IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「体系化」の意味|体系化の10のメリットと方法・練習法

更新日:2022年11月08日

言葉の意味・例文

巷でよくいわれる「知識を体系化する」とはどのようなことなのでしょうか。今回の記事では、「知識の体系化」の意味から、手法、体系化するメリットや役に立つ本を紹介します。これを読めば、あなたも今から知識を体系化できるようになります。

体系化の意味

体系化とは、バラバラの物を1つにまとめてわかりやすくするなどの意味があります。 体系化はよく、仕事上で「知識の体系化」という言葉で使われています。それぞれの知識を関連づけてひとつにまとめるなどの意味があります。

体系化のメリット10個

体系化には、メリットがたくさんあります。 そのなかから10個のメリットを拾い出してピックアップしていきます。体系化は物事をわかりやすく推し進める上で欠かせない方式です。 体系化は、私生活から仕事、勉強や遊びに至るまでさまざまなシーンや分野で活用できる便利な方法です。体系化のさまざまなメリットの内容とともに、体系化を実際に活用できるようにしっかりと意味を把握していきましょう。

メリット1「効率よくできる」

知識を体系化することで、勉強、仕事、趣味、あらゆることに関する知識を効率よく頭にインプットできます。 「バス、いちご、月曜日、オレンジ、シャツ、グレープフルーツ、飛行機、火曜日、スカート、ぶどう」の単語を覚える場合は、「乗り物:バス、飛行機」「曜日:月曜日、火曜日」「フルーツ:ぶどう、いちご、オレンジ、グレープフルーツ」「洋服:シャツ、スカート」といった具合に体系化して分類します。

メリット2「知識が定着しやすくなる」

知識を体系化するとは知識をストーリーにするという意味なので、知識が定着しやすくなります。 脳はストーリー記憶に強く「記憶術」の1つとしても紹介されています。覚えやすい上に定着しやい方法が、知識の体系化技術です。

メリット3「人に教えやすくなる」

知識が体系化されていれば「今日はここから教えよう」「前回ここを理解していなかったから、ここに戻ろう」と人に教えやすくなります。 知識を体系化していないと、教える側は「何から教えればいいのかな」と悩み、人に上手に教えることができなくなります。体系化することで物事の意味をしっかりと把握できるようになるので、人に伝えやすくなります。 人に教える立ち場の人は、ぜひとも身につけておきたいスキルです。

メリット4「物事がわかりやすくなる」

知識を体系化するということは、前提知識を覚えてから次に行くという意味もあるので、物ごとがわかりやすくなります。 算数は小学校1年生で数の概念について習ったあと、小学校2年生で筆算を習います。これが反対の場合、生徒は学ぶことに苦労するため、理解率が低くなります。私たちが学習する上であまり苦労しなかったのは、この体系化のおかげです。

メリット5「共感を得やすい」

体系化をするメリットに共感を得やすいという意味があります。 相互関係やコミュニケーション能力の向上という意味では、体系化をすることで物事を一般化しやすく、共感する部分を増やすことができます。

メリット6「指導が簡単になる」

体系化すると指導が簡単になるというメリットがあります。 指導しやすくなるとは、体系化することで指導者や教育者のスキルが上がるという意味に通じています。知識や情報を体系化してわかりやすくすることで、相手にスムーズに受け入れてもらうことが可能になるという意味です。

メリット7「指示を請われやすくなる」

次のページ:体系化の方法
初回公開日:2017年03月19日

記載されている内容は2017年03月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング