IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

グアムへの移住方法・必要な費用や生活費・移住後の仕事探し

ライフスタイル

グアム移住の方法やグアム移住の費用について説明しています。また、グアム移住に関するブログ紹介もしています。グアム移住での生活費やグアム移住の仕事探しなど、生活に関わる部分も説明しています。グアム滞在と移住を考えている人に読んでいただきたいです。

更新日時:

グアム移住の方法

グアム移住の方法

グアムとはどのようなところか?

グアムというとリゾート地というイメージが強いでしょう。日本からグアムまでは飛行機でおおよそ3時間で到着できます。時差はなんと1時間しかなく、時間だけで見てみると距離的は近いという印象もあるかもしれません。 西太平洋に位置しているグアムは原住民であるチャモロ人を始めとする人々が住んでいます。人柄は温厚だと言われており、300年のスペインの統治に置かれていたこともあり、スペイン統治時代の文化が垣間見えます。 グアムは平均気温が26度ほどでで、熱すぎ、寒すぎずという気候です。高齢者の方が滞在するにもちょうどいい場所だともいわれています。乾季と雨季があります。日差しは地理的な関係で強めだともいわれており、滞在の際にはサングラスが必要かもしれません。

グアム移住方法

グアムはアメリカの管轄になるので、移住にはグリーンカードというものが必要になります。投票券や公的な仕事に就くことはできませんが、永住権を獲得するためにはこのカードが必要です。 グリーンカードを取得するために、年に一度の抽選会があります。実施期間は一ヶ月のみです。期間が短いため応募に間に合わない人もいます。写真規定が厳しいということもあり、不備になり失格ということもあります。 結果通知については封書が届くようなことは一切ありません。オンライン上の発表になるので、自分で確認できなければ結果すら分からないという状況もありえます。取得が決まったとしても、その後の手続に関してのガイダンスがあるわけでもありません。このことから、グリーンカードを取得するということだけでもかなり壁が大きいということが分かります。 就労ビザのもと就労のためだけに滞在している人もいます。これは移住とはいえません。期間が限定されている状況での滞在になります。また、ホテルのオーナーなどをしているためにグアムで生活をしている場合もあります。 観光業が多いため、滞在している人の職種も偏っているともいえるかもしれません。場合によっては学生ビザで滞在している人もいますが、この場合は学費を納め続けなければ滞在はまずできません。また、学生期間が終われば手続きが必要になります。この場合も移住とはいえません。あくまでも期限付きの滞在ということになります。

グアム移住の費用と生活費

グアム移住の費用と生活費

グアムは観光地としての生活基準が軸になるとも言っても過言ではないです。物価も安いというわけではありません。おおよそひと月あたり15万円程度の生活になるとも言われています。 そこに、移住の初期費用として様々な金額が加算されるということになります。学生ビザで移住している場合には学費を払う必要もあります。その人がどのようなビザを取得するかによって移住の費用は変わってきてしまうのが現状です。 電気代が日本よりも高いともいわれています。電圧がちがうため、コンセントに専用の変圧器をつけたほうが良い場合もあります。たとえば、水道もミネラルウォーターを購入して生活している人がほとんどです。 その分のコストも考えると、日本よりも水道光熱費は高上りになる場合もあります。対策として家賃はホテル滞在をせず、コンドミニアムで過ごすようにすればある程度のコストを削減できるようです。

グアム移住に関するブログ紹介

グアム移住に関するブログ紹介

グアムの暮らしはこんな感じ

実際に暮らしている人の声が聞きたいという方もいると思います。グアムでの生活は水準が高いから、日本とそこまで変わらないという意見もあるかもしれません。生活費用に関しては確かにそのように言える金額帯です。しかし、日本食文化から離れることが出来ない人は難しいかもしれません。日本の食べ物や日用品は非常に高い値段で海外では売られています。慣れてしまえば大丈夫という方もいらっしゃいます。人によってはグアムの生活は旅行だけで十分だと感じる人もいるようです。

グアム移住の仕事探し

グアム移住の仕事探し

観光業、サービス業が多いグアム

グアムは観光地として有名です。きれいな海があり、気温も年間通して暑い日が多いため、海水浴や海岸沿いでくつろぐことができます。観光地として有名であるため、仕事も観光業関係に務める人が多いようです。 たとえば、通訳として日本人のガイドを個人でしている方もいます。また、IT系の請負の仕事をしながら生計を立てているという人もいます。 海外で接客業をする場合は特に、英語を話すことが出来ないと生活していけません。英語がわからなくとも日常生活には支障は無いという方もいます。ただし、仕事をする上では英語は必須になります。ある程度の英会話能力がなければ仕事をするのは難しいと考えたほうが良いでしょう。 他の仕事の例としては、ホテルを買い取ったりすることで観光客誘致をすることで生計を立てるという方法もあります。レストランや日本食の飲食店を作るということも観光業としては有効的な方法です。 実際に国際的に通用する資格を取得するということも一つの方法でしょう。資格があれば、専門職に就くことも可能です。サロンやエステの資格を取得して、バカンスに来た人をもてなすという方法もあります。 グアムで結婚式を挙げるという人も多いです。こうした人達にプランニングをして、現地でも案内を行いつつ、挙式の準備を行う結婚コンサルタント業をしている人もいます。

グアム滞在はできても移住は難しい?

グアム滞在はできても移住は難しい?

グアムの生活基準は高いと言われています。部屋に冷房があるのは殆どで、その分電気代もかかります。家賃に関しても日本と殆ど同じくらいになるとも言われています。仕事に関してもいきなり移住してから見つけるというのは難しいようです。 観光業、サービス業であれば、まだ雇用があるかもしれません。特に、日本人観光客が多いので日本語が分かる人を求めている会社は多いでしょう。しかし、同時に英語も把握できていなければ観光業で働くには厳しいといえるでしょう。

旅行で滞在する分にはいいかもしれません。しかし、移住となると、グアムは向いていないという人も多数います。特別に美味しい食べ物、珍味も旅行の時に食べるから美味しいのであって、毎日食べるのは嫌だという人もいます。

治安に関しては比較的良い方だと言われています。観光都市ということもあり、大きな事件事故には巻き込まれにくい土地のようです。ただし、夜間の独り歩きは危険です。特に女性は夜間の独り歩きはしないようにしたほうが良いでしょう。また、ビーチでのスリには注意するようにしましょう。 タクシーに関しても注意が必要です。不当な金額を請求されることもまれにあります。また、タクシー以外の車から声をかけられたりした場合、乗らないようにしたほうが良いでしょう。お金を盗まれたり、知らない場所まで連れて行かれてしまったりすることもあります。犯罪に巻き込まれることのないように十分に注意しましょう。

憧れの土地であっても移住には向いてないかもしれない

憧れの土地であっても移住には向いてないかもしれない

グアムというと憧れの土地というイメージも強いです。しかし、実際に滞在し続けるとなると、難しい土地柄であるということが分かります。何か観光業やサービス業はじめとする新しいビジネスを始めるには良い土地と言えるでしょう。 一番大切なのは自分が何がしたいのか、何が出来るのかということを改めて考えた上で移住するということです。仕事をするためにはグリーンカードの取得が必須となりますが、グリーンカードが仮に取得できても、現地で働ける仕事がなければ意味がありません。 どのように生活していくのかということをリサーチするには滞在者のブログやHPを参考にするのが一番良いでしょう。生の声を聞くことで暮らしのイメージがつきやすくなります。自分にあった生活が出来るかどうかを事前に調べ、検討しましょう。

関連タグ

アクセスランキング