IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

眼科への志望動機の書き方と志望動機例文|履歴書・面接カードなど

書類選考・ES

眼科で働きたいけど、「志望動機をどう書いたらいいのか分からない」「履歴書や面接ではどう答えたらいいのだろう」「医療事務や検査助手や診療補助に資格が必要なのか?」「志望動機の例文を知りたい」など、眼科で働きたい人のためのノウハウをご紹介しましょう。

更新日時:

眼科で働く際の志望動機の書き方

眼科で働く際の志望動機の書き方

眼科は病院の中でもポピュラーな職種です。目という人間において重要な部位を診る仕事というのは、根気強さが大切になってきますが、医師としての募集は少なく、看護師求人を募集が多いようです。また、検査助手や医療補助など未経験でもできる仕事もあり、家事や子育てと両立できるなどの理由から、近年女性に人気の職種でもあります。

看護師によっては、夜勤がない病院で働きたい、体力的にも収入的にも安定して働けるという理由で志望している人が多いのもポイントです。ですが、「夜勤がないので~」とか「楽そうだから」という理由を志望動機にしてもさすがに「じゃあ、夜勤のない病院ならどこでも良いのでは」となってしまいます。

転職として以前病院や前職が眼科勤務であった場合の志望動機は書きやすいと思います。未経験でも働けるという募集なら、前職での診療科目で培ってきた仕事力をアピールし、眼科に興味を持った旨を書いてみるといいでしょう。 もし、大学病院や総合病院など大きな病院へ転職、就職する場合は、志望動機によっても配属先が変わってきます。志望動機があいまいな動機だと、病院によっては適当に配属されてしまいます。眼科への配属を希望する際には、「なぜ眼科への配属を希望するのか」「どんな理由で働きたいのか」など、眼科と医療に関する理由や動機をはっきりとしておくことが大切になってきます。 もし、志望動機の書き方で悩んでいるなら、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

眼科の志望動機例文

眼科の志望動機例文

志望動機は面接や履歴書を書く上では、とても大切な項目です。どうしてその業界なのかどうして眼科で働きたいと思ったのかなど、自分の「働きたい理由」を面接や履歴書、面接カードなどに思いっきりぶつけてみましょう。この項目では、眼科の志望動機の例文をいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

「5年ほど眼科での勤務経歴があります。 人々は目を見ることができない場合、それは精神的に不安定になり、さらには心と体に大きな影響を与えます。 眼科学はVRなどの進化した映像技術もあることから、目に大きな影響を与えていると考えております。 将来は眼科看護の専門家としての経験を積み、より多くの患者様への目の助けとなりたいと思っております。」

「私は眼科で働くことがとても嬉しいです。それは、前職の眼科にて患者様に感謝され、頼りにされているという点です。眼科は他の診療科目と比べ、目を治療する仕事なので、患者様はとてもデリケートになられていると思います。その中で、看護師は患者様が不安にならないよう、接して患者様をサポートをすることが大切だと考えております。患者様からは「笑顔が素敵だね」と言われておりましたので、持ち前の笑顔と前職での仕事力を活かし、精一杯働かせていただきます。」

眼科の職種別の志望動機のポイント

眼科の職種別の志望動機のポイント

眼科での志望動機の例文を読んでみて、何となくニュアンスがつかめたでしょうか?それでは、眼科での職種別の志望動機の書き方のポイントをご紹介いたしましょう。病院には、看護師・医療事務・視能訓練士・検査助手・受付・診療補助などといった看護師だけでなく、他の職種もあります。職種に応じた志望動機を考えておけば、志望する職種への志望動機を書いたり、答えられたりすることができるでしょう。

看護師の志望動機のポイント

看護師は医者のサポートをしたり、常に患者さんへの案内をすることが多いです。特に小児科の病院だと、子ども好きが接客力のアピールにもなりますし、眼科の勉強をしていたのなら、眼科の知識や技術を活かしたいという旨を書きましょう。

特に看護師はほとんどの診療科目では必須の職種です。そのため、人手不足になっている病院も多く、募集が多いです。しかし、人手不足になっている原因は、主に体力的や精神面にもきつい仕事だということです。一日に何人もの患者さんを案内したり、サポートすることが多いので、体力面や忍耐力での強さもアピールポイントになることでしょう。その反面眼科では、夜勤が少ないところが多いので、志望動機としては、体力面を全面にアピールしても特に問題はないでしょう。

医療事務の志望動機のポイント

眼科でも他の診療科目でも、医療事務は病院においてとても重要な仕事の1つです。レセプトや受付会計、視野検査、乱視検査、コンタクトやメガネの処方箋作成など、眼科の医療事務の仕事は多岐に渡ります。看護師が多い病院ならば、医療のサポートをすることは少ないですが、医療事務の資格は必ずとっておくことをおすすめします。

しかし、医療事務はただ、「その仕事に魅力を感じたから」「やりがいがあるから」ということも志望動機に多いですが、資格さえとっていれば子育てをしながら、家計を支えながらなど女性が働きやすい環境を持った仕事でもあります。眼科は未経験でも、医療事務を募集しているところもありますので、「子育てと仕事を両立して、家計を支えたい」など生活面の安定性を理由にしてもいいでしょう。その際は、なぜ「志望した眼科でないといけないのか」を考えておきましょう。

視野訓練士の志望動機のポイント

視野検査は資格も必要です。さらには正確とコミュニケーションスキルが求められる職種です。眼科においてはとても大切な仕事で、誰がどの検査を行い、過去の検査結果はどのようになるのかなど、仕事をするうえでは常にチェックすることが多く正確性が求められます。 転職として、視野訓練士をするなら前職での仕事ぶりをアピールしてみましょう。未経験での就職なら、一生懸命勉強したという旨を書き、スキルアップとコミュニケーションがスムーズであるとのアピールをすると良い印象になるはずです。

検査助手の志望動機のポイント

特別な医療資格が必要というわけではありませんが、患者さんへの接客が多くなるお仕事のため、コミュニケーション能力が求められます。基本的には、雑用も任されることが多く、眼科では全体のサポート的な職種になります。そのため、医師、看護師さんとのチーム連携、患者さんへの気持ちのよい対応ができることをアピールしていきたいものです。

受付の志望動機のポイント

受付はまさに病院の顔ともいってもいいほどで、対応しだいで患者さんへの印象が病院の印象となります。特に眼科は目の悪い方が多く来られますから、受付は言葉遣いの丁寧さや患者さんが安心できるような接客でなければなりません。受付は、医療事務や検査助手の仕事でも受付を担当する眼科もあります。医療事務の資格を持っていない場合、検査助手での応募でも大丈夫でしょう。

診療補助の志望動機のポイント

診療補助は、検査助手と同じく特別な資格は必要ありません。あくまでも補助なおなので、患者さんを案内したり、器具を洗浄したり、シーツ、タオルの交換など、診療で使う雑用をこなします。仕事の正確性やコミュニケーション力も求められますが、将来的に「看護師として活躍したい」「スキルアップを目指したい」などの理由も書いておくと、採用されやすいかもしれません。

眼科は未経験でもできる仕事がある

眼科は未経験でもできる仕事がある

いかがでしたでしょうか?眼科は子育てや家事の両立が容易なことが多く、眼科で働きたいと思っている女性が多いです。そのため、人気上昇中の職種であることも分かります。確かに、夜中にやっている眼科は少ないですが、遅くても夕方までの勤務がほとんどです。 検査助手や検査助手など、特別な医療資格がなくても、未経験としてでもできる仕事もあるので、特にこだわりがなく、近くの眼科で働いてみたいと思ったら、とらばーゆやリクナビなどでの求人で探してみてはいかがでしょうか。そこから看護師や視野訓練士などに転職する人もいるようなので、新たな自分を発見できるチャンスともいえるでしょう。 自分が働く上で大切だと思う条件がそろう企業で働きたいと思ったら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロが、あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。

関連タグ

アクセスランキング