IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リハビリ助手への志望動機の書き方と例文|履歴書と面接カードなど

書類選考・ES

リハビリ助手への就職を志望する際の志望動機の書き方はどのようにすれば良いのでしょうか。また、リハビリ助手の履歴書・面接カード・面接の各志望動機の書き方や、経験・未経験の場合の書き方など、ケースごとに志望動機の書き方を確認していきます。

更新日時:

リハビリ助手への就職での志望動機の書き方

リハビリ助手を細胞する際の志望動機の書き方から確認していきます。さらに志望動機の書き方だけではなく、押さえておきたいポイント・気をつけておきたいポイントも確認していきます。

基本的な書き方・押さえておくべきポイント

リハビリ助手の志望動機の基本的な書き方を確認していきます。まずはリハビリ助手を知った部分についてと、志望するようになった部分についての書き方です。リハビリ助手という仕事は文字通りリハビリをサポートするような内容になります。このことから、自らが誰かのリハビリ、もしくは体の不自由な方のサポートをしたという経験などがあると力強いものとなります。 また、自らがリハビリ体験をしたという経験なども表現を力強いものとします。さらに別の角度からのアプローチも可能です。例えば過去にリハビリ現場・体の不自由な方をサポートする人の姿を見たことがあるようなことがあれば、表現を強めることも問題なく可能となります。 次に、何故その施設等に就職したいと考えたのかという部分です。このような部分を固めておかなければ「とりあえずここにした」といったような印象を抱かれかねませんし、もちろんマイナスの印象になるため避けたい事態です。 これらは、先の知ったきっかけや志望するようになったきっかけがあった場所と同じであればそれで問題ありません。しかし、そうでない場合はその施設がある地域、その施設の特別な活動・プログラムなどが自分の選んだきっかけとなるはずなので、そのことを挙げれば問題ありません。

リハビリ助手の志望動機で押さえておかなければならないことの最後に、そこで自分に何ができるのか、という部分についても触れておく必要が有ります。この部分がなかった場合「ただやりたいだけで計画性が無く、就職後に想像と違うということで早々に辞めかねない」と思われてしまいますので、注意しておくべきポイントでも有ります。 自分がそこで何ができるのかということを志望動機に書く場合、内容により具体性を持たせるためにも「そこにどんな仕事・やること」があるのかを含ませておく必要が有ります。それによって就職後の自分の働き方に明確なビジョンがあるということが、より伝わりやすくなります。そこでのコツとしては、そこで何かができるように「今までしてきたこと」などがあれば挙げておくことによって、目標に向かって計画的に物事を進められる真面目さの表現にも繋げることが可能です。 どのような職業でも真面目さの表現は有効ですが、リハビリ助手という職業においては特に有効といえます。施設においてリハビリをする方々にリハビリ助手側の不手際などで迷惑がかかることは絶対に避けたいことなので、真面目さの見える表現はしておくべきと言えるでしょう。とは言ってもリハビリ助手が直接リハビリを施すことはほぼ無いので、そこまで固くせずとも問題ありません。

志望動機例文

リハビリ助手の志望動機の基本的な書き方がわかったところで、次は志望動機例文の確認に入ります。志望動機例文を確認することによって、志望動機においての各ポイントの含ませ方を見ることができます。また今回は「履歴書」「面接カード」「面接時」の三つのケースに分けてそれぞれの場合の志望動機例文をご紹介し、解説致します。

【履歴書】リハビリ助手の志望動機例文

例「私が貴院を志望した理由は、大きく分けて二つございます。 まず一つ目は、体が不自由な方々を支えていくお仕事に昔から憧れていた為です。私は中学生の時に脚を骨折し、入院したことが有ります。そのときに超音波療法などの物理療法でリハビリを手伝ってくださった担当の方が励ましてくれたことにとても感動し、将来はリハビリに携わる仕事をしたいと考えるようになりました。 そして二つ目の理由は、貴院が最先端の機材を取り入れた最新のリハビリ方法を取り入れていることをWEBサイトで知ったためです。私はリハビリに携わる仕事をしたいという考えを持っていたのですが、同時に最新のリハビリの知識や技術にもとても関心が有ります。 私は大学入学と同時に作業療法士の資格取得に向けて勉強しており、貴院にて実際の現場を見ることでも勉強していきたいと考えております」 上記が履歴書においてのリハビリ助手の志望動機例文になります。確認すると分かる通り、先の志望動機の書き方・押さえておきたいポイントが自然に盛り込まれています。例えば、経験を伴っての明確な志望動機、志望先として選んだ理由、そこでの業務の把握、明確な今後の働き方などです。 この履歴書が後の面接カードや面接時の志望動機のベースとなるため、シンプルながらもしっかりと書いておくことが大事です。

【面接カード】リハビリ助手の志望動機例文

例「私が貴院を志望した理由は、大きく分けて二つございます。 まず一つ目は、体が不自由な方々を支えていくお仕事に昔から憧れていた為です。私は脚を骨折し入院したことが有ります。そのときに物理療法でリハビリを手伝ってくださった担当の方が励ましてくれたことにとても感動し、将来はリハビリに携わる仕事をしたいと考えるようになりました。 そして次は二つ目の理由ですが、私は最新のリハビリの知識や技術にも関心が有り、貴院が最先端の機材を取り入れた最新のリハビリ方法を取り入れていることを知りました。 そしてそれが採用されている場所で働きたいと考えるようになったことが大きな要因です。私は大学入学と同時に作業療法士の資格取得に向けて勉強しており、貴院にて実際の現場を見ることでも勉強していきたいと考えております」 上記が面接カードにおいてのリハビリ助手の志望動機例文になります。履歴書の志望動機に比べ深くは掘り下げていないものの、書くべきことはしっかりと書かれています。深く書かれていない理由は、採用者側が深く掘りたい部分について面接で質問するためになります。

【面接時】リハビリ助手の志望動機例文

例「私が御院を志望した理由は、大きく分けて二つございます。 まず一つ目は、体が不自由な方々を支えていくお仕事に昔から憧れていた為です。私は脚を骨折し入院したことが有ります。そのときに物理療法でリハビリを手伝ってくださった担当の方が励ましてくれたことにとても感動し、将来はリハビリに携わる仕事をしたいと考えるようになりました。 そして次は二つ目の理由ですが、私は最新のリハビリの知識や技術にも関心が有り、御院が最先端の機材を取り入れた最新のリハビリ方法を取り入れていることを知りました。そしてそれが採用されている場所で働きたいと考えるようになったことが大きな要因です。 私は大学入学と同時に作業療法士の資格取得に向けて勉強しており、御院にて実際の現場を見ることでも勉強していきたいと考えております」 上記が面接時のリハビリ助手の志望動機例文になります。面接カードでの志望動機が比較的にシンプルなため、「貴院」の部分が「御院」となる以外に変える必要はあまり無いと考えられます。

未経験でも働ける?

未経験で志望動機を書く場合

リハビリ助手は資格などが不要で、パートやアルバイトでの求人もあるくらいです。よって未経験であることはそこまでマイナスポイントにはならず、基本的な志望動機の書き方をご参考頂ければ問題ないと思われます。

整形外科のリハビリ助手志望動機

整形外科の場合の書き方

整形外科のリハビリ助手の志望動機の書き方です。特別な資格が必須の求人以外では、整形外科内の受付や清掃などの雑務をこなすということで、リハビリ業務というよりは整形外科を支えるという視点での志望動機の書き方も有ります。

リハビリ助手の志望動機の書き方

リハビリ助手の志望気の書き方のポイントをピックアップして以下にまとめました。

志望動機はしっかりと考えよう

志望動機はしっかりと考えよう

いかがでしたでしょうか。今回はリハビリ助手の志望動機を書く際のポイントをご紹介してきました。少しのコツで相手への良い印象を与えることができるでしょう。リハビリ助手の直接のリハビリ業務はほとんど無いがその他ですることが多いので、志望動機を書く際は志望先の業務内容をよく確認しましょう。今回の記事がすこしでも読者の方のお役に立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング