IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

調理補助の志望動機の書き方と例文|履歴書や面接時の答え方

更新日:2022年07月01日

書類選考・ES

調理の現場を支える調理補助という仕事、その志望動機はどのように書くべきなのでしょうか。また押さえておくべきポイントは何処にあるのでしょうか。今回は調理補助の志望動機の例文をケースごとにご紹介し解説することによって確認していきます。

ここでは勤務先別の志望動機をそれぞれ簡潔な例文を交えご紹介致します。

老人ホーム

例「私はご年配の方が長く健康でいられるように食事の面でサポートしていきたいと考えております。そのためにも的確かつ丁寧な作業を心がけていこうと考えております」 老人ホームの場合の調理補助の志望動機で必要なことは「ご年配の方々への配慮」となります。調理メニューは調理補助が考える必要は無いので、表現できる部分は気持ちや丁寧な仕事を心がけるという部分になると考えられます。

社員食堂

例「私は、貴社に勤められている多くの方々が、食堂を利用することで心身共にリフレッシュされることに貢献したいと考え貴社を志望致しました。ですのでメニューの受け渡しの際には笑顔を心がけていこうと考えております」 社員食堂の調理補助の志望動機で必要なことは「社員食堂を利用する方々の仕事に食事という部分でサポートする」というような姿勢となります。

給食

例「私が調理に携わった給食で子供達に大きく成長してもらうことに魅力を感じ、貴社を志望いたしました」 給食の調理補助の志望動機は先の例文でも扱いましたが、そのときに必要なことは「成長において重要な時期の繊細な子どもが食べる」ということの認識です。その認識があるということが伝われば、責任を持って業務に望める人材であると認められやすくなると考えられます。

ホテル

例「私は貴社のホテルを利用されるお客様が普段の疲れから開放される時間を、お食事の調理に携わるということで支えていきたいと考え、貴社を志望致しました」 ホテルの調理補助の志望動機で必要なことは「お客様が第一であることが理解できている」ということです。

介護施設

例「私は、介護施設を利用される方々が不自由をあまり感じないような生活を、食事の調理に携わることでサポートしていきたいと考え、貴社を志望いたしました」 介護施設の調理補助の志望動機で必要なことは「施設利用者の方々の生活・食事のしやすさを支える姿勢」を示すことです。介護施設では利用者の方一人一人に合わせたメニューを調理することも多く、その点について触れるのも有効となります。

調理補助の志望動機について

いかがでしたでしょうか。今回は調理補助の志望動機についてご紹介してきました。 「決められた作業をこなす能力があるという表現」「調理補助が携わった料理がもたらす組織への影響の理解」この2点をしっかりと理解しておくことが重要になります。 今回の記事が読者の方のお役に少しでも立てれば幸いです。

初回公開日:2017年05月10日

記載されている内容は2017年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング