IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

学校事務に応募する際の自己PRの書き方と例文・有利な資格

初回公開日:2017年04月19日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

学校事務を目指す際、自己PRはどうしたらいいのか、何を書いたらいいのか。単純だからこそ分からなくなってきませんか?単純なものほど意外と必応なものは多いんです。学校事務の自己PRに有利な資格はあるのか、どのように履歴をを書けばいいのか。一緒に見ていきましょう。

1分でわかるこの記事の要約
  • 学校事務は学校の仕事なので、教育方針なども調べて話すようにする
  • 学校事務の仕事で自分の何を活かし、どうやって貢献したいのかを明確に
  • 資格は簿記のようなバックオフィス系、文書処理能力検定などのPCスキル系もとると有利に

事務とはいえど学校に関わる仕事なので学校ごとの教育方針を把握したり、自分の考えと学校のマッチ度や資格で自己アピールしていくことになります。 資格としては簿記や文書処理能力などの資格が役に立ちます。もし資格を取得したいとお考え方は、「Brush up!」を活用するといいでしょう。また、ジャンルごとに検索できて、講座の情報も詳しく書いてあるので初めて利用する人にもおすすめです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

学校事務の1日は?

学校事務としてはたらくひとたちはそれぞれの学校という場所で働くことは共通していても、人や状況、庶務、経理、広報など幅広い仕事をこなしていきます。 ■公立学校で働く事務職員の1日■ 8:00   出勤 8:30   勤務開始 9:00   打ち合わせ 10:00  請求処理 11:30  消耗品の在庫確認 12:15  昼食 13:00  給与明細の確認 14:30  備品の引き渡し 15:00  財務業務 16:00  問い合わせ・来客対応 17:15  勤務終了

学校事務職の自己PR・履歴書

学校事務の志望動機の書き方は、前職が学校事務の方は学校理念などを具体的にその学校に興味を持った理由を伝えましょう。 前の学校での学校事務内容を具体的に説明することがポイントです。 ・庶務 ・人事 ・会計 ・教務の各分野の具体的な事務内容である庶務での文書作成 ・整理 ・人事での給料処理 ・会計での予算策定や管理 ・教務での転出入 以上などの学校事務の仕事内容に加え、奨学援助など携わった経験と期間を主張しましょう。 もしあなたが学校業務でない場合や未経験の方は、志望する学校の教育理念や教育方針などへの興味や学校事務を目指したきっかけを書くといいです。 また事務処理能力やコミュニケーション能力についての説明や、簿記やパソコンに関する保持取得の予定があればそれも記入するようにしましょう。もしまだ資格を持っていなければ、資格取得を目指してみましょう。資格取得に関することなら「Brush up」を活用することで、さまざまな資格や講座について検索できます。

学校事務の自己PR・志望動機を考えるポイント

学校事務の志望動機を考えるうえでポイントを絞ってあげますと以下が挙げられます。 ■志望している学校で働きたい理由 ほかの学校事務ではなく、その学校を志望した理由 ■学校事務で自分の何を活かしたいか、どんなことで仕事に貢献したいと考えているのか どのような動機を書くにしてもこの2項目はできるだけ志望動機の中で強く書くことが好ましいとされています。 では実際の学校事務の志望動機の例を見てみましょう。

学校事務の自己PR・志望動機の例

自己PRなどでNGな志望動機

自己PRなどでNGな志望動機があります。 ・社会に貢献したいです ・ヤル気はあります ・熱意があります ・我慢強いです ・人と接するのが好きです こういった言葉は例文にあるようなありふれた能力ですよね。以下の問いに自分の言葉で志望動機を考えてみるといいでしょう。文字数は200文字程度が理想です。 読みやすくわかりやすい文章は絶対条件です。 ■なぜこの仕事を選んだのか ■なぜ応募したのか ■あなたはこの学校で何が出来ますか? ■あなたはこの学校で何がしたいですか?

学校事務の自己PRの書き方

学校事務職の業務範囲はとても広く、記帳・伝票整理という基本の事務作業から文書、会議資料作成、データ入力、郵便物、宅配便、バイク便の受け取り、発送、消耗品の補充や注文、そして電話対応や接客応対まで一人何役もこなさなくてはいけません。 学校事務はオフィスの顔であると同時に、縁の下の力持ち的な存在なのです。

自己PRの作成方法

自己PRはあなたのセールスポイントつまり自分の売りのポイントです。客観的に、自己PR、自分のセールスポイントをできるだけたくさん書き出してみてください。 ・私は素直である ・私は説得力がある ・私は几帳面だ ・私は責任感がある 自己PR・セールスポイントを出したら、複数の文章から一つの記事にまとめます。 XXXなので事務職に役立つ整理整頓ができる。 XXXなので単純な業務でも集中してやり抜くことが出来る。 XXXなのでミスをしないで処理することができる。 見出しをつけてその下に箇条書きにして自己PRを書くと採用担当者も読みやすくなります。 ・学校事務に対しての知識について ・接客や電話対応について ・チームワークについて ・関係資料の整理について ・業務の改善について ・免許や資格を活かせることについて

自己PRに書く討議や趣味

ここでは業務に必要とされる特技を書くようにしましょう。 【自己PR例文】 PCスキル・・・word,Excel,Powerpoint 語学スキル・・・英語、中国語、韓国語、フランス語 資格・・・TOEIC、英検1級 バイト経験で得たスキル・・・留学先で学んだスキル マイナスイメージを持たれるような趣味を書いてはいけません。趣味は旅行、散歩、ショッピングなど会話が広がるようなものにしましょう。

履歴書送付状の書き方

履歴書を送付する際は送付状を送ります。送付状はA4かB5の用紙1枚にビジネス書使用で記入します。 書く内容は以下の通りです。 1.発送日 2.宛先 3.発送人 4.件名 5.簡単な気候の挨拶 6.求人情報を知った方法 7.同封した書類名 8.追うお内容 9.面接のお願い 10.敬具

自己PRの際、学校事務で持っていたらいいとされる資格

自己PRの際、学校事務の仕事で持っていたらいい資格は以下だといわれています。 ・簿記検定 簿記に関する基礎知識、実務、計算の能力を判定するための検定試験であり、複数の団体により実施されています。 これは1級を除いた場合上位何パーセント合格といった尚早試験ではなく、合格点をクリアしていれば全員が合格となります。努力した分確実に成果を得られる資格です。 ・簿記能力検定 簿記能力試験とは、帳簿の付け方、帳簿に書かれている数字の意味を把握するだけではなく、経営管理や経営分析の基礎能力があることを認定する資格です。 予算編成、返金の収支や決済、有価証券報告作成、税務報告、資金管理業務など多岐にわたる仕事を行えます。 ・簿記実務検定文書処理能力検定 ワープロ技能や表見さん技能の入力の正確さとスピードおよび、国語力・技術常識などの一般紙式を認定する試験です。 パソコンスキルの記述は必要不可欠なので忘れないようにしましょう。比較的簡単なので今から取得するのも良いでしょう。資格取得を目指すなら「Brush up」で探してみましょう。

学校事務を目指している方へ

この記事のまとめ
  • 学校事務は学校の仕事なので、教育方針なども調べて話すようにする
  • 学校事務の仕事で自分の何を活かし、どうやって貢献したいのかを明確に
  • 資格は簿記のようなバックオフィス系、文書処理能力検定などのPCスキル系もとると有利に

学校事務の視点で大事なのは子供が大好きな方、というのがほかの事務職とは異なるところです。淡々と事務をこなすのではなく、子供が好きという感覚がなければ勤まらない職場かと思いますし、それが根本になければ面接で見抜かれてしまいます。 また職員が働きやすい、環境の設備などにも触れておくと面接官は先生もいると思うので印象はいいでしょう。学校事務は金銭管理能力と事務のプロというところが期待されているので、資格が有利に働きやすいです。 学校の教育方針に合わせた自己PRとともに、資格でスキルをアピールしましょう。また、転職に向けて資格をとるのであれば、「マイナビエージェント」に相談してみるのもいいでしょう。キャリアアドバイザーから希望の会社・業種・職種に合わせたアドバイスがもらえるので、資格は取ったが評価されないということが避けられます。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング