IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事を上手にこなすコツ9選・仕事を上手にこなす人の特徴4つ

更新日:2022年06月23日

ビジネスマナー

仕事を上手にこなすことができる人には、職場の中でも一目置かれる存在でしょう。自分もどのようにすれば、仕事が上手にスムーズにこなすことができるのだろうと悩んでしまう人も少なくありません。仕事を上手にこなすコツ9選と仕事を上手にこなす人の特徴4つをご紹介します。

仕事をこなすとは

仕事をそつなくこなす人は、どの職場にも目に留まる存在でしょう。仕事を上手にこなす人は、仕事をこなすスピードや正確さがあり、仕事上のさまざまな人間関係までコントロールをして仕事を円滑にトラブルもなく進めていく特徴があります。 「仕事をこなす」という言葉の意味や類義語とともに上手にこなすコツ9選と仕事を上手にこなす人の特徴4つをご紹介します。

「こなす」の意味

「仕事をこなす」とは、自分が遂行すべき業務を遂行していくことを指しています。また、「上手にこなす」ということは、仕事をうまく進めていくことができるという意味があります。「こなす」ということは、自分に与えられた物事を順序よく終了していくことを意味します。

「仕事をこなす」の類義語

「仕事をこなす」の類義語は、どのような言葉があるのでしょうか。仕事をこなすということは、与えられた仕事を着実に作業していくことです。「仕事をこなす」の類義語を言葉の使い方とともにご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

類義語1:仕事を片付ける

「仕事をこなす」の類義語に「仕事を片付ける」という言葉があります。「仕事を一気に片付ける」、「仕事をサクサク片付ける」などの言葉の使い方をします。仕事を早くこなしたいというニュアンスで「片付ける」という言葉を用いることも多いでしょう。

類義語2:仕事をさばく

「仕事をこなす」の類義語に「仕事をさばく」という言葉があります。「仕事を上手にさばく」、「大量の仕事をさばく」などの言葉の使い方をします。多くの仕事を順序立ててこなす意味で「さばく」という言葉を用いる傾向があります。

類義語3:仕事を終わらせる

「仕事をこなす」の類義語に「仕事を終わらせる」という言葉があります。「仕事を時間内に終わらせる」、「仕事を効率的に終わらせる」などの言葉の使い方をします。仕事を計画的に目的の期日や時間内に「終わらせる」意味で使われることが多いでしょう。

仕事を上手にこなすコツ9選

仕事を上手にこなす人を見ていると自分とどこが違うのだろうと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 人間関係も円滑で仕事もスムーズにこなす人になるには、どうのようなことを心がけて仕事をすればいいのでしょうか。 仕事を上手にこなすコツ9選をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

コツ1:仕事に優先順位をつける

上手に仕事をこなすためには、ひとつひとつの業務に優先順位をつけることがポイントです。与えられている仕事に中で「重要度」の高い仕事と「緊急度」の高い仕事で順位をつけ組み合わせ優先順位表を作成しましょう。 仕事をこなす順番を明確にしておくとで業務そのものの流れが分かりやすくなります。また、自分の仕事の全体像をよく把握することにもつながってスムーズに効率的に仕事をこなしていくことができます。

コツ2:上手に取捨選択をする

次のページ:コツ3:「報連相」を徹底する
初回公開日:2017年03月28日

記載されている内容は2017年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング