IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「ご容赦願います」の意味と敬語表現・使い方と例文

ビジネスマナー

「ご容赦願いますってどういう時使う言葉?」「ご容赦願いますは目上の人に使っても良い敬語?」気になりますよね。今回はご容赦願いますの意味や類語や使い方について解説していきます。文末には実際に使える例文のフレーズのご紹介してありますのでしっかり学んでいきましょう。

更新日時:

「ご容赦願います」の意味

トピック1003476/要素1154934

ご容赦願いますという言葉をビジネス文書やメールで見る事がありますがこの「ご容赦願います」には一体どういう意味があるのでしょうか。ここでは「ご容赦願います」という言葉の意味二ついて解説していきます。

ご容赦の容は入れるや許すの意味がある

ご容赦願いますの「容」には入れるという意味や許すという意味があります。

ご容赦の赦は罪の免除や許すの意味がある

ご容赦願いますの「赦」には罪の免除や許すの意味があります。

ご容赦願いますのご容赦には「許す」という意味がある

ご容赦という言葉はつまり許すという事を意味しているのです。つまりどうしても許してほしいときに使う言葉なのです。

ご容赦願いますの類語

トピック1003476/要素1154936

ご容赦願いますには似た言葉の類語はあるのでしょうか。ここからはご容赦願いますの類語について解説していきます。

①お許しください

ご容赦願いますの類語1つ目「お許しください」です。こちらも普通に丁寧な言葉で相手へ自分が犯した罪に対して許しを請う時に使う類語です。

②ご容赦願いたい

ご容赦願いますの類語2つ目「ご容赦願いたい」です。ご容赦願いますと同じ意味で使用する事ができますが、こちらはすこし砕けた表現の印象があるので同格の相手や身近な相手に使う場合に使える言葉です。

③ご勘弁ください

ご容赦願いますの類語3つ目「ご勘弁ください」です。勘弁とは犯した過ちにたいして咎めることなく許す事を意味している勘弁に敬語の意味の「ご」と「ください」を付けて表現して許しを請う表現にしています。

「ご容赦願います」と「ご了承願います」の違い

トピック1003476/要素1154937

「ご容赦願います」と「ご了承願います」という言葉がありますが、似ている言葉の様ですがこの二つの言葉の違いはどこにあるのでしょうか。正しい使い方をするためにもこの二つの言葉「ご容赦願います」と「ご了承願います」の違いについて解説していきます。

①ご容赦願いますは起きてしまった事への謝罪する言葉

ご容赦願いますは起きてしまった事への謝罪をする時に使う言葉です。つまり過ちを犯してしまった事をどうしても許してほしいときに使う言葉です。

②ご了承願いますは事前に理解してもらうための言葉

ご容赦願いますは起きてしまった事を許してもらう時に使いますが、それに対してご了承願いますは「事前に理解してもらうための言葉」です。

ご容赦願いますとご了承願いますの大きな違いは事前が事後の違い

ご容赦願いますとご了承願いますの大きな違いは事前に使うのか事後に使うのかの違いです。トラブルが起きる前に念のため理解をしてもらう時は「ご了承願います」を使います。起きてしまったトラブルに対して謝罪をするのが「ご容赦願います」です。この違いについて理解しておきましょう。

微妙に言葉の違う言葉の疑問

トピック1003476/要素1154938

日本語には語尾の違う表現をする言葉があります。語尾の違う言葉はどちらが間違っていてどちらが正しいのでしょうか。その疑問を解決していきます。

ご了承願います?ご了承ください?どっちが正しい?

トピック1003476/要素1154940

「ご了承願います」と「ご了承ください」という語尾が「願います」と「ください」の二つの全く違う表現をする言葉がありますがどちらが正しい使い方なのでしょうか。解説していきます。

相手に理解して納得してもらう時に使う言葉

ご了承願いますもご了承くださいも意味は同じです。自分の言い分を理解して納得してもらう時に使います。

使い方はどちらも正しい

このご了承願いますとご了承くださいの使い方はどちらも正しい言葉です。間違った言葉ではないので安心して使う事ができます。

使う時には相手に不快感を与える可能性があるので注意する

ただし使う時にはあまり多様してしまうと相手に対して不快な気分を与えてしまう事があります。そのため使用する時は多様しないように注意しましょう。

「ご容赦願います」は目上の方への敬語として正しい?

仕事をしていて目上の方にメールしたり電話を掛ける事があります。この時「ご容赦願います」は目上の方に使う場合は敬語としては正しいのでしょうか。

「ご容赦願います」は目上の方に使う言葉正しい敬語

ご容赦願いますは正しい敬語です。相手が目上である場合に使用しても相手に失礼な印象を与える事はありません。間違った使い方ではありませんので覚えておきましょう。

「ご容赦願います」の使い方と例文

「ご容赦願います」を実際に使う場合の使い方や参考になる例文をご紹介していきます。使い方や例文を見てしっかり使いこなせるようになりましょう。

ご容赦願いますの使い方

ご容赦願いますの使い方について解説していきます。

ご容赦願いますを使う場面

トピック1003476/要素1154944

ご容赦願いますはどんな場面で使うことがあるのでしょうか。ここではご容赦願いますを使う場面について解説していきます。

①上司や会社の取引先に使う事が多い

ご容赦願いますを使う場面1つ目「上司や会社の取引先の使う事が多い」です。最も多く使うのは目上の立場の人間である会社の上司や会社の取引先の方に対して使われる事が多いです。つまり同じ立場の方に対してはあまり使う事のない言葉です。自分より立場が上出ある場合は使う事で相手に失礼な印象を与えないで済みますのでしっかりと覚えて活用していきましょう。

②メールを送る際に使われる

ご容赦願いますを使う場面2つ目「メールを送る際に使われる」です。メールの文面で取引先の担当者の方からのメールで「文末などにご容赦願いますよう」などと書かれている文章を見かける事があります。 こうしたメールでのやり取りの中で謝罪しておきたい事があったり、ご迷惑をかけてしまった事がある場合に改めてメールの文章で謝罪の気持ちを込めて「ご容赦願います」と使う事があります。

ご容赦願いますを使う時の注意点

トピック1003476/要素1154945

ではこのご容赦願いますは使う時にどのような事に気を付けて使うと良いのでしょうか。ご容赦くださいを使う時の注意点について解説していきます。

①頻繁に使うと反感と受け取る人もいるので多用しない

ご容赦願いますを使う時の注意点1つ目「頻繁に使うと反感と受け取る人もいるので多用しない」です。ご容赦願いますは目上の方に対して許してほしい事がある場合に謝罪の気持ちを込めて使います。 ただあまり使いすぎてしまうと相手によっては「こちらの態度に不服なのか?」と感じてしまう方もいますので、あまり多様はしない方が良いでしょう。使う場合は頻度を考えて使用するようにしましょう。

②電話では使用しない方がいい

ご容赦願いますを使う時の注意点2つ目「電話では使用しない方がいい」です。基本的にはメールの文章で使用するのが正しい使い方です。いくら相手に理解してほしかったり許してほしいと思っていてもわざわざ「ご容赦願います」と電話口で謝罪する必要はありません。 場違いですし、逆に多用する事で不快感を生む可能性もあります。「ご容赦願います」を使う場合は電話では使用しない方が良いでしょう。

ご容赦願いますの例文

トピック1003476/要素1154946

ご容赦願いますを使う時はどのように使うと良いのでしょうか。ここでは「ご容赦願いますの」例文をご紹介していきますので実際に使う際の参考にしてみましょう。

例文①

昨日はお足元の悪い中ご足労頂き誠にありがとうざいました。当社の会場へのご案内図や商品資料のご提供の際に至らぬ点が多数あったかと存じますが、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。今後ともご指導ご健勝のほどよろしくお願いいたします。

例文②

急に入院する事になってしまい申し訳ありませんが、何卒ご容赦いただければ幸いです。

例文③

いつもお世話になっております。当社のインターネットサービスのご利用誠にありがとうございます。昨日メールにて頂きましたように当社の製品のインターネット回線に不具合が発生しておりました。現在は復旧作業をしております。本日中には復旧いたしますので、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。

例文④

当社の製品のご購入ありがとうざいます。ご入金先につきましては後ほどお送りいたしますメールに詳細を記載いておりますのでご確認ください。尚行き違いでご入金を頂いた場合はなにとぞご容赦ください。

例文⑤

いつもお世話になっております。この度はわが社の田中太郎がそちらの備品を破損してしまい誠に申し訳ございませんでした。本人には厳重注意いたしますので何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

ご容赦願いますを程よく使う事でお互い気持ちよく仕事ができる

トピック1003476/要素1154947

回はご容赦願いますという言葉について解説してきました。まず冒頭ではご容赦願いますの言葉の意味について解説してきました。ご容赦願いますという言葉の意味は許してほしいという意味が込められている事がわかりました。 ご容赦願いますとご了承願いますの違いではご容赦が願いますが起きてしまった事に関しての謝罪をする時に使う事がわかりました。それに対してご了承願いますは起きる前に事前に理解や許しを請う場合に使う言葉だという事がわかりました。事前か事後で使い分ける事ができるわけです。 ご容赦願いますは目上の人に使う敬語として正しい?の項目ではご容赦願いますを目上に使っても問題ない正しい敬語である事がわかりました。ご容赦願いますの使い方と例文ではご容赦願いますは上司や会社の取引先に対して使う場合やメールを送る時に使う事がわかりました。 ただし電話で使う場合や頻繁に使う事で相手に失礼な印象を与えたり不快感を与える事もあるので気を付けて使用していく言葉だという事が分かりました。ご容赦願いますの例文を参考にして実際に使う際の参考にしてみましょう。ご容赦願いますはほどほどに活用していく事でお互いに気持ちよく仕事ができるので、それを理解して活かしていきましょう。

アクセスランキング