IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が難しいと感じる原因と対処法・不安な気持ちの解消法

初回公開日:2017年04月02日

更新日:2017年06月04日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事

仕事が難しい時、どのように対処すれば良いのでしょうか?このページでは、「難しい仕事」をテーマにして、仕事が難しいと感じる理由や、仕事が難しい時の対処法などについて考察しています。また、難しい仕事との向き合い方や解決方法もまとめているので、ぜひお役立て下さいね。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

どうすれば良い?難しい仕事との向き合い方

社会人として働いていると、時には仕事の壁にぶち当たることがあります。これまでの業務と比較して、難易度が高い仕事を担当することになったり、厄介な案件を任されたりと、仕事を「難しい」と感じる理由や原因はその時と場によってさまざま。 しかし、どのような場合にも共通して、難しい仕事と向き合うのは、労力が必要なことですし、なかなか大変ですよね。もし、難しい仕事を任されたり、こなしたりしなければならなくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、「難しい仕事」をテーマにして、難しい仕事との向き合い方や対処法などをご紹介していきます。

仕事が難しいと感じる原因

そもそも、なぜ仕事を難しいと感じるのでしょうか?一言で「難しい」と言っても、「難しい」にも種類や分野があると思います。そこで、まずは仕事が難しいと感じる原因や理由について考察していきます。今現在、仕事が難しいと感じている方は、まずはなぜ仕事が難しいと感じているのか、またどのように難しいのか、考える所からスタートしてみてはいかがでしょうか?

仕事が難しいと感じる原因【1】:技術・知識が追いつかない

仕事が難しいと感じる原因の1つとして、技術や知識が仕事の内容に追いついていないケースが考えられます。仕事に必要な知識が身についてなかったり、技術や腕前が仕事の内容に追いついていなかったりした場合、必然的に「仕事が難しい」と感じることになるでしょう。 単純に、自分の勉強や練習が不足している場合もありますが、仕事を割り振る上司の判断ミスであったり、仕事の分担に無理があったりするケースも考えられます。その為、実力や知識、技術などの不足によって仕事が難しいと感じる原因は、自分にある場合と、上司などにある場合の2パターンが考えられます。

仕事が難しいと感じる原因【2】:量が多い

仕事の内容が難しいというよりも、量や長さの関係で難しいと感じる場合もあります。 1つ1つは、じっくり取り組めばできる業務であっても、分量が多かったり、時間が必要だったりした場合、普段の工程で終わらせることが難しくなります。そのような時に、分量的に「難しい」と感じる可能性はあるでしょう。このような場合、仕事をこなすスピードが単純に遅い可能性もありますが、仕事の量が明らかに多すぎる可能性も考えられます。その為、量の多さから仕事が難しいと感じる場合も、自分に原因があるケースと、上司などの仕事を分担した人に原因があるケースとが考えられます。

仕事が難しいと感じる原因【3】:期間・納期が短い

仕事には、期限や納期が付きものですが、クライアントの注文や上司の判断、急なトラブルなどで、期限や納期が極端に短縮されてしまうことがあります。普段通りの工程であれば難しいと感じない仕事も、納期の短縮や短すぎる期限などによって、難易度が高いと感じる可能性はあるでしょう。 クライアントの注文などによって、量や技術的に期限に間に合わせることが難しい場合、自分ではどうにもできないことが多い為、「仕事が難しい」と感じる原因となります。

仕事が難しいと感じる原因【4】:手順や内容が覚えられない

新入社員が「仕事が難しい」と感じる原因として多いのが、手順や仕事内容が難しくて、覚えられないというケースです。 業界や職種にもよりますが、中には業務をこなす為に必要な工程や一連の流れが複雑であったり、覚えるべき内容が多かったりする職業なども存在します。そのような場合、新入社員は仕事に慣れるまで、手順などがなかなか覚えられず、「難しい」と感じることが多いでしょう。 職場のシステムなどに問題がある場合もありますが、そもそもその職種や業界への適性がなかったり、自分の勉強や努力が不足していたりする可能性も考えられます。

仕事が難しい時の対処法

仕事が難しいと感じる原因や理由については、上記で考察しました。今現在、仕事が難しいと悩んでいる方の中には、上記のような理由や原因で悩んでいる方も、いらっしゃるのではないでしょうか? 仕事が難しいと感じる理由が明確になったら、今度は悩みや問題を解決する為に、対処法などについて考えていきましょう。続いては、仕事が難しいと感じる場合の対処法についてご紹介していきます。

仕事が難しい時の対処法【1】:「しなくて良いこと」を考える

仕事をする際、大抵の方は優先順位をつけて業務に取り組んでいると思います。期限が短いものや重要度が高いものは、勿論優先的に取り組むべき業務ですが、同じくらいに優先度が高い仕事や業務を複数抱えている場合、何から手をつければ良いのか、分からなくなってしまうと思います。 優先度が高い業務をいくつか担当しており、分量や期間的な原因で「仕事が難しい」と感じる場合は、各業務の中で更に優先度が高い肯定やステップ、作業を明確にしてみましょう。 その際、「やらなければならないこと」として考えると、いずれも大切な業務に思えてしまい、なかなか優先順位をつけることができません。 ですから、「後回しにしても良いもの」「今はやらなくて良いこと」を見つけていき、消去法で優先順位が高い業務やステップ、作業を見つけていくことをおすすめします。

仕事が難しい時の対処法【2】:上司に相談する

評価や出世、プライドなどを考えると、なかなかできないという方もいらっしゃるようですが、仕事が難しくてどうしようもない時は、上司に相談することが1番確実な解決方法と言えるでしょう。技術や知識的に難しかったり、納期や期限に間に合いそうになかったりするのに、上司に相談もせず、結果的に担当している業務や作業をこなすことができなかった場合、プライドや評価に関するダメージだけでなく、周囲の人にも迷惑を掛けてしまうことになる可能性があります。 上司に相談をする際は、仕事がどのように難しいのか、またどうすれば担当の業務や作業をこなすことが出来そうか、具体的に相談することが大切です。ただ「難しい」とだけ相談しても、泣き言や文句を言っていると上司に受け取られてしまう可能性もあるので、難しいと感じる原因や打開策も明確に提示することで、仕事に対する熱意と誠意をアピールしましょう。

仕事が難しい時の対処法【3】:給与に換算する

仕事の難しさから弱気になったり、現在の職業や職場に対して嫌気がさしたりしている場合、その仕事をこなすことで、給与に換算していくらぐらいになるのか、考えてみることをおすすめします。生活やお金の為と割り切ることで、業務や職場に対するモチベーションを損なわずに済むというわけです。 弱気になったり、仕事や職場を嫌う気持ちが強くなったりすると、働くことに対する熱意が失われてしまい、退職や転職に踏み切る原因となってしまう可能性もあります。退職や転職も、対処法の1つではありますが、生活の為に今の仕事を続けたい場合は、給与やお金と労力について考え、仕事に対するモチベーションを維持することも対処法の1つと言えるでしょう。

仕事が難しい時の対処法【4】:退職・転職

仕事があまりにも難しくて、そのことがきっかけで悩むことが多くなったり、出勤することが苦痛になるようであれば、退職や転職を検討するのも、対処方法の1つと言えるでしょう。 日本には、星の数ほどの企業が存在しています。確かに、退職や転職は人生に大きな影響を与える出来事となる可能性はありますが、働く場所はその職場以外にも、たくさんあるはずです。 ですから、「職場との相性が悪かった」「業界や職種に対して、適性がなかった」と割り切って、難しいと感じることなく仕事がこなせるような職場や職種、業界などを求めて、退職・転職してしまうのも、賢い方法の1つというわけです。

難しい仕事を任されて不安な時

難しい仕事を任されたり、自分の技術や知識的に難易度が高い業務を担当することになったりした際、強い不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。もし、仕事の難しさに強い不安や心配を感じる場合は、どのようにして不安を解消すれば良いのでしょうか?続いては、仕事の難しさに対する不安を解消する方法について、考えていきたいと思います。

難しい仕事を任されて不安な時【1】:成長するチャンスと考える

社会的に成功をおさめている人の中には、「ピンチをチャンスと考える」思考の持ち主が多いと言われています。難しい仕事を任されることは、人によっては苦労やピンチとなり得ますが、その苦労やピンチを「成長するチャンス」と考えることで、前向きな気持ちで仕事と向き合うことができるようになると考えられます。 実際に、仕事ができる人の中には、「できないことに挑戦することは、成長するチャンス」と考えている人も多いのだとか。「難しい」と感じる状態を、ネガティブに受け取るのか、ポジティブに考えるのかによって、気分や気持ちが大幅に変わってくる場合もあるのです。

難しい仕事を任されて不安な時【2】:「難しくない」と言い聞かせる

また、「難しい」「大変そう」と弱気になることで、本来ならそんなに難しくはない仕事も、予想以上に難しく感じてしまうという説もあるようです。「病は気から」ということわざではありませんが、「難しい」「できない」と考えることで、必要以上に身構えてしまったり、肩に力が入ってしまったりすることもあります。その結果、強いプレッシャーや緊張感から、不安な気持ちになってしまうこともあるでしょう。 ですから、「今までの経験を応用すれば大丈夫」「これまでやってきたことを活かせば難しくない」と自分に言い聞かせ、リラックスをして挑戦することで、難しいと感じていた仕事を意外とすんなりこなせる可能性もあるというわけです。

仕事が難しくて追いつけない場合の解決方法

業務をこなすことで、企業の業績に貢献し、利益を生み出すことで給与を得ることが、一般的な企業と社会人の生活の仕組みなので、「仕事が難しくてできない」では済まされないこともあります。 では、仕事が技術的に難しかったり、どうしてもできそうになかったりする場合、どのようにすればこなすことができるのでしょうか?今度は、仕事が難しくて追いつけない時、どうすれば良いのか考えていきたいと思います。

仕事が難しくて追いつけない時【1】:とにかく勉強する

上記でもご紹介したように、仕事の難しさにはさまざまな種類や原因がありますが、技術や知識、実力が不足していて仕事が難しいと感じている場合は、とにかく勉強することが、1番の解決方法かもしれません。 仕事が難しい原因が、自分の実力不足にある場合、仕事をこなせるようにする為に技術を磨いたり、知識を習得したりする必要があります。ですから、業務時間の後やプライベートな時間を使って、難しいと感じている仕事をこなすのに必要な知識や技術を身につけられるよう、勉強しましょう。 勉強することで、不足していた技術や知識を補うことができれば、「難しい仕事」は普通の仕事になりますし、自分自身もワンランク上のステップへと成長することができるかもしれません。

仕事が難しくて追いつけない時【2】:上司や先輩に教えてもらう

技術や知識の問題から、仕事が難しいと感じる場合、仕事に必要な技術や知識を、上司や先輩から教えてもらうのも、解決方法の1つとしておすすめです。 上司や先輩に技術や知識を教えてもらう際は、「わかりません」「難しいです」と訴えるだけではNG。 どのようにわからないのか、何ができないのか、仕事が難しいと感じる原因や躓いている点を明らかにして、具体的に何を教わりたいか相談することが大切です。 ただし、わからないことを何でもかんでも、すぐに尋ねてばかりだと、「自分で努力はしているのか?」「分からないことをすぐに諦めて質問してくる部下」といった印象を上司や先輩に与えてしまう可能性も。 ですから、自分自身でも、難しい仕事やわからない技術・知識と向き合っている姿勢は見せる必要がありますよ。

「仕事が難しい」は考え方や行動次第で解決できる!

いかがでしたでしょうか?今回は、「難しい仕事」をテーマにして、仕事が難しいと感じる原因や難しい仕事への対処法、仕事が難しくて追いつけない時の不安の解消方法や根本的な改善方法などについて考察しました。仕事が難しいと感じる原因は、その時のシチュエーションなどによっても異なる為、その状況や場に合った理由や原因を、まずは明確にすることが大切です。そして、仕事を難しく感じる理由に合わせて、仕事に対する考え方や向き合い方を変えてみたり、状況を改善する為の行動を実際に取ってみたりしましょう。 仕事には、期限や納期が存在する場合が多いので、「仕事が難しい」と感じても、そのまま投げ出しておくわけにはいきません。時には、上司などに仕事の内容や分量について交渉したり、先輩に教えてもらったりすることも大切です。また、職種や業界への適性の問題もあるので、仕事が難しいと感じる状況が長く続いたり、あまりにも悩んでしまったりする場合は、退職や転職も視野に入れてみるのも、対処法の1つと言えるでしょう。 このように、「難しい仕事」や「仕事が難しいと感じる状況」は、考え方や行動次第で、解決できるケースもたくさん存在します。ですから、仕事が難しいからと言ってやけになったり投げ出したりせずに、冷静に対処法や解決方法を考えてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング