IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「さながら」の意味と使い方|例文4つ・誤用例|語源と類語

言葉の意味

皆さんはビジネスシーンにおいてよく使用される「さながら」という言葉の意味や正しい使い方をご存知でしょうか。今回は「さながら」の意味や使い方を例文を交えてご紹介します。もうビジネスシーンで迷う必要はありません。是非読んで参考にしてみてください。

更新日時:

「さながら」とは

ビジネスシーンにおいて「さながら」という言葉を聞くことがありますが、どのような意味かご存知ですか。「さながら」という言葉の意味や使い方をしっかりと知ることよって、間違って使ってしまったりする機会を防ぎ、文章の意味をはっきりと把握することができるので、一緒に学んでいきましょう。

意味

さながらという言葉の意味は「非常によく似ている」「そのまま」「すべて」「そうは言ってもやはり」という4つの意味合いが挙げられます。使い方によってどの意味合いなのか変わってくるので、しっかりと覚えていきましょう。

語源

さながらという言葉の語源は、現代では「非常によく似ている」という意味が一般的ですが、元々は「そのまま、もとのまま」という意味で使われていました。 さながらを漢字で表すと意味によって2つの漢字に分かれます。非常によく似ているという意味で書きたいときは「宛ら」と書き、そのまま・すべてという意味で書きたいときには「然ながら」というふうに書きます。

「さながら」の使い方

「さながら」の使い方

さながらという言葉を使うときはどのようなときでしょうか。さながらという言葉はどちらかというと口語ではなく文語なので、ある程度かしこまった言い方や固い言葉を使いたいというときに使いましょう。ビジネスシーンにおいては、スピーチなどで使うのに適しています。

例文1:「さながら博士ですね」

「仕事の最後でどうにもうまくいかなかったときに部長から助言を頂いて解決しました。あの人はさながら博士ですね。」 この例では、さながらの後に続けて博士という名詞を持ってきています。意味としては「まるで博士のようだ」ということになります。このように、さながらは比喩表現とともに用いる言葉です。

例文2:「足軽さながら」

「今回の企画を成功させるにあたっては、彼が足軽さながら駆け回って仕事をしてくれたことが大いに貢献しています。」 足軽さながらは「非常によく似ている」の意味で「足軽のように」ということです。名詞の後にさながらを続けるという用法もあります。話し言葉として使うときに、適度に丁寧かつ固すぎない話し方をしたいときには名詞にさながらを続けるという使い方をすると良いでしょう。

例文3:「全くさながらの考え」

「私は課長の意見には、全くさながらの考えを持っている。」 この例文では「非常によく似ている」という意味ではなく、「そのまま」という意味で用いられています。同じ考えを持っているということです。非常によく似ているという意味以外でさながらを用いる場合は非常に固い表現となります。

例文4:「さながら滝のような雨」

「全然気づかなかったけど、今日はさながら滝のような雨だ。」 この例文の場合だと、まるで滝そのもののような激しい雨という意味で用いられています。例文2つ目でご紹介した「足軽さながら」と似た意味で使われた場合の例文です。

「さながら」の誤った使い方

さながらという言葉を使うときによくある間違いをご紹介します。さながらの誤用例としてよく使われることがあるのが、「昔さながら」という言い回しです。この場合では、「昔ながら」という言葉と「さながら」を混同しています。

「昔さながら」

昔ながらの「ながら」は漢字では乍らと書き、そのまま同じ状態であるという意味です。そのため「昔ながら」は「昔の状態のまま」という意味になります。 もちろん「まるで昔のように」という意味で昔さながらと使う場合は間違いではなく、文脈によって判断する必要があります。「ながら」と「さながら」は形が似ているために混同して使ってしまう場合もありますが、意味をよく判断してどちらを使うべきなのかを考えるようにしましょう。

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

子どもの頃に習ってきた漢字は日常的に使うものばかりですが、大人になって社会で使う漢字は難しいものが多々あります。「大人の語彙力が身につく本」を読めば、ビジネスシーンでも活用できる言葉を習得することができます。

内容のよさもさることながら、読者が何度も読み返して使えるように、 ひとつひとつの言葉の説明を見開きページに収め、かつ“使いやすさ”という指標を用意して どの言葉から習得すべきかを提示してあげる心遣いがすばらしいです。 読み終えた後、しばらくしてから目次を見て、 身についていない言葉のページをもう一度読む…… とくり返すと、語彙が増えていく気がしますね。

「さながら」の類語

「さながら」の類語

さながらの類語には、どのようなものがあるのかご紹介していきますが、さながらの類語には「まるで」「ちょうど」「あたかも」という3つが挙げられます。言い換え表現として覚えておくといいでしょう。

類語1:まるで

まるでという言葉は似ているものに対して使う表現で「まるで○○のようだ」と言い表したいときに使います。例として挙げれば、「まるでりんごのように真っ赤だ」というふうに使います。

類語2:ちょうど

ちょうどという言葉はぴったりと一致しているものを言い表すときに使う言い方です。例として「ちょうどあの日の天気のようだ」といったものがあります。あまり固い言葉を使いたくないときには「まるで」「ちょうど」を使いましょう。

類語3:あたかも

さながらという言葉もかしこまった表現となりやすいものですが、類語の中では「あたかも」もかしこまった表現として使うことができます。例として「あたかも知っているかのように話す」といったものがあります。

「さながら」の意味を理解しよう

さながらには「非常によく似ている」「そのまま」「すべて」「そうは言ってもやはり」という意味がありますが、一般的によく使われるのは「非常によく似ている」という意味においてです。 しかし、文章やかしこまった場では他の意味で用いられることもありますので、文脈によってどの意味が最もふさわしいかを判断するようにしましょう。しっかり理解し、ビジネスシーンで実際に使用してみましょう。

「さながら」を使いこなそう

関連タグ

アクセスランキング