IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
PR

ヤフーエンジニアインタビュー|加速するヤフーエンジニア成長の鍵は「360度自分を見つめる仕組み」にあった

インタビュー

日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」をはじめとするインターネットサービスを提供するヤフー。同社プロダクトマネージャーの里山さん、Androidエンジニアの毛受さん、デザイナーの細見さんに入社の経緯や同社ならではの働き方について伺いました。いち早く週休3日制度を取り入れるなど、独自の取り組みに注目です!

更新日時:

トピック9292/要素313469

<プロフィール>  ・細見沙央梨さん 2014年ヤフー株式会社にデザイナーで新卒入社。「Yahoo! JAPANアプリ」など、アプリのUI、UX設計を中心に担当。その他デザイン関連イベントも主催。Hack Day 2016で最優秀賞を受賞するなど、社外でもアプリ開発を活発に行っている  ・毛受崇洋さん 2013年ヤフー株式会社に新卒入社。これまで「Yahoo!ブラウザー」や「ヤフオク!」などのアプリの開発業務に従事。社外での登壇、OSS開発や社内Androidライトニングトーク会を主宰するなど技術的な啓蒙活動を活発に行っている。  ・里山南人さん ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索事業本部 第6代黒帯 Androidアプリ サイバーエージェント、GMOグループ、DeNAでのアプリ開発経験を経て、2014年ヤフー株式会社に入社。 「Yahoo!ブラウザー」の開発を担当後、プロダクトマネジメントに従事している。 2016年に第6代黒帯?Androidアプリ?に認定。 アプリ開発者コミュニティー「Shibuya.apk」の運営や、GDG DevFest Tokyoでの登壇など、社外活動も活発も行っている。 著書:「黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書」(共著)など。

新卒も転職も、入社の決め手は「理想のキャリア」がかなうこと。3人がヤフーを選んだ理由

ヤフーは自社を「人財開発企業」と定義し、社員ひとりひとりの成長を支援する独自の研修制度や育成制度を提供しています。お話を伺った3名とも自分のキャリアを真摯に見つめた結果、ヤフーへの入社を選んだそうです。

里山さん:「私はキャリアの多様性を感じたことがきっかけで、ヤフーへ転職しました。ヤフーに転職するまではサイバーエージェントやDeNAで、エンジニアとして働いていました。ただ自分はもともとマネージャー思考なので、より柔軟に働ける可能性を探していたんです。ヤフーが持つ社員に合わせた働き方を重視する文化なら、自分の思い描くキャリアが実現できるのではないかと考え転職を決めました」

細見さん:「入社のきっかけは説明会で人事の方たちの雰囲気に一目惚れしたことです。就職活動で業界を問わずさまざまな企業の面接を受ける中、ヤフーは人の魅力に長けていると感じました。面接では自分の本質を引き出そうとしてくれているのが伝わってきて、ヤフーなら入社後に成長していけると確信したことも入社のきっかけです」

毛受さん:「エンジニアとして開発したものを使ってもらうことに喜びを感じていたため、たくさんの人に手がけたプロダクトを使ってもらいたいと思っていました。ヤフーならそのチャンスがあると思い入社を決めました」

ヤフーは「人財開発企業」。会社の成長は、社員の成長なしにありえない

トピック9292/要素313598

入社前に感じていた理想の働き方は、入社後にかなったのでしょうか。現在の働き方などについて伺いました。 里山さん:「入社直後はエンジニアとして働いていましたが、入社から半年経った頃からは、プロダクトを成長させていく観点でメンバーをマネジメントすることが増えました。エンジニアとしての経験を生かしつつより幅広い業務に携われるようになり、入社前に思い描いていた働き方を体現できています」 細見さん:「ヤフーは人材開発に力を入れていて、上長と部下の1対1で行われる週例ミーティングの『1on1 MEETING』と、直属の上長と関連部署の社員で行う育成制度の『人財開発会議』を取り入れています。定期的に働き方や将来のキャリアを見直す機会があることで、一辺倒な視点に陥ってしまわないよう工夫しているんです。多角的な視点からアドバイスをいただけて、日々成長していく実感を持てているので、ヤフーを選んで良かったなと思っています」 毛受さん:「自分が手がけたサービスを多くの方に利用していただけているので、エンジニアとしての幸せを日々感じられています。現在は、さまざまな技術を学んでそれを業務で生かして開発を行うことや、KPIを見て数字を伸ばしていくグロースハックなどに携わっています。個人はもちろん組織として成長する体験をして、入社前には想像していなかったエンジニアの働きがいを感じています」

トピック9292/要素313600

細見さんから育成制度に関する話があったように、里山さんと毛受さんも同様に日々成長を感じる機会があるのだそう。

若い社員と中堅社員がフラットな視点で評価しあえる

毛受さん:「先ほど細見から話があった制度の他にも、『バリュー評価』と『パフォーマンス評価』という評価制度があります。バリュー評価は上長の他に部下・同僚など10 名程度のメンバーが多面的に行い、その結果をすべて本人にフィードバックします。その際、「成長課題」のアドバイスもフィードバックすることにより、具体的な成長の気づきが得られるんです。一時期コーディングに力を入れすぎてしまったことがあって、チームに貢献できていないことがありました。自分では気づけませんでしたが、メンバーからフィードバックをもらうことで一辺倒な視点になっていることを認識できたんです。定期的な振り返りがあることで方向性を修正でき、迷いなく成長できています」 里山さん:「自分より若い社員からもフィードバックをもらうことが多いので、本当に360度の視点から自分を見つめ直すことができていますね。もちろんフィードバックする側のときは厳しい指摘をしないといけないこともあります。ただそれが自分のためにもなるんです。人を見ることで自分の役割を再認識できるので、こうした相互の役割を担えることは非常に重要だと思います」

社外プロジェクトで成長を加速ー社員全員がヤフーを背負う一人

トピック9292/要素313601

ヤフーの強みは全社で個人の成長を促す育成制度。一人ひとりが自走していける支援を徹底しています。しかしメンバーの皆さんは会社の制度に頼るだけではなく、自発的に向上していく取り組みをしているそう。特に注目すべきは“「ある分野に突出した知識とスキルを持つ第一人者」として認定された社員に新たな活躍の場を提供するための制度”である「黒帯」。黒帯は社内のたった1%のみに与えられる称号で、ヤフーを背負った対外活動に邁進することを目指します。里山さんは「黒帯」の一人。具体的にどのようなプロジェクトを立ち上げているのでしょうか。 里山さん:「黒帯は役職ではなくいわゆるラベルの一つですが、選んでいただいたことで社外活動に広がりを作れています。具体的にはヤフーが提供しているコワーキングスペース『LODGE』でイベントを開いたり、社外のコミュニティーやカンファレンスにヤフーの代表として登壇したり。黒帯は社外の課題解決に貢献することが使命の一つなので、業界全体を盛り上げていけることにもやりがいを感じています」 黒帯はヤフーを背負う重要な役割なんですね。細見さんと毛受さんも同様に社外プロジェクトに携わることがあるのだそう。

トピック9292/要素313602

大企業であっても個性を見いだせる社外プロジェクト

細見さん:「直近の社外活動は、社外のデザイナーと社内のデザイナーを交えた勉強会を企画したことです。現在デザイナーの役割は広くなっていて、単にプロダクトのビジュアル作成をするだけではなく、戦略立案からアプリの実装の一端まで、幅広く業務を担うようになっているんです。社内はもちろん社外の方と交流をすることで、より多角的な視点を業務に取り入れることができると思うので、今後も引き続き社外も巻き込んだイベントは開催できればと思っています」

毛受さん:「私も細見と同様、エンジニア向けのイベントを企画したり、社員と技術書を執筆したりしています。エンジニアはアウトプットを行うことで成長できると考えているので、業務外でもプロダクトを制作して評価をいただく機会を作れるように意識しています。いずれは里山のように黒帯に任命されることを目指していきたいですね」

ヤフーを背負う3人が目指すのは、個人の枠を超えた業界の変革

トピック9292/要素313609

社員一人ひとりの自立性やチャレンジ精神を重んじるヤフーの文化は、社員のみなさんに一個人の枠を超えた成長をもたらしています。みなさんは今後ヤフーの社員として、また一人のビジネスマンとしてどのような人材を目指しているのか語っていただきました。

ヤフーがこれからもビジネスシーンの最前線で戦えるように

里山さん:「現在はプロジェクトマネージャーを務めているのですが、今後は社内全体でアプリ開発のクオリティーを底上げする活動をしていきたいです。スマートフォンアプリは既に日本でもかなりの数が開発されていて、今後は品質の高さがより重要視さるはず。そのためには、トップダウンだけの組織ではまだまだだと思っています。よりユーザー目線のアプリを作れるように、黒帯としてボトムアップで変革を起こしていく事例を作り、ヤフーがこれからもビジネスシーンの最前線で戦える組織にしていきます」

個人としても、組織としても成長していける人間に

細見さん:「里山の話にもありましたように、サービスの市場の成長は徐々に鈍化していきます。これからは愛されるサービス、選ばれる理由がより重視されていくことを踏まえて、プロダクトの品質をユーザー体験から磨いていけるプレーヤーでありたいです。 また繰り返しになりますが、デザイナーは扱う技術や役割に変化がある中で日々課題に直面しています。プロダクトを磨き込む力に加えて、業界や自社が抱える課題に対して、イベントの開催や外部発信などヤフーデザイナーとしてアプローチできるような活動にも注力したいと思います」 毛受さん:「エンジニアは新しい技術のキャッチアップが必要となります。そのため、常に学び続ける姿勢が大切です。個人として成長するのはもちろん、会社として、業界として盛り上がっていけたらより大きな価値を生めると思うので、その最前線で活動できたら嬉しいです」

ヤフーエンジニア3人が一緒に働きたいメンバー像

トピック9292/要素313610

個人、そして会社の枠を超えた活動を目指しているんですね。最後にヤフーのメンバーとして一緒に働きたい人はどんな人なのか伺いました。

ヤフーが求めるのは、ともに成長を目指せるメンバーたち

里山さん:「何よりもポジティブさを持っていて欲しいです。ヤフーは向上心を持っていれば、しっかりと成長していける土壌があります。個人の成長が組織の成長に直結すると考えているので、メンバー同士でしっかりとコミュニケーションを取りながら、全員で同じ方向を目指していける方と一緒に働きたいです」 細見さん:「ヤフーにはさまざまな社員がいて、業種も多岐にわたります。仕事以外で取り巻く環境も過ごしてきたバックグラウンドも一様ではありません。ひとくちにエンジニアと言っても、コードを書くのが好きだったり、企画が好きだったり、いろんなスキルや強みを持った人がいます。ですから『こういう人』というより、多様性を受け入れ、一緒に熱意を持って働ける人がいると嬉しいです。あとアプリサービスを手がける身としては、アプリをしっかり愛せる人がいいな、と思います」 毛受さん:「社内業務はもちろん社外業務でもスキルを伸ばせる環境があるので、相互に高め合っていけるメンバーと働けたら嬉しいです。エンジニアであっても企画から携わることも多いので、プロジェクトメンバーの一員である意識があれば同じ方向を見て開発を行い、一緒に成長していけるのではないでしょうか」

【会社紹介】「ヤフー株式会社」ってどんな会社?

トピック9292/要素313457

「情報技術で人々の生活と社会をアップデートする」を理念に掲げ、日本最大級の検索エンジンやさまざまなウェブサービス、アプリを開発・提供。言わずと知れた日本を代表するリーディングカンパニーであり、週休3日制をいち早く取り入れるなど、先進的な取り組みも注目されている。

【募集要項】

会社名ヤフー株式会社 / Yahoo Japan Corporation
代表者名代表取締役社長 宮坂 学
本社所在地〒102-8282 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
主な事業内容インターネット上の広告事業 イーコマース事業 会員サービス事業 など
設立年月日35095
業績IR情報
社風--
理念Yahoo! JAPANはインターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指しています。それらを実現するために従業員は5つのヤフーバリューを実践していきます。
福利厚生各種社会保険完備 社員向け優待・割引 インターネット利用補助制度 関東ITソフトウェア健康保険組合 コワーキングスペース・社員食堂・カフェ マッサージルーム 乳がん検診費用補助 脳ドック/心臓ドック費用補助 長期所得補償制度 共済保険 総合福祉団体定期保険 株式累積投資制度(るいとう) 財産形成貯蓄制度(財形) 確定拠出年金 どこでもオフィス など
休日・休暇完全週休2日制(土・日) 祝日 年末年始休暇 土曜日祝日振替特別休日 年次有給休暇 積立有給休暇 課題解決休暇 勉学休職制度 サバティカル制度 育児短時間勤務 介護休暇 特別休暇 など ※年間休日120日以上
その他の諸手当時間外手当 通勤手当(月15万円まで支給) スーパースター制度(※1による報奨金) 黒帯制度(※2による一時金) など ※1:挑戦的、独創的な成果や貢献を半期ごとに表彰する制度です ※2:実績を上げている優秀な技術者を評価し、高度技術者として認定、称賛する制度です
勤務地東京都、大阪府、福岡県 他
従業員数従業員数:5,826人(2017年3月31日現在)
離職率新卒入社者の3年以内の離職率は4.5%です。 ※平成24年3月新規大学卒業就職者の3年目までの離職率は32.3%(厚生労働省「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧」平成27年データ)なので、非常に低い数値といえます。
募集・採用状況・アプリ開発エンジニア Yahoo! JAPANにおける各サービスのスマートフォンアプリ(iOS/Android)の開発を担当 ・サービス開発エンジニア Yahoo! JAPANにおける各サービスのフロントエンド・バックエンド部分の開発を担当 ・プラットフォーム開発エンジニア Yahoo! JAPANの各サービスを支える基盤システムの開発を担当 ・ビッグデータエンジニア Yahoo! JAPANの各種サービスに活用していくビッグデータ関連業務を担当 ・システム企画 Yahoo! JAPANの各サービスにおける、売上拡大、システムの企画立案、システムの要件定義、開発などのプロジェクトマネジメント業務を担当
開発言語サービスにより異なります
企業ブログ採用オウンドメディア「linoticeYahoo! JAPANコーポレートブログ
選考フロー(面接回数など)【書類選考】   ↓ 【面接(複数回)/適性検査】   ↓ 【内定】

関連タグ

アクセスランキング