IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

セミナーでの服装(男性/女性)・社会人の服装マナー

ビジネスマナー

社会人がセミナーに参加する際、服装のマナーは非常に重要です。正しい服装をしてセミナーに参加することで、社会人としての常識があるかどうかが決まってしまいます。ドレスコードがあるセミナーもあるため、正しい服装マナーを確認しておきましょう。

更新日時:

セミナーの際の男性と女性の服装

セミナーの服装はスーツが無難

社会人がセミナーに参加する場合、最も無難かつルール違反になりにくいのは、定番のスーツスタイルです。女性であれば、特別激しい動きをする予定や、緊急避難や対応のような姿勢が変わる訓練が含まれていないようであれば、スカートスーツでもパンツスーツでも問題ありません。 ネクタイの柄やシャツの派手さ、組み合わせる靴やアクセサリーとのバランスを考えつつ、最も社会人らしいフォーマルスタイルと言えます。服装の規定が分からないときは、ひとまずスーツを選んでおくことが、男女共に使えるテクニックでしょう。

男性のカジュアルなセミナーファッション

スーツを着るほどではない、ややカジュアルなセミナーの場合、男性は上下別のジャケットとパンツを合わせると良いでしょう。ほど良い柔らかさを引き出すことが出来るので、スーツほどかっちりした印象を出さず、かと言ってラフすぎない印象をばっちりアピールすることが出来ます。 清潔感も演出出来ますし、おしゃれなコーディネートも実現しやすい服装です。スラックスを合わせても良いですし、ハリがある綿パンツなども、フォーマルな印象があってセミナーには活用しやすいアイテムです。 ジャケットの中には、ニットのセーターなどが良いでしょう。ノーネクタイの場合であれば、シャツはボタンダウンに切り替えると、ラフすぎない仕上がりになりますよ。

女性のカジュアルなセミナーファッション

女性がセミナーに参加するときの服装は、スーツ以外だとオフィスカジュアルを意識すれば良いでしょう。上下がそろったセットアップスタイルだと、スーツと同じようにかっちりしすぎた印象が出てしまいやすいので、上下別の上品なアイテムを組み合わせるのがおすすめです。 基本はジャケットで、カーディガンやブラウスなど、スーツに合わせても違和感のないアイテムで構成するのが良いでしょう。スカートはタイトスカートでもプリーツスカートでも構いません。パンツはストレッチ素材のブーツカットパンツなどであれば、きびきびとした動きが実現しやすくなります。 ブラックやネイビー、グレーやベージュなどの落ち着いたカラーがおすすめですが、さし色として荒いイエローやピンクなど、女性らしいやわらかい印象になるアイテムを合わせても良いでしょう。

服装自由のセミナーはどうするべき?

男女共に基本はスーツが良い

服装自由のセミナーの場合、基本的には服装はスーツにしておくのが良いでしょう。しかし、事前にカジュアルな雰囲気であることが分かっている場合や、「スーツでなくても良い」と言われている場合などは、いくら無難だからと言って、スーツで行くとややマナー違反気味になってしまうこともあります。 セミナーの雰囲気が分かっている場合や、他の参加者がスーツではないことが把握できている場合は、準じて服装も変更しておくのが良いものです。

セミナーの開催地や規模から服装を探る

セミナーで「服装は自由」と言われていても、完全な私服で参加するのはなかなか難しいものです。しかし、周囲に服装を相談できるような参加者がいない場合や、前もってセミナーの雰囲気を知っておくことが出来ず、服装のボーダーが予想しにくいことはありますよね。 そんなときは、セミナーの開催地や規模から、適切な服装の雰囲気を探っていく方法もおすすめです。 取引先や業界内の一部企業の会議室などが開催地となる場合、やはりきっちりめの格好で参加しておくことが良いでしょう。ネクタイは締め、明るすぎるアイテムは避けた方が良い傾向にあります。大人数の講義形式のセミナーの場合や、取材や会見の意味もあるセミナーなどでも同様です。自社の代表として参加する場合も、ラフすぎる服装はNGでしょう。 一方で、多目的ホールを使ったセミナーや、交流会を兼ねたセミナー、ごく少人数のセミナーであれば、ややカジュアルなコーディネートでも問題がない場合も多いです。むしろ気楽な雰囲気の方が、セミナーそのものに適しているということもあるでしょう。

社会人のセミナーの服装マナー

ラフすぎる服装は避ける

どんなに「服装自由」とは言えど、社会人が参加するセミナーは仕事の一環です。ビジネスマナーを意識して、適度なラフさでとどめることはとても重要です。ラフすぎると「だらしない」という印象に繋がってしまい、社会人としてのマイナスイメージになってしまうことも多いのです。 ノーネクタイであれば、ボタンはきちんとしめるのは当たり前。ボタンダウンのシャツにすると、ラフすぎない印象になります。ポロシャツはセミナー開催側が指定しない限りは避けてください。

清潔感のある服装にする

男女問わず、セミナーの服装は清潔感が重要です。シャツはアイロンをかけてシワ目立ちがしないようにすることが大切ですし、着古した印象の服は避けましょう。ジーンズOKのカジュアルなセミナーも中には存在していますが、ダメージ加工のジーンズなどはやめておくようにしましょう。 トータルの身だしなみとして、髪形も合わせてください。長くだらしなく伸びている髪の毛や、爪や靴下などにもマナーが現れます。汚れた靴や傷んだネクタイなどもNGです。

アクセサリーや時計などにも注意

セミナーに参加するときの服装は、小物類にもきちんと気を配るようにしましょう。派手すぎるアクセサリーは、ファッション性が強くなりすぎてしまうので避けた方が良いものです。大きなピアスや目立ちすぎるネックレスなどは注意しましょう。時計も品が良く、社会人として適切なものにしてください。バッグや靴なども、トータルで服装とよく合ったバランスの良いものを選びましょう。

女性はメイクや香水にも気を付けよう

セミナーに参加する社会人女性は、メイクや香水などにも気を配るようにしてください。濃すぎるメイクは清潔感がなく、汚らしい印象になってしまいます。折角上品で清楚なファッションを心がけても、メイクでいっきにだらくなく見えてしまうのはもったいないですよね。 また、香水のつけすぎにも注意しましょう。慣れている人はなかなか気づかないこともありますが、不慣れな人にはちょっとつけすぎの香水はかなり辛いものがあります。特にセミナーは締めきった場所で開催されることが多いですし、他者との距離も近いもの。相手の集中力をそぎ、モチベーションを低下させてしまう原因にもなりかねません。

アイテムのカラーや柄に注意する

セミナーの服装はおしゃれでも全く問題はありませんが、カラーや柄が派手すぎてしまうと、適材適所ではなくなってしまいます。ビビッドなカラーを取り入れすぎたり、派手な柄を使いすぎたりするのは避けましょう。顔色が明るく見える程度のシャツ色を考え、パンツは落ち着いたカラーのものを、柄を取り入れるとしたら、ネクタイをはじめとしたワンポイントにしておきましょう。派手すぎるネクタイピンや、キャラクターもののネクタイなどは避けておくのが無難です。

就職活動の際の服装

カジュアルすぎないもの

就職活動では、しばしば「スーツは着用しなくて構いません」といった、服装自由の場合があります。しかし、これは「どんな格好でも良い」という意味ではなく、「社会人としてのマナーにのっとった服装をしてほしい」というメッセージでもあります。規定がないからと言って、だらしなく適していない服装をしてくると、それだけでマナー違反になってしまい、選考に支障が出てしまう可能性もありえます。 カジュアルになりすぎないもの、ビジネス感を意識したものを選ぶようにしましょう。

基本的にはスーツorビジネスカジュアル

服装指定がない場合、就職活動は基本的にスーツがおすすめです。シャツの色は派手すぎないもので、柄はないものにしましょう。ネクタイもオーソドックスなタイプのもので、同じく柄が派手にならないものを選びます。 「スーツ以外」という指示があれば、前述したようなオフィスカジュアルにしましょう。男性はネクタイをつけるようにして、女性はブラウスかワイシャツのかっちりした印象のものをチョイスしてください。

セミナーの服装は社会人の礼儀

いかがでしたか? セミナーに参加する服装は、社会人としての礼儀をそのまま反映しています。マナー違反にならないよう、シチュエーションに応じた正しい服装をコーディネートしましょう。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング