IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

眼科への志望動機の書き方と志望動機例文|履歴書・面接カードなど

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

眼科で働きたいけど、「志望動機をどう書いたらいいのか分からない」「履歴書や面接ではどう答えたらいいのだろう」「医療事務や検査助手や診療補助に資格が必要なのか?」「志望動機の例文を知りたい」など、眼科で働きたい人のためのノウハウをご紹介しましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

眼科で働く際の志望動機の書き方

目という人間において重要な部位を診る仕事というのは、根気強さが大切になってきますが、医師としての募集は少なく、看護師求人を募集が多いようです。また、検査助手や医療補助など未経験でもできる仕事もあり、家事や子育てと両立できるなどの理由から、近年女性に人気の職種でもあります。

看護師によっては、夜勤がない病院で働きたい、体力的にも収入的にも安定して働けるという理由で志望している人が多いのもポイントです。ですが、「夜勤がないので~」とか「楽そうだから」という理由を志望動機にしてもさすがに「じゃあ、夜勤のない病院ならどこでも良いのでは」となってしまいます。

転職として以前病院や前職が眼科勤務であった場合の志望動機は書きやすいと思います。未経験でも働けるという募集なら、前職での診療科目で培ってきた仕事力をアピールし、眼科に興味を持った旨を書いてみるといいでしょう。 もし、大学病院や総合病院など大きな病院へ転職、就職する場合は、志望動機によっても配属先が変わってきます。志望動機があいまいな動機だと、病院によっては適当に配属されてしまいます。眼科への配属を希望する際には、「なぜ眼科への配属を希望するのか」「どんな理由で働きたいのか」など、眼科と医療に関する理由や動機をはっきりとしておくことが大切になってきます。 もし、志望動機の書き方で悩んでいるなら、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

眼科の志望動機例文

志望動機は面接や履歴書を書く上では、とても大切な項目です。どうしてその業界なのかどうして眼科で働きたいと思ったのかなど、自分の「働きたい理由」を面接や履歴書、面接カードなどに思いっきりぶつけてみましょう。この項目では、眼科の志望動機の例文をいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

「5年ほど眼科での勤務経歴があります。 眼科学はVRなどの進化した映像技術もあることから、目に大きな影響を与えていると考えております。 将来は眼科看護の専門家としての経験を積み、より多くの患者様への目の助けとなりたいと思っております。」

「私は眼科で働くことがとても嬉しいです。それは、前職の眼科にて患者様に感謝され、頼りにされているという点です。眼科は他の診療科目と比べ、目を治療する仕事なので、患者様はとてもデリケートになられていると思います。その中で、看護師は患者様が不安にならないよう、接して患者様をサポートをすることが大切だと考えております。患者様からは「笑顔が素敵だね」と言われておりましたので、持ち前の笑顔と前職での仕事力を活かし、精一杯働かせていただきます。」

眼科の職種別の志望動機のポイント

眼科での志望動機の例文を読んでみて、何となくニュアンスがつかめたでしょうか?それでは、眼科での職種別の志望動機の書き方のポイントをご紹介いたしましょう。病院には、看護師・医療事務・視能訓練士・検査助手・受付・診療補助などといった看護師だけでなく、他の職種もあります。職種に応じた志望動機を考えておけば、志望する職種への志望動機を書いたり、答えられたりすることができるでしょう。

看護師の志望動機のポイント

関連タグ

アクセスランキング