IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書や応募書類の留め方|クリップを使い分けるポイント・注意点

更新日:2020年03月10日

就活マナー

就活の書類選考があるけど履歴書や応募書類はクリップで留めた方が良いの?それともクリアファイルが良いの?今回はそんな書類選考での履歴書や応募書類を送る時のポイントやクリップ留めやクリアファイルに入れる使い分けのポイントについて解説していきます。

まずは最初に並べておく書類がこの添え状です。添え状とは何かと言いますと、挨拶状の様な物です。送り主であるあなたが誰で、何の目的で書類を送ったのか、連絡先はどこで、どんな書類を何枚送ったのかを届け先に通知する事ができます。 添え状の大きな役割は挨拶と通知の二つです。これが付いている応募書類とついてない書類では印象がかなり変わりますし、良い印象を与えるためにも大事な事です。

②履歴書

添え状の後ろに並べる書類は履歴書です。まずは挨拶である添え状が先に来るように添え状の後に入れる事がポイントです。 添え状は挨拶なので最初に、履歴書はもっとも見せるべき書類なので二番目に入れます。そうする事で添え状を見終わったらめくればすぐに履歴書が見れるので人事担当者にも手間を掛けません。二番目には履歴書を並べましょう。

③職務経歴書

次に三番目に並べるべき書類は職務経歴書です。職務経歴書は履歴書に書かれた内容の補足的な役割で書くものです。メインである履歴書を読み終えて次をめくれば職務経歴書が見れます。とにかく順番通りに並んでいれば読みやすく扱いやすいのできれいに並べていきましょう。

④エントリーシートなど提出書類

3枚目の職務経歴書までは順番通りに並べますが、それ以降の書類に関しては並び方は特に気にする必要はありません。主にエントリーシートや提出する書類があれば封筒に同封するので、4枚目からはそうした書類を入れていきましょう。

履歴書や応募書類を止める時はクリップかクリアファイルを使う

次は履歴書や応募書類を止めるためのクリップやクリアファイルについて解説していきます。

クリップとクリアファイルの使い分けのポイント

クリップとクリアファイルの使い分けのポイントから解説していきます。

履歴書や応募書類を三つ折りで封筒に入れる場合はクリップを使う

まずクリップを使う場合ですが、縦長の細い封筒に入れて送る場合は履歴書や応募書類を三つ折りにして入れる必要がありますのでそうした時にクリップを活用します。ではなぜクリップを活用するのでしょうか。

履歴書や応募書類をクリップ止めする理由

履歴書の応募書類をクリップ止めする理由について解説していきます。

①ホッチキスだと書類が読み難いがクリップだと取り外せるので読みやすい

では応募書類や履歴書などを三つ折りにして封筒に封入する場合、何かに固定した方が入れやすいですし、書類を受け取った人事担当者も読みやすいです。 そこで何で固定するのかと言いますとクリップです。ホッチキスなどを使ってしまうと完全に書類を固定してしまうのでコピーが取りにくいですし、外す時に書類に穴が空いたり傷がついたりします。またホッチキスで固定されているととても読み難いです。 クリップであれば取り外しもできますし、コピーも取りやすくなります。書類を固定する場合はクリップを使った方が良いです。

初回公開日:2017年04月14日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング