IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が難しいと感じる原因と対処法・不安な気持ちの解消法

更新日:2020年05月30日

仕事

仕事が難しい時、どのように対処すれば良いのでしょうか?このページでは、「難しい仕事」をテーマにして、仕事が難しいと感じる理由や、仕事が難しい時の対処法などについて考察しています。また、難しい仕事との向き合い方や解決方法もまとめているので、ぜひお役立て下さいね。

どうすれば良い?難しい仕事との向き合い方

社会人として働いていると、時には仕事の壁にぶち当たることがあります。これまでの業務と比較して、難易度が高い仕事を担当することになったり、厄介な案件を任されたりと、仕事を「難しい」と感じる理由や原因はその時と場によってさまざま。 しかし、どのような場合にも共通して、難しい仕事と向き合うのは、労力が必要なことですし、なかなか大変ですよね。もし、難しい仕事を任されたり、こなしたりしなければならなくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、「難しい仕事」をテーマにして、難しい仕事との向き合い方や対処法などをご紹介していきます。

仕事が難しいと感じる原因

そもそも、なぜ仕事を難しいと感じるのでしょうか?一言で「難しい」と言っても、「難しい」にも種類や分野があると思います。そこで、まずは仕事が難しいと感じる原因や理由について考察していきます。今現在、仕事が難しいと感じている方は、まずはなぜ仕事が難しいと感じているのか、またどのように難しいのか、考える所からスタートしてみてはいかがでしょうか?

仕事が難しいと感じる原因【1】:技術・知識が追いつかない

仕事が難しいと感じる原因の1つとして、技術や知識が仕事の内容に追いついていないケースが考えられます。仕事に必要な知識が身についてなかったり、技術や腕前が仕事の内容に追いついていなかったりした場合、必然的に「仕事が難しい」と感じることになるでしょう。 単純に、自分の勉強や練習が不足している場合もありますが、仕事を割り振る上司の判断ミスであったり、仕事の分担に無理があったりするケースも考えられます。その為、実力や知識、技術などの不足によって仕事が難しいと感じる原因は、自分にある場合と、上司などにある場合の2パターンが考えられます。

仕事が難しいと感じる原因【2】:量が多い

仕事の内容が難しいというよりも、量や長さの関係で難しいと感じる場合もあります。 1つ1つは、じっくり取り組めばできる業務であっても、分量が多かったり、時間が必要だったりした場合、普段の工程で終わらせることが難しくなります。そのような時に、分量的に「難しい」と感じる可能性はあるでしょう。このような場合、仕事をこなすスピードが単純に遅い可能性もありますが、仕事の量が明らかに多すぎる可能性も考えられます。その為、量の多さから仕事が難しいと感じる場合も、自分に原因があるケースと、上司などの仕事を分担した人に原因があるケースとが考えられます。

仕事が難しいと感じる原因【3】:期間・納期が短い

仕事には、期限や納期が付きものですが、クライアントの注文や上司の判断、急なトラブルなどで、期限や納期が極端に短縮されてしまうことがあります。普段通りの工程であれば難しいと感じない仕事も、納期の短縮や短すぎる期限などによって、難易度が高いと感じる可能性はあるでしょう。 クライアントの注文などによって、量や技術的に期限に間に合わせることが難しい場合、自分ではどうにもできないことが多い為、「仕事が難しい」と感じる原因となります。

仕事が難しいと感じる原因【4】:手順や内容が覚えられない

新入社員が「仕事が難しい」と感じる原因として多いのが、手順や仕事内容が難しくて、覚えられないというケースです。 業界や職種にもよりますが、中には業務をこなす為に必要な工程や一連の流れが複雑であったり、覚えるべき内容が多かったりする職業なども存在します。そのような場合、新入社員は仕事に慣れるまで、手順などがなかなか覚えられず、「難しい」と感じることが多いでしょう。 職場のシステムなどに問題がある場合もありますが、そもそもその職種や業界への適性がなかったり、自分の勉強や努力が不足していたりする可能性も考えられます。

仕事が難しい時の対処法

仕事が難しいと感じる原因や理由については、上記で考察しました。今現在、仕事が難しいと悩んでいる方の中には、上記のような理由や原因で悩んでいる方も、いらっしゃるのではないでしょうか? 仕事が難しいと感じる理由が明確になったら、今度は悩みや問題を解決する為に、対処法などについて考えていきましょう。続いては、仕事が難しいと感じる場合の対処法についてご紹介していきます。

仕事が難しい時の対処法【1】:「しなくて良いこと」を考える

仕事をする際、大抵の方は優先順位をつけて業務に取り組んでいると思います。期限が短いものや重要度が高いものは、勿論優先的に取り組むべき業務ですが、同じくらいに優先度が高い仕事や業務を複数抱えている場合、何から手をつければ良いのか、分からなくなってしまうと思います。 優先度が高い業務をいくつか担当しており、分量や期間的な原因で「仕事が難しい」と感じる場合は、各業務の中で更に優先度が高い肯定やステップ、作業を明確にしてみましょう。 その際、「やらなければならないこと」として考えると、いずれも大切な業務に思えてしまい、なかなか優先順位をつけることができません。 ですから、「後回しにしても良いもの」「今はやらなくて良いこと」を見つけていき、消去法で優先順位が高い業務やステップ、作業を見つけていくことをおすすめします。

初回公開日:2017年04月02日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング