれば良いのか

上記でも触れましたが、左目が利き目の場合、カメラを覗く時などに不便に感じるケースもあります。また、射撃やダーツ、ゴルフなどでも、左目が利き目だとやりづらいと感じることもあるでしょう。 そこで続いては、左目が利き目の人が、上記のような物事で不便だと感じた際にどうすれば良いか、対処法などを考察していきます。

左目が利き目の人の対処法【1】:カメラ

現在流通しているカメラのほとんどは、右手でシャッターを押したり、右目でファインダーを覗いたりした方が使いやすいように設計されています。ですから、左目が利き目の人にとっては、カメラのファインダーは覗きづらい可能性があります。 とはいえ、左目の優位性が高い方の場合は、無理に反対の右目でファインダーを覗いても、見づらかったり撮影しづらかったりするでしょう。どうしても左目でファインダーを覗きたい場合は、顔の角度を左側に傾けて調整することで、右目でファインダー越しでない風景を見ることができ、少しはカメラを扱いやすくなる可能性があります。

左目が利き目の人の対処法【2】:射撃

縁日やお祭りの屋台などで定番とも言える射的や、スポーツの一種である射撃の場合も、利き目が大きく関係しています。 実弾射撃の場合は、利き手と利き目が異なると、構え方に大きな問題が生じることもあると言われています。一方、エアガンの場合は、構え方が少々やりづらかったり不便な部分があったりする場合もありますが、そんなに大きな問題となりません。ですから、利き手は右利きながらも利き目は左という方でも、サバイバルゲームなどでエアガンを使う場合は、そんなに問題にならないでしょう。

左目が利き目の人の対処法【3】:ダーツ

上記でご紹介した、射撃や射的などと似ているイメージのあるダーツですが、ダーツの場合は利き目が関係してくるものなのかどうか、気になる所です。 しかし、実際は、ダーツをする際は利き目はそんなに関係ないだろうという見解もあります。ダーツは、両目で的を見ることが多い為です。 とはいえ、利き目と利き手がバラバラの場合は、ダーツをする際の構えが少々不自然になったり、窮屈な構えをすることになったりすることもあります。ですから、利き手が右で利き目が左の人は、構えなどについて考えてみた方が良いでしょう。

左目が利き目の人の対処法【4】:ゴルフ

ゴルフの上達に関しても、利き目は大きな影響を与えると言われています。 左目が利き目の場合は、スイングの際に、ボールに対して近いと感じることが多いと言われています。その為、身体の深い所まで回ったトップを作りやすくなるというメリットがあると言われていますが、一方で頭を残しにくくなるというデメリットもあるとも言われます。

利き目を理解して、生活に役立てよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「左目が利き目の場合」をテーマにして、利き目が左目の人の特徴や割合、脳の仕組みなどについてご紹介しました。 利き手と比較して、利き目は普段、そんなに意識する機会がありません。その為、自分の利き目がどちらなのか、よく分からないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、利き目が右と左どちらなのか理解しておくと、スポーツなどの際に何かとやりやすくなります。 利き目は、自分でも測定する方法があるので、ぜひ自分の利き目がどちらかを理解して、生活に役立てて下さい。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

アクセスランキング