IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご賢察」の意味と使い方・例文|ご賢察の上/ご賢察いただく/お願い

就活ノウハウ

この記事では「ご賢察」という言葉の意味と使い方について、例文を交えて紹介しています。「ご賢察」という言葉を知らなかったという方や、使ってみたいけれど使い方がよく分からないという方は、ぜひ一度読んでみて下さい。あなたのビジネススキルがUPすること間違いなしです。

更新日時:

「ご賢察」の意味とは?

トピック1007647/要素1777786

突然ですが、みなさんは「ご賢察」という言葉をご存知でしょうか。もしかすると今初めて聞いたという方や、聞き覚えはあるけれど、意味はよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 「ご賢察」とは「推察する」の敬語である「賢察」に、丁寧語である「ご」がついた最上級の敬意表現です。意味は「察する」の丁寧表現である「お察し」と同じですが、敬意の程度は異なります。 「ご賢察」という言葉は、日常の場面よりもビジネスの場面で使用されることが多いですが、ベテランと言われる社会人の方でも「一度も使ったことがない」ということも珍しくありません。 また「ご賢察」は会話の中よりも文書の中で使われることが多いことも特徴です。「ご賢察」は最上級の敬意を表す言葉なので、会話の中で使うにはやや堅苦しく、文書の中で使う方が適していると言えます。

「ご賢察」の使い方・例文は?

トピック1007647/要素1777781

「ご賢察」の使い方は大きく2つに分けて、 ①相手の「推察する」行為を敬う時に使う場合と、 ②相手に何か推察したり配慮して貰いたい時に 使う場合があります。分かりやすいように以下にそれぞれの例文を紹介します。 ①の例文:「部長のご賢察の通りでございます」 これは「ご賢察」が文書ではなく会話の中で使われている珍しいパターンですが、相手に余程の敬意を表したい場合は会話の中で使っても問題ありません。しかし「お察しの通りでございます」と言う方がより一般的です。 ②の例文:「〇〇をご賢察いただき、〇〇お願い申し上げます」 これは相手にこちらの事情を配慮してくれるように頼み、その上で何かをお願いする時に使うフレーズです。「ご賢察」はどちらかと言うと①よりも②のように「何かを依頼する時」に使われることの方が多いです。

ご賢察の上

「ご賢察の上」は前述の②のように、こちらの事情を相手に配慮して貰った上で、さらに何かお願いをしたい場合に使います。具体的には「○○をご賢察の上、〇〇下さいますようお願い申し上げます」というような使い方をします。 例文:「誠に勝手ながら、弊社の事情をご賢察の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます」

ご賢察いただく

「ご賢察いただく」も、「ご賢察の上」と同じような意味で使います。相手に何かをお願いする場合は「ご賢察いただき」と「ご賢察の上」のどちらを使っても意味に違いはありません。 例文1:「弊社の事情をご賢察いただき、ご協力いただけますようお願い申し上げます」 相手にお願いする文章なので「弊社の事情をご賢察の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます」としても構いません。 例文2:「小生の事情をご賢察いただき、誠にありがとうございます」 これは「ご賢察していただきまして、ありがとうございます」という感謝の気持ちを表しているので「ご賢察の上」に置き換えることはできません。

お願い

「ご賢察」は相手に推察・配慮して貰いたい時に使う言葉なので、その後に「お願い」という言葉が続くことが多いです。「ご賢察」の文章の最後は「お願い申し上げます」「お願い致します」で締め括る場合がほとんどです。 例文:「ご多忙中のところ恐れ入りますが、事情をご賢察の上、ご意見賜りますようお願い申し上げます」 例文:「ご賢察の程、何卒宜しくお願い致します」 これらは依頼文の最後に使われることが多く、社内メールなどでもよく使われるフレーズです。

文書

「ご賢察」は先述の通り、日常場面よりもビジネスの場面で使われる言葉です。またビジネスの場面でも、会話の中ではなく文書の中で使われることがほとんどです。そして「ご賢察」は文書の中でも特に「依頼」「お詫び・謝罪」「感謝」を表す文書の締め括りの部分で使われる言葉です。 以下にそれぞれの代表的な例文を紹介します。 ・相手に何かを依頼する時 例文:「ご多忙のことと存じますが、事情をご賢察の上、何卒ご協力頂けますようお願い申し上げます」 ・お詫び、謝罪をする時 例文:「誠に恐れ入りますが、何卒上記の事情をご賢察いただき、ご容赦ご理解の程お願い申し上げます」 ・感謝の意を表す時 例文:「ご多忙中に関わらず、弊社の事情をご賢察いただき、ありがとうございます」

ご賢察・ご高察・ご高配の違いとは?

トピック1007647/要素1777803

「ご賢察」の同意語、あるいはよく似た言葉として「ご高察」「ご高配」が挙げられますが、厳密に言うとこの3つの言葉はそれぞれ違った意味を持っています。ほとんど同じに思えてもニュアンスが異なることがあるので、間違った使い方をしないようにそれぞれの意味と使い方を確認していきましょう。

「ご高察」の意味と例文

「ご高察」は相手の高い推察力を敬う言葉です。「ご賢察」と「ご高察」のどちらも相手の推察力を敬って褒める時に使うので、「賢い推察力」と「高い推察力」で若干意味が異なりますが、ほとんど同じであると考えて構いません。 例文1:「ご高察の通りでございます」(=「ご賢察の通りでございます」) 「ご高察の通り」は「ご明察の通り」に置き換えることもできます。 例文2:「ご高察下さり、誠にありがとうございます」 感謝の意を表す場合も「ご高察」を「ご賢察」に置き換えることができます。 しかし依頼を表す「○○をご賢察いただき、○○お願い申し上げます」や、謝罪を表す「ご賢察の上、ご理解の程お願い申し上げます」などは「ご高察」よりも「ご賢察」を使う方がいいでしょう。 「ご高察」を使っても間違いではありませんが、どちらかと言えば「ご高察」は相手を褒める意味合いが高い尊敬語なので、依頼や謝罪の文章には「ご賢察」を使う方が適しています。

「ご高配」の意味と例文

「ご高配」は相手のこちらへの配慮を敬う言葉で、主に感謝の気持ちを表す時に使います。「ご賢察」「ご高察」も感謝の気持ちを表す時に使われますが、相手の配慮や心配りに感謝の気持ちを表す「ご高配」とは意味が異なります。 当然ながら依頼や謝罪を表す時も「ご高配」は使えません。「ご賢察」と「ご高察」は非常に近しい言葉ですが、「ご高配」はこの2つとは意味が違ってくるので注意しましょう。 例文:「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 例文:「ひとかたならぬご高配に預かり、誠にありがとうございます」 両方ともビジネス文書で非常によく使われるフレーズです。顧客に対しての挨拶替わりに使われることも多いので、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「ご高見」とは

「ご高察」「ご高配」に続いて「ご高見」が引き合いに出されることもあります。「ご高見」とは相手の優れた意見・見識を表す敬意表現です。「推察」と「意見」は全く意味が異なる上、「ご賢察」は相手の「推察する」行為を敬う言葉であり、「ご高見」は相手の「意見」(名詞)を敬う言葉なので、使い方も違ってきます。

「ご賢察」を上手に使ってビジネススキルに磨きをかけよう!

トピック1007647/要素1777823

今回はあまり聞き慣れない「ご賢察」という言葉について、その意味と使い方について例文を交えて紹介しました。今まで「ご賢察」という言葉を聞いたことがなかったという方も、一度使ってみようと思われたのではないでしょうか。 「ご賢察」は主にビジネスの場面で使われる言葉ですが、正しい使い方が分かれば意外に便利な言葉です。さらに、ふさわしい場面で使うことができれば、周りの人達とビジネススキルで差をつけることもできます。 一方で「ご賢察」という言葉をよく分からないまま使ってしまうと、大切な場面で大きな失敗につながることもあるので注意が必要です。 ぜひこの記事で「ご賢察」という言葉の意味をもう一度ご確認いただき、「ご賢察」を上手に使ってビジネススキルに磨きをかけましょう。

アクセスランキング