IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

牡丹の3つの花言葉・名前の由来・西洋での花言葉・怖い意味

更新日:2022年11月09日

自己啓発

牡丹には、視点を少し変えるだけで様々な解釈ができる奥行きのある花言葉が付けられています。それは、溢れんばかりの魅力が牡丹に秘められているからだと考えられます。この記事では、牡丹の魅力と合わせて、牡丹が持つ花言葉の奥深さについてご紹介します。

牡丹について

牡丹の花を皆さんはご存知でしょうか。牡丹と言われると原産は日本だと思われる方も少なくないでしょう。また、種類や品質も豊富なため選ぶのにも迷ってしまいます。それでは、牡丹の花について詳しく説明していきます。

名称

日本では牡丹(ぼたん)という名称で知られていますが、中国などでは、「富貴草」「家神」「花王」などと呼ばれており、その美しさは古から上流階級の人々に愛されてきました。 また、日本には奈良時代頃に伝わったとされ、当初は薬用として用いられたと言われています。

原産地

牡丹は、中国原産のとても美しい花を咲かせる植物で、新年のお祝いには欠かすことができない中国の国花です。日本では、薬用として用いられていましたが、その美しい花を咲かせることから観賞用としても広がったと言われています。

種類と品種

牡丹の種類には「矮牡丹」「卵葉牡丹」「紫斑牡丹」「揚山牡丹」「四川牡丹」「狭葉牡丹」「紫牡丹」などがあり、品種については数えきれないほどあり、今もなお品種改良されています。 花の色には、「赤」「ピンク」「白」「黄色」「オレンジ」「青」「紫」などの花を咲かせます。

開花時期

牡丹の花は、4月~6月にかけて開花時期を迎え、4月下旬~5頃に見ごろの時期を迎えます。また、寒牡丹(かんぼたん)は、春と冬に花をつける二季咲きの変種で、11月~1月にかけて開花時期を迎えます。

牡丹の花言葉3つ

牡丹全般の花言葉には「風格」「富貴」「恥じらい」などがあり、中国などでの花言葉には「王者の風格」といった花言葉もあります。それでは、花言葉の意味について、詳しく見ていきましょう。

花言葉1:風格

牡丹の花言葉に「王者の風格」といった花言葉があります。「風格」といった花言葉には、シルクを思わせる花びらが幾重にも重なり、毬状にまるまったその王者のような花姿にちなんでいるとされています。 原産地の中国では、牡丹の花の豪華さと気品が他を圧倒するものとし「花王」や「花神」の別名も付けられています。

花言葉2:富貴

唐時代の中国では、皇帝が牡丹のあまりの美しさに魅了され、深く愛した花であったと伝えられており、「風格」や「富貴」という花言葉は、牡丹が皇帝を魅了し、愛した花だったことに由来していると言われます。

花言葉3:恥じらい

次のページ:花の名前の由来
初回公開日:2017年09月10日

記載されている内容は2017年09月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング