IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

出産前のメッセージの書き方・例文|出産前メッセージを送るコツ

ライフスタイル

出産前にメッセージを送るとなると、どんな言葉をかけて良いものか迷うものです。相手との関係性や、距離感によって適切な言葉を選ぶべきでしょう。今回はおすすめの書き方や例文を紹介するので、ぜひメッセージを送る参考にしてみてください。

更新日時:

出産前のメッセージの書き方

送る相手の人間関係によっても変わってきますが、メッセージは無難な内容のものが良いと言えます。妊娠したからといって、絶対無事に出産できるわけではなく、死産というケースもあるからです。想像もしたくないことですが、相手にもしものことがあったときまで考えてあげることはメッセージを考える上で大切です。 それくらい妊娠、出産前というのはデリケートなものなのです。無難な言葉というのは「お身体大事になさってください」「体調には気をつけてね」「無理しないでね」といった身体を気遣う言葉でしょう。 今回は、当たり障りのないおすすめのメッセージをシーンごとに紹介します。出産前にメッセージを書かなければならなくなった際は、是非参考にしてみてください。

出産前メッセージの例文

どなたにでも使える例文

「おめでとうございます。とうとう○○もママになったんですね。私も○○の赤ちゃんを抱っこするのを、楽しみにしています。」 「おめでとうございます。○○さんが妊娠されたとお聞きして、自分のことのように嬉しく思います。今は何事にも気を遣う時期だと思いますが、お身体を大切に過ごしてください。」 「素敵なご報告ありがとうございます。そして、おめでとうございます。これまで以上に、お身体にはお気をつけ下さいませ。ご家族の幸せをお祈りしております。」

出産前の職場の先輩へ

「○○さん、ご懐妊おめでとうございます。○○さんも遂に親になるんですね。なんだか自分のことのように嬉しく思います。お身体には気を付けてお過ごしください。」 「○○様、ご懐妊おめでとうございます。これまで以上にお身体を大切にお過ごしください。」

出産前の親戚へ

「○○さん、妊娠おめでとうございます。これから楽しみなことがたくさんあるかと思いますがお身体には気を付けて、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。」 「○○ちゃん、妊娠おめでとう。待望の赤ちゃんに出会えること、本当に良かったね。楽しいことも辛いこともあるだろうけど、しっかりサポートするから元気な赤ちゃんを産んでください。」

出産前の友人へ

「妊娠おめでとう。体調には気をつけてね。元気な赤ちゃんに会えるの楽しみにしているよ。」

奥様が出産前の男友達へ

「赤ちゃんおめでとう。新しい家族が増えるの、待ち遠しいね。元気な赤ちゃんに会えるの楽しみにしているよ。」

奥様が出産前の男性上司へ

「ご家族が増えられると、お伺いいたしました。楽しく、喜ばしい年になることと、今から大変嬉しく思っております。くれぐれもご自愛ください。」

出産前の姉妹へ

「妊娠おめでとう。自分のことのように嬉しいよ。いろいろサポートするので、無理せず、身体を大事にしてね」

奥様が妊娠した兄弟へ

「赤ちゃんおめでとう。○○さん(奥さん)の子供だからきっと可愛いんだろうな。力になれることがあったら言ってね」 例文のように、友人には自分の言葉で喜びを表現し、兄弟姉妹にはフランクな感じだけど近い存在な分、何かあれば手伝うよと言う一言があれば、より心強く感じられます。 職場関係の人にはなるべく丁寧な文面でお祝いの気持ちを伝えます。どの人に送るにも共通していることは、体調や身体を気遣う言葉が入っていることです。身体を気遣う言葉はどの人に送るときにも大切なことであると言えます。

カードの選び方

メッセージをカードに記入するときに、どんなものを選ぶのが良いでしょうか。出産を控えた妊婦さんの心や体はとてもデリケートになっていますので、派手すぎないシンプルなデザインのカードを選ぶのが良いです。カードに書くときは、短い言葉で伝えると負担を感じず受け取ってくれます。

会社やビジネスでの出産前メッセージを送るコツ

同じチームや部署で仕事をしている先輩や上司なら、仕事の心配を和らげるような言葉をかけてあげるのが良いです。出産前は不安を感じることが多いので「待っています」「また一緒に仕事しよう」といった必要である存在であること、居場所はちゃんとあるから安心して出産に挑んでねという意味合いを含めたメッセージを送るように心がけます。体を気遣うメッセージも良いでしょう。 ありきたりに感じるかもしれませんが、これまで重たい身体で仕事をし、出産を迎えます。あと少しで出産だねという気持ちで気遣うのもおススメです。メッセージを送るコツは、ありきたりな言葉なくらいが丁度良いです。相手の頭に残らないくらいのメッセージがプレッシャーを与えないので、気楽に受け取ることができます。重たくなりすぎず、身体を気遣う言葉を考えることがポイントです。

メッセージを送る上でタブーなこと

このときに「○○さんがいなくても大丈夫」というような言葉をかけないように注意します。また、出産はいつ何が起きても不思議ではありません。「○○さんなら絶対に元気な子が産まれます」といった過度な期待やプレッシャーを与えてしまうような言葉も避けます。 それから「これまで本当にお疲れさまでした」といった言葉も注意が必要です。「もう戻ってこなくてもいい」と受け取られてしまう可能性が高いからです。メッセージを贈る側はそんな意図はなくても、ネガティブに受けられてしまうことがあり、お礼を述べているつもりでも、いなくても大丈夫だよという嫌みの挨拶にも聞こえてしまいます。 特にナイーブになりやすい出産前の時期なので、いなくても大丈夫という内容の言葉は避けるようにします。

上司、部下宛て出産前メッセージ

上司宛の出産前メッセージ例

「いつも助けていただきありがとうございます。お身体に気を付けて、また一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。」 「○○さん、出産までお身体に気をつけてお過ごしください。また一緒にお仕事する日を楽しみにしています。」

同僚宛の出産前メッセージ例

「はじめて妊娠の話を聞いたときは、自分のことのように嬉しかったよ。無理をしないように、まずは出産まで体調に気をつけてね。また一緒に仕事しようね。」

部下宛の出産前メッセージ

「ここまで頑張ってくれてありがとう。復帰したときは、また力を貸してね。無理せず、身体に気をつけてね。」 出産前の人に向けたメッセージは、軽く背中を押してあげる気持ちで書くと良いです。職場の他の人に負担がかかることや、戻ってくるときのことなどで不安な気持ちになることが多いです。なので、メッセージは前向きでハッピーなものにしてあげると良いでしょう。 ・体に気をつけてください ・お仕事頑張ってくれてありがとうございます ・こちらのことは心配せずゆっくりと過ごしてください ・大切な時期なのでゆっくりしてくださいね ・○○さんが元気に戻ってくるのを楽しみにしています ・どうぞお体に気をつけてお過ごしください ・また一緒にお仕事できる日を楽しみにしています と言った言葉を活用して、上司、部下、同僚向けに言い方や言葉遣いを変えながら、メッセージを送ると良いでしょう。

職場の人へメッセージをおくるポイント

内容はポジティブに、体調を気遣い、無事な出産を願う内容、みんなが復帰を待っているという内容をベースにして考えることで、外れてしまうことはまずありません。出産前のメッセージは、身体を気遣う内容であればまず問題ないと言えます。 相手の頭にインパクトを与えないくらいのメッセージの方が、受け取る側の負担も減って気持ちも楽になれるでしょう。身体を気遣う内容は誰に宛てたメッセージでも使うことができますし、言われて安心する言葉でもありますので体調や身体を気遣うメッセージをメインに、感謝やねぎらいの言葉でメッセージを贈るようにするのがベストだと言えます。

メッセージを送ろう!

相手との関係性や、距離感によって、適切な言葉を選びましょう。出産というのは、とてもおめでたいことですが、当の本人は不安を抱えていたり、不安定になりやすいものです。そんな時、友人や同僚からメッセージが届いたら、嬉しくないわけがありません。 メッセージを送る側は、細心の注意を払う必要がありますが、心のこもったメッセージは必ず喜んでもらえるはずです。是非、メッセージを送って見ましょう。

関連タグ

アクセスランキング