IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「申し訳ないです」の意味と敬語表現・使い方と例文

ビジネスマナー

「申し訳ないですは上司に使っても良い敬語?」「申し訳ないですにはどんな言い換え表現や類語があるの?」普段使いなれている言葉はもしかしたらそれは間違った言葉かもしれません。今回は申し訳ないですの言葉の意味や使い方について解説していきます。

更新日時:

「申し訳ないです」の意味

トピック1003266/要素1158177

申し訳ないですという言葉よく聞く言葉ですが一体どのような意味のある言葉なのでしょうか。申し訳ないですの言葉の意味を解説していきます。

申し訳ないですは自分がしてしまった行動の言い訳をする時に使う言葉

申し訳ないですの意味ですが自分がしてしまった行動の言い訳をする時に使う言葉です。良く使われるのは仕事の失敗をしてしまった時に上司や同僚などに謝罪する時に疲れる事が多い言葉です。

申し訳の意味

申し訳ないですの申し訳にはどのような意味があるのでしょうか。申し訳ないですの言葉の意味をさらに深く知るためにも申し訳の意味についても解説していきます。

自分が行った行動の言い訳や理由を話すこと

申し訳ないですの申し訳には自分がしてしまった行動の言い訳や理由を話し説明する事を意味しています。

「申し訳ないです」の類語

トピック1003266/要素1158181

では申し訳ないですという言葉には似た意味の類語は一体どれくらいあるのでしょうか。ここでは申し訳ないですの類語について解説していきます。

①ごめんなさい

「申し訳ないです」の類語1つ目「ごめんなさい」です。申し訳ないですの似た意味の類語にはごめんなさいがあります。謝罪をする時によく使う言葉です。

②すいません

「申し訳ないです」の類語2つ目「すいません」です。申し訳ないですの似た類語には「すいません」もあります。すいませんも謝罪をする時に使う言葉です。すいませんにはすみませんという似た言葉がありますが、どちらを使うのが正しいのでしょうか。 実はすいませんとすみませんのどちらも正しい言葉なのですが文字にする時は「すみません」にするのが正しい使い方です。話し言葉として使う時はすいませんを使った方が良いでしょう。

③お詫び申し上げます

「申し訳ないです」の類語「お詫び申し上げます」です。お詫び申し上げますも謝罪の気持ちを込めた言葉です。他の言葉に比べると気持ちがしっかりこもった謝罪の言葉の印象を受けます。

④済まない

「申し訳ないです」の類語4つ目「済まない」です。こちらも申し訳ないですと同じで謝罪の意味を持っています。済まないは相手に謝罪をする時以外にもお願いをする時などにも使える言葉です。

⑤失礼いたしました

「申し訳ないです」の類語5つ目「失礼いたしました」です。失礼いたしましたは軽く謝罪をする時に使う言葉です。

⑥言い訳できない

「申し訳ないです」の類語6つ目「言い訳できない」です。言い訳とは自分のしてしまった事の理屈や理由を述べて納得してもらう時に使う言葉です。言い訳できないは言い訳もできないほど自分がしてしまった事に責任を感じている事を意味しています。

⑦弁解できない

「申し訳ないです」の類語7つ目「弁解できない」です。弁解とは言い訳の事です。つまり弁解できないとは言い訳ができない事を意味しています。言い訳ができないほど責任を感じているという事です。

「申し訳ないです」は目上の方への敬語として正しい?

トピック1003266/要素1158183

「申し訳ないです」は目上の方に使う場合は敬語として正しい言葉なのでしょうか。解説していきます。

申し訳ないですは丁寧語なので使っても良い

申し訳ないですは「申し訳ない」と丁寧語の「です」を組み合わせてた丁寧語です。丁寧語は目上の方に使っても問題はない言葉です。しかし目上の方には使わない方が良い場合もあります。以下にその理由を解説していきます。

申し訳ないですを目上の方に使わない方が良い理由

トピック1003266/要素1158185

だたし申し訳ないですを目上の方に使わない方が良い場合もあります。その理由について解説していきます。

申し訳ないですは丁寧語表現だがビジネスシーンには適していない

申し訳ないですは丁寧語表現です。しかしビジネスのシーンで使うには適していないのです。通常の話をする時に使う時にはおかしい言葉ではないのですが、ビジネスシーンでこの言葉を使う時は言葉を言い換えて表現したりなど別の言葉で表現した方が良いでしょう。

申し訳ないですでは謝罪の気持ちが伝わってこない

申し訳ないですを目上の方に使わない方が良い理由はもう一つあります。「申し訳ないです」と謝罪された事のある方はこの言葉の印象に違和感を感じるでしょう。申し訳ないですは謝罪をしているけど謝罪の気持ちが伝わってこない印象を与えるのです。 つまり謝罪しているつもりで謝罪していないと感じるのです。そのため目上の方に謝罪をする時には適していない言葉なのです。

申し訳ないですの正しい表現

トピック1003266/要素1158188

申し訳ないですを使う時の正しい表現に直した言葉をいくつかご紹介しておきます。ビジネスシーンで使う場合は以下の様な言い方で表現した方が印象は良いでしょう。申し訳ないですの正しい表現をご紹介していきます。

①申し訳なく存じます

申し訳ないですの正しい表現1つ目「申し訳なく存じます」です。「もうしわけないです」や「申し訳ないことです」を正しい敬語にした場合「申し訳なく存じます」と表現する事ができます。ちょっとの違いなのですが随分と丁寧でキレイな印象に変化します。

②申し訳がありません

申し訳ないですの正しい表現2つ目「申し訳がありません」です。「申し訳ありません」と表現する人がいますがそれは誤りで「申し訳がありません」と表現するのが正しい使い方です。「申し訳」と「ありません」の間に「が」の接続詞があるなしで正しいか正しくないか変わってしまうのです。正しいのは「申し訳がありません」なので覚えておきましょう。

③申し訳ない事でございます

申し訳ないですの正しい表現3つ目「申し訳ない事でございます」です。申し訳ないですをさらに丁寧な言い方にすると「申し訳ない事でございます」と表現できます。言いなれていないと舌を噛みそうな印象を受けますが、「申し訳ないです」を正しく表現した正しい敬語なので覚えておくと役に立ちます。

④申し訳がございません

申し訳ないですの正しい表現4つ目「申し訳がございません」です。これも「申し訳ありません」と同じで「申し訳ございません」と覚えてしまい間違って使っている方が多いです。正しくは「申し訳がございません」です。こちらも「申し訳」と「ございません」の間に接続詞の「が」入っているので使い方を間違わないように気を付けましょう。

「申し訳ないです」の使い方と例文

トピック1003266/要素1158190

では申し訳ないですはどのように使っていくと良いのでしょうか。申し訳ないですの使い方と申し訳ないですの例文をご紹介していきます。

申し訳ないですの使い方

トピック1003266/要素1158192

申し訳ないですの使い方について解説していきます。

ビジネスで使うのなら申し訳ないですを適切な言い方に変えて使う

申し訳ないですは丁寧語ですので通常の使い方であれば問題はありませんが、ビジネスや目上の方に使う場合はできれば適切な表現に変えて使うのが良いでしょう。そこで以下の申し訳ないですの例文でビジネスに適した申し訳ないですの適切な言い換えをした例文をご紹介していきますので参考にして使ってみましょう。

申し訳ないですのビジネスシーンに適した例文

トピック1003266/要素1158194

例文①深くお詫び申し上げます

3月1日ご注文いただきました商品の納品期限が1月遅れて発送された件で貴社に多大なご迷惑をおかけいたしまして深くお詫びを申し上げます。

例文②謝罪いたします

いつもお世話になっております。この度はメールの誤配信をしてしまい誠に申し訳がございません。従業員一同謝罪いたします。

例文③反省いたしております

この度はわが社の田中太郎が貴社への書類を誤送してしまい誠に申し訳無いことでございます。この事を受けて田中太郎も反省しております。どうかご容赦くださいますようよろしくお願いいたします。

例文④遺憾に存じます

この度はわが社の不祥事遺憾に存じます。

例文⑤弁解の余地もございません

この度のトラブルを起こしてしまい誠に申し訳がございません。弁解の余地もございません。

申し訳ないですの正しい使い方を覚えて気持ちよく謝罪しよう

トピック1003266/要素1158197

今回は「申し訳ないです」という言葉について解説してきました。冒頭ではまず申し訳ないですの意味を解説してきました。申し訳ないですの意味は自分がしてしまった事の言い訳や弁解の言葉を意味があります。申し訳ないですの類語ではごめんなさいやすいませんやお詫び申し上げますや弁解できないや言い訳できないのような類語がある事が分かりました。 申し訳ないですの目上の方に対する使い方の正しさについての項目では申し訳ないですは丁寧語なので使い方としては正しいのですが、ビジネスシーンで使う場合は申し訳ないですをそのまま使うのは謝罪の気持ちがあまり伝わってこない事やビジネスシーンにあまり相応しくない事などの理由があるので、申し訳ないですを使う場合は言い方を変えて使うと良いことがわかりました。 申し訳ないですの言い換えの表現も多数ありますので、「申し訳ないです」だけで謝罪するよりもこれらの別の言葉を用いて謝罪の気持ちを誠意を込めて謝る方が相手にきちんと気持ちが届きますので、謝罪をする事がある場合はこうした言葉を使ってしっかり謝罪すると相手の心にしっかり届くでしょう。申し訳ないですの正しい使い方を覚えて気持ちの良いコミュニケーションをしていきましょう。

アクセスランキング