IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性/女性の軽装|面接の際「軽装で」と言われた時の服装のマナー

更新日:2022年06月17日

ビジネスマナー

「軽装でお越しください」と言われたとき、「軽装」とはどんな格好を示すのか、考えたことはありませんか。ここでは、男女の軽装スタイルの具体例や、「軽装でお越しください」と言われたときに、失礼にならない服装などについて、ご紹介していきます。

軽装とはいったいどんなもの?

私たち生活の中で、いろいな衣服を着てライフ生活を送っています。このことを別名「ファッション」と呼ぶことがあります。このファッションの一部に「軽装」…身軽な服装、活動しやすい身なりと、呼ばれるものがあります。 この「軽装」とは人が人らしく動きやすい動作ができ、デザインセンスには乏しくとも、活動的に実生活に困難なないようなスタイルの事を一般的に「軽装」といいます。 普段の生活で休日や、自宅で生活するには「軽装」で過ごしている人がほとんどではないでしょうか。自宅や休日に堅苦しくスーツで過ごす人を見たり、聞いた事があるか?ときかれると、あまり見聞きした事はないです。逆に自宅などでスーツを着ていたりすると、汚してしまったり、シワがいってしまったりするので、服の管理に大きな手間をかけてしまいます。 日常生活では堅苦しさよりもカジュアルで、ラフな生活を過ごしている人がほとんどではないでしょうか。では自宅での「軽装」とはどのような服装をしているのか、男性の軽装・女性の軽装では違いがあるのか、考えてみましょう。

男女の軽装スタイルでちがいは?

一般的に「軽装」っといっても、かばん・くつ・シャツ・セーター・アクセサリー・等たくさんのアイテムがあります。そのことも踏まえて、男性の軽装と女性軽装ではどんな違いがあるのか、いかにいくつかの例を挙げて、比べてみました。

男性の場合の軽装

・ジーパン ・トレーナー ・パーカー ・スニーカー/夏はサンダル ・リュックサック ・ポロシャツ

女性の場合の軽装

・ジーパン ・トレーナー ・スニーカー ・ショルダーバッグ ・ウェストポーチ ・リュック 実際に比較してみました。すると男性の軽装と女性の軽装、着ているものに対し、どちらもあまり変化があるところは見受けれらませんでした。どちらもカジュアル性の高い服装になっています。この中ではなかった、華美なアクセサリーや派手なジャケット・アロハシャツ等はファッション性が高く、軽装とは呼ばれない傾向がある場合がおおいと思われます。 一丸に「軽装」といっても外出する場面や、季節などによっても多少の違いはあるように思えますが、シンプルで動きやすい服装が標準的な「軽装」だと思われます。ここで挙げてきた「軽装」とは個人を指す「軽装」例です。では相手の思う軽装は異なる場合があります。ではどんな場合にそれがあるのか考えてみました。

軽装でお越しくださいと言われたときのマナーとは

結婚式や二次会・お見合い・ちょっとした「パーティー」の案内状の下に(*お越しの際は軽装でお越しください。)と記載がある場合があります。 状況によりますが、主催者側が、堅苦しい風潮を望まない場合があり、来場者に「軽装」を求める場合があります。ではそれが実際どんなものがあるか、考察していきましょう。

男性の場合の軽装

・ラフなスーツ ・ノータイでシンプルなシャツ ・カジュアルバック ・派手ではない靴

女性の場合の軽装

・カラフルではないドレス ・シンプルなアクセサリー ・派手ではないスーツ ・肌の露出を抑える こういった場合の軽装は「品位を保ちつつ、堅苦しくない恰好をしてきて下さい。」と言われていると感じたほうがいいと思います。こういった場合の「軽装」の意味合いの中には高品位を保つという別の意味が含まれている場合があるので、「軽装」をカジュアルなファッションという風にとらえがちな場合もありますが、こういう明るい風潮のイベントごとの「軽装」とは「礼節のある服装」と捉えた方が常識的だと思われます。 もし不安があるのでしたら、一度主催者側に「軽装」について問い合わせてみるのもおすすめします。 「わからないままで当日、自分一人だけが違うファッションをしてきてしまってしまった。」 「シンプルにしたつもりなのに、意外に派手な服装で浮いてしまった」 という状況を避けるためにも、事前連絡で、ある程度の「軽装」についての取り決めを確認しておく事もよいでしょう。知らないままで出席してしまい、場の空気と自分の立場を考えていたとするなら、事前連絡でしっかり確認しておいた方が、よいでしょう。

ビジネスや面接での軽装とは?

次のページ:「軽装」とは環境によって大きく変わる
初回公開日:2017年06月14日

記載されている内容は2017年06月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング