IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

落ち着きがない人の特徴|落ち着く・大人になるための改善方法

更新日:2022年08月31日

ビジネスマナー

皆さんは「落ち着きがない人」と聞いてどんな人をイメージしますか?おそらく、皆さんの周りにも「落ち着きがない」と言われる人はいると思います。では、そういった人たちにはどんな特徴があるのでしょうか。今回は「落ち着きがない人」についてご紹介していきたいと思います。

「落ち着きがない人」とは

皆さんは、「落ち着きがない人」と聞いてどんな人を思い浮かべますか?おそらく、皆さんの周りにも「落ち着きがない人」っているのではないのでしょうか。もしくは、自分が周りからよく「落ち着きがない」なんて言われるという方も多いと思います。 では、そういった「落ち着きがない」と言われがちな人達には、どんな共通する特徴や性格、行動があるのでしょうか?また、「落ち着きがない人」がすべき改善方法にはどんなものがあるのでしょうか? 今回は、そんな「落ち着きがない人」に焦点を当てて、さまざまな観点から見ていきたいと思います。

せわしない人

では早速ですが、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動について見ていきたいと思います。 まず、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動の一つ目はというと、「せわしない人」です。「落ち着きがない人」というのは、別の言葉で言いかえると「せわしない人」とも言います。つまり、日頃から「せわしなくしている人」というのは、せっかちで「落ち着きがない人」でもあるんです。 日頃からやらなければならないこと、やりたいことに追われていて、いつもそれが時間に間に合わないと感じている人は、どうしても「落ち着き」がなくなります。これは幼い頃からの生活なども関わってくるもので、性格なようなものであり、元々落ち着いている人が、「落ち着きのない人」に「落ち着いて」・「時間は十分あるから大丈夫だよ」と言ってみても、それでも「落ち着きのない人」は「時間がない」と思いこんでしまうんです。

自分のキャパシティー以上のことをやろうとしてしまう

続いて、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動の二つ目はというと、「自分のキャパシティー以上のことをやろうとしがちな人」です。 キャパシティーが少ない人というのも「落ち着き」がなくなりがちです。また、「落ち着きがない人」というのは、自分のキャパシティーがどのくらいなのかをあまり把握しておらず、ことある事に自分のキャパシティー以上のことをやろうとしてしまいがちです。 誰だって自分の能力以上にやることが多いと、何から手をつけていいのか分からなくなり、「落ち着き」がなくなってしまいますよね。 元々キャパシティーが少ない人であったり、自分のキャパシティー以上のことをやりがちな人というのは、常にそういう状況にさらされているので、常に「落ち着き」がなくなってしまうのです。

目の前のことに集中できない

続いて、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動の三つ目はというと、「目の前のことに集中できない人」です。「落ち着きがない人」というのは、よく目の前のこととは全く違うことについて考えていることが多いです。目の前のこととはまったく違うことにいつも思いを馳せているような人というのは、周りから見ると「落ち着き」がないように見えます。 ちなみに、こういったことは創造的なタイプの人に多く、普通の人からすると、何を考えているのか分からなくても、本人の頭のなかでは様々なことが展開されているため、「落ち着き」がないように見えるのです。 また、こういったタイプの人に目の前のことに集中するように言っても、本人は集中したいことに集中する思考の持ち主なので、周りからするといつまで経っても「落ち着く」ようには見えません。

計画性がなく後先考えずに行動する

続いて、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動の四つ目はというと、「計画性がなく後先考えずに行動する人」です。 「落ち着きがない人」の多くは、計画性がなく後先考えずに行動してしまいがちです。何からやれば効率良く物事を進めて行けるのか、何から片づけなければならないのかをしっかりと自分で把握せずに行動してしまうため、後々トラブルが起こったり、予想だにもしていなかったことが起こった際に、何も計画していなかったがために、それに対応できずにパニックに陥ったりしてしまうことがあります。 そういった人たちは、やはり「落ち着きがない人」だと周りから思われがちです。

人の話を最後まで聞くことができない

続いて、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動の五つ目はというと、「人の話を最後まで聞くことができないタイプの人」です。基本的に、「落ち着きがない人」は相手の話を最後まで聞いていないことが多いです。その話の要点が分かれば、それ以上の情報は聞かなくてもいいと判断してしまい、話の最後までは聞く気にならないという人が多いです。 しかし、話の最後にも大事な内容があったりすることもあるので、「落ち着き」がなく、話を最後まで聞かない人というのは、後に重大なことを周りから耳にし、焦ってまた「落ち着き」をなくしてしまうことが多いです。

「落ち着きがない人」がすべき改善方法

ここまで、「落ち着きがない人」に共通する特徴や性格、行動について見てきましたが、今度は「落ち着きがない人」がすべき改善方法にはどんなものがあるのかについて見ていきたいと思います。

深呼吸をする癖をつける

では早速ですが、「落ち着きがない人」がすべき改善方法について見ていきたいと思います。 「落ち着きがない人」がすべき改善方法はというと、「深呼吸をする癖をつける」という方法です。まず、「落ちつきがない」というのはメンタル面の問題の可能性もあります。それに対してメンタル面で対応しようとしても、なかなか上手く行かないのが現実です。 そのためそういう場合は、行動によってメンタルに対応していくことが重要になってきたりします。何か自分のなかでルーティーンを決めて、それを癖にして、自分で「落ち着きがない」と感じたときにそのルーティーンを行うことで、無意識になることができ、自然と心が休まることもできるでしょう。

次のページ:「落ち着き」がなくても改善方法は意外と簡単
初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング