IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

なめられる人の原因と特徴・人になめられる性格の改善方法

更新日:2020年05月29日

ビジネスマナー

仕事をしていても、なめられる人とそうでない人がいますね、こういった違いは大きく、同じ事をしてもまったく受ける印象が異なります。ここではなめられる人の性格・特徴、なめられる人の原因と共通点、なめられる見た目のポイント、なめられる性格の改善方法をお話します。

なめられる人の性格と特徴

人はみな生きるために働いています。多くの人は職場に通って仕事をします。そこでの人間関係は重要です。そういった環境でなめられてしまうと仕事がやりにくくなっていきます。できるならなめられないようにして良好な環境を作るのが大切ですね。

オドオドしているとなめられる

メラビアンの法則というものがあり人は第一印象で相手を判断します。人は初対面の相手を判断する際に、殆どが視覚情報から得た情報を元に判断します。ですから入社してから常にオドオドしていると、周囲から弱いと思われてなめられてしまいます。仕事でミスなどでそのたびに落ち込んでいるようだとなめられてしまいます。

声が小さいとなめられる

人は話し方の口調や速さなどの聴覚情報も重視です。普段の話し方次第でもなめられやすくなる事があります。小さな声で話していると自分の声が届かないので意思の疎通が出来ないということになりよくわからない人というイメージになります、そうすると次第になめられることになります。

ひたすらに無口だとなめられる

何も話さないのはなめられる原因になります。何を考えているかわからないと思われ周囲も話しかけづらくなります。対話のできない相手に対し、人は自然と不信感を抱きます。そういったことではなめられる事になります。

空気が読めないとなめられる

なめられるひとの特徴として、空気が読めないという特徴があります。その場の空気が読めないとあの人は空気読めないからと距離を置かれることになります。 空気が読めないのであれば、読めないなりに大人しくしていればいいものを、でしゃばって発言などするものだから、ますますその場を悪くしてしまうのです。空気が読めない人は自分が空気が読めていないままに発言を続けると悪化することがあります。なめられる事のないように普段から周りの意見を聞いたほうが得策です。

つねにニヤニヤしているとなめられる

笑顔をするとイメージが良くなるといわれています。しかし普段から笑顔でいると、逆に恐怖を感じてしまいます。無理にニヤニヤした表情をしていると周囲から不信がられます。コミュニケーションが大切なので喜怒哀楽を表現しなめられる事のないようにしましょう。

天性のいじられキャラだとなめられる

普通にしていても笑いを誘う人がいます。それは生まれ持った「いじられキャラ」の才能をもった人です。プライベートでは周囲を盛り上げたり、異性からモテたりする場合があります。しかし、仕事だとなめられる場合があります。なめられると何をしても怒らない人と思われ扱いがひどくなっていきます。なめられる事のない様に怒りもちゃんと表現するようにしたほうがいいでしょう。

自分の意見をハッキリと言わないとなめられる

自分の意見を言わないと相手になめられることになります。意見を言わないということは、相手の指示や意見に従ってしまうということに繋がりなめられることになります。「この人は否定してこない」「自分の意見は言わない人」と認識されてしまっている為に、どんどん相手になめられるようになります。自分の思っていることをそのまま伝えることが苦手な場合、遠回しに言ったり、首を縦に振らないなど、相手に気付いてもらう事が大切です。自己主張があまりにもない場合は、なめられることになります。

人の顔色ばかり気にしているとなめられる

人と人は形に見えるような上下関係はないですが、知らない間に見えない要素によって判断します。人の顔色ばかり気にしている人は、自分の意見を言わないだけでなく、嫌なことまで引き受けてしまったり、大変な思いをすることが多くあります。相手はそうした人が近くにいることで、嫌なこと、自分では苦手なことを、そうした人に押し付けるようになっていきます。これが続くと上下関係がハッキリしていきます。この上下関係はなかなか帰ることが難しいものです。

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング