IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ひまわりの花言葉33選|怖い意味/本数別/色別/品種別

更新日:2020年03月02日

コミュニケーション

夏を象徴する花としておなじみのひまわりの花言葉やその由来などに興味のある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ひまわりの特徴や歴史、花言葉などを紹介します。ひまわりに興味のある方やプレゼント、ウエディングで使いたい方はぜひご覧ください。

ひまわりの花の特徴

ひまわりは夏になると太陽に向かって一斉に咲く黄色い花としてよく知られています。キク科で北アメリカが原産のひまわりは、年に一度だけ咲く1年草です。 鑑賞用や食用のために栽培されていますが、どのような花なのかを知られていないことが多いです。ひまわりの漢字は「向日葵」が一般的ですが、日輪草、日車草、日回りなどもあります。また、向日葵と書いて「ひなたあおい」「ひゅうがあおい」と読むこともあります。

ひまわりの別名

ひまわりには「向日葵」以外にも別名や漢字表記がいくつかあり、日回り(ひまわり)、日輪草(にちりんそう)、日車草(ひぐるまそう)、日回り草(ひまわりそう)、日向葵(ひゅうがあおい)などが挙げられます。 いずれの呼び方も漢字も「日(太陽)を向いて回る性質」が語源だとされています。 ひまわりは太陽の動きに合わせて花向きを動かすと思われがちですが、実は成長過程である蕾をつけた若い時に見られる動きです。

ひまわりの花言葉

ひまわりには色や品種、本数により花言葉が異なりますが、まずはどのひまわりにも当てはめることができる一般的なひまわりの花言葉についてご紹介します。

ひまわりの一般的な花言葉

ひまわり全般の花言葉には「あなただけを見つめます」「愛慕」「情熱」「崇拝」「憧れ」「敬老の日」「光輝」「あなたを幸せにします」「あなたは素晴らしい」「待っててね」があります。 これらのひまわりの花言葉は基本的にどれもひまわりらしい情熱的でエネルギッシュな印象を受けるポジティブな意味が多いことがわかります。

あなただけを見つめます

「あなただけを見つめます」という花言葉は、ひまわりが太陽に向かって伸び、花を咲かせる姿に由来しているとされています。 太陽神アポロンに恋をした水の女神クリュティエ。しかし、それは決して叶うことのない片想い思いの恋でした。クリュティエは空駆けるアポロンを毎日泣きながら見つめ続け、やがて彼女の足は地面に根を張り、顔は花となり、ひまわりになったという伝説に由来するという説もあります。

愛慕

愛慕は「深く愛し慕う」という意味で、「やわらかな気持ちで愛し、いつまでも傍らにいたい」という穏やかで、優しい気持ちのことです。陰からそっと見守り、包み込む母親の愛をイメージすると良いでしょう。 愛慕は多くの場合で「積極的にアタックする」という意味合いではなく、「そっと寄り添い、見守り続ける」という静かで穏やかな心持ちに用いられます。 真っ直ぐに伸び花を咲かせる様子に由来するとされています。

情熱

「情熱」というひまわりの花言葉は、暑い夏にひたむきにエネルギッシュに咲き続ける様子に由来しているとされています。

崇拝・憧れ

初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング