IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

場当たり的な性格の人の特徴|場当たり的な行動をする人への対処法

初回公開日:2017年03月16日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

職場にはあなたに対してフレンドリーで上昇志向で、また尊敬できる人ばかりではありません。例えばいつも「場当たり的な」行動をとる人、またあなたも「場当たり的な」行動をとってしまったことがあるのではないでしょうか?今回は「場当たり的」について説明させていただきます。

場当たり的とは 場当たり的な性格の人の特徴と行動・対応方法

場当たり的とは 場当たり的な性格の人の特徴と行動・対応方法
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

職場にはあなたに対してフレンドリーで上昇志向で、また尊敬できる人ばかりがいるわけではありません。それどころか実際は何らかの形で変わった人、困った人、あるいは生産的でない人の寄せ集めであり、そのために本来あるべき働きやすさ、仕事の成果が阻害されていることが少なくありません。 例えば、いつも「場当たり的な」行動をとる人またあなたも「場当たり的な」行動をとってしまったことがあるのではないでしょうか?今回は「場当たり的」について説明させていただきます。

「場当たり的」ってどんな意味?

「場当たり的」とは、物事に直面したとき、その時の思いつきで対応すること。 事前に準備したり、計画を立てたりしていないことです。

「場当たり的」の類語

同じような意味の言葉「類語」としては その場しのぎの・その場の思いつきによる・急場しのぎの・当座しのぎの・小手先による・あと先を考えない・一時しのぎの・間に合わせの・一時的な などがあります。

「場当たり的」の対義語・反対語

意味が正反対の関係にある語・対照的な関係にある語を「対義語」または「反対語」といいます。 「計画的」・「戦略的」などがあてはまります。

「場当たり的」を英語で表現すると

an ad hoc basis She cobbles together something ad hoc just like me. (彼女も私と同様、場当たり的に何かを急ごしらえする。) Theirs is a patchwork method. (彼らのやり方は場当たり的だ) こんな使い方もあります。

場当たり的な性格の人の特徴

場当たり的な性格の人の特徴
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

毎日言うことが違う

世の中には ・「こうなりたい」という自分の信念・ビジョンを持って仕事に取り組んでいる人 ・よく言えば「今を生きている」という場当たり的な考え方で仕事に取り組んでいる人 大きく分けるとこの2種類に分けられます。ビジョンがブレブレの場当たり的な考えの人の特徴は「毎日言うことが違う」ことです。たとえば、同じ質問をニュアンスを変えて聞いてみると、毎回違う答えや的外れな答えが返ってきます。場当たり的な考え方の人は、質問の真意を考えることなく質問に対して「反射的に」答えます。そのため聞き方が違うとそのたびに答えが全く違う場合もあるのです。 しっかりとビジョンを持っている人は、違う言い方に変えても同じ答えが返ってくるでしょう。なぜなら「信念を持って」やっているので、相手の質問の真意を考えてから答えるからです。聞き方のニュアンスが少し違っても、真意が同じなら同じ答えが返ってくるでしょう。

しっかりと考えることをしない・出来ない

それでは場当たり的な人も、質問の真意をしっかりと考えれば真意を掴むことができるのではないでしょうか?しっかりと考えれば真意を掴むことができるはずです。でもそういう人は「ちゃんと考える」ことをしようとはしません。というか、「できない」のです。 「ここで悩んで返答が遅れるとダメな人間と思われるかも・・・」とか 「サッと即答しなくてはできる人間に見られないかも・・・」と 自分の尊厳が失われるのを恐れているからです。この状態は、歳をとればとるほど顕著になってきます。地位や名誉により自分像が縛られた状態といえるでしょう。

場当たり的な人と仕事

もう一度「場当たり的」の意味を思い出してみましょう。物事に直面した時、その時の思いつきで対応すること。事前に準備したり、計画を立てたりしないこと。 「場当たり的な」性格の人は、自分で時間をコントロールするという概念が薄いです。毎日時間に追われ、自分の人生を自分以外の人に委ねることが普通になっています。仕事ではタスクをクリアすることで精一杯で、自分が本当に達成したいと思っている目的や目標は後回しにしがちです。おのずと降りかかる案件に対して思いつきで対処してしまいます。

関連タグ

アクセスランキング