IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「学業で力を入れたこと」の例文(履歴書/面接)・ない時の対処法

初回公開日:2017年03月13日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

こちらの記事では、履歴書に書く学業で力を入れたことや学業で力を入れたことの書き方と例文を紹介しています。学生時代に頑張ったことは、ほとんどの企業が質問してきます。学生時代に頑張ってきたことを具体的に書けるように、学生生活を大切にしてください。

例文②

例文③

例文④

【学業で力を入れたこと】 私は英語に力を入れて勉強しました。なぜなら、私はいろいろ海外事業に関わっていきネイティブの人とコミュニケーションがとりたいからです。そのためにも英語から勉強しようと思いました。忙しくても最低でも1時間は勉強しようと思い、市販の参考書を使ってライティングを中心に勉強していました。また、分からない所が出てきた時は、図書館に行って調べたり、直接英語の先生に聞きに行くようにして理解を深めていきました。その結果英語の成績がかなり上位になりました。 特にライティングを中心に頑張ったのでニガテを図書館や先生に聞きに行ったりして苦手意識を解決出来ました。また、TOEICにも興味があったので初めて挑戦したところ350点というまだまだ点数的にもかなり低くい結果がでました。これよりもっと英語を勉強しようと思い、上達することによって私は最終的にネイティブの人とコミュニケーションがとりたいと思い今後も勉強し続けたいと思います。

学業で力を入れたことがない場合の対処法

学業で力を入れたことは、必ずすごいことを書かなくてもよいのです。大学時代に頑張ってきたことを思い出してみてください。たとえいい結果ではないにしよ、テストや資格に向けて頑張った過程を具体的にかくようにしましょう。 自己PRが苦手な人は、マイナビエージェントを利用してみてはいかがでしょう。 プロのキャリアアドバイザーが、一人一人にフィットした転職活動をサポートしてくれます。自分では気づけなかった強みやアピールポイントも引き出してくれるので、一人では見つけることができなかった企業に巡り合えるチャンスです。

学業で力を入れたことでゼミや資格について話す場合

例の②~④が参考になると思います。ゼミや資格についても、結果はもちろん大事ですが、それに向けて頑張った過程を一番大切にしてください。

内定を確実に勝ち取る為に必要な"自己PR"

履歴書に記載する「学業で力を入れたこと」は見つかりましたか? ・自分に自信がない ・内定が取れない ・面接が怖い そんな就活生になのが「キャリアパーク」です。 年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 就活の悩みや不安は、一人で抱え込まずに「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング