IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

物に当たる人の特徴8コと心理|彼氏/旦那/子供への対処法

更新日:2022年06月30日

ビジネスマナー

あなたの周りに物に当たる人はいますか?まるで威嚇をするかのように大きな物音を立てる人は、周囲の顰蹙を買いますね。当事者のマイナスの感情が周囲にも伝染しますので、良いことはひとつもありません。では、物に当たる人の心理や特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

物に当たる人の心理とは

あなたの家族や友人、または会社の仲間で物に当たる人はいますか?壊れそうな勢いでドアを開け閉めされたり、とても乱暴に物を置かれたりなど、ちょっと想像してみてください。物音に敏感な人もそうでない人も、不必要物に当たり散らされたら不快を感じますよね。意図的に物に当たって大きな音を出している人は、大抵イライラしていたり怒っていたりと神経がささくれ立って余裕がない状態です。物に当たる人は、自分自身の中で怒りをコントロールできていないだけでなく、そのマイナスの感情を昇華したり、うまく発散することができないので、手っ取り早く身近にある物でストレスを解消しているわけです。 物に当たる本人はそれでスッキリするかもしれませんが、周りの人間はいい迷惑です。周囲の人は不快を感じ、新たなストレスを抱えることになります。会社の同僚や上司などは仕事の間だけの我慢…と思えるかもしれませんが、物に当たる人が家族などにいた場合は大変です。特に身内の場合どうしても甘えがありますので、いら立ちを身近な家族にぶつけがちですね。しかし下手をしたら恐怖を感じ、プライベートでも気が休まらなくなってしまいます。

物に当たる人の特徴は?

どんな人でもイライラしたりムッとしたりとマイナスの感情を持つことがあります。しかしそこで感情をうまくコントロールできる人と、安易に物に当たり散らす人がいますね。プライベートではともかく、ビジネスの場でとなるとこういった人は困りものです。人間ですのでイライラすることは仕方ないとしても、感情をコントロールして冷静に振舞うことは、ビジネススキル以前に社会人としてできて当たり前のことです。物に当たっているということは、冷静さを失っている証拠です。これでは本来持っている仕事の能力も発揮できないことになりかねません。 では、物に当たる人の特徴とは何でしょうか。あなた自身も知らず知らずのうちに周囲の人にストレスをまき散らす存在になっていないか、チェックしてみてください。

物に当たる人の特徴その①精神的な余裕がない

安易に物に当たってストレスを発散しようとする人は、もともと精神的な余裕がありません。普段から余裕がないので些細なことで冷静さを失い、不安を感じます。ちょっとしたことでプライドが傷つき、ムッとしてしまいがちなので周囲を威嚇するかのように物音を立て、ストレスを発散しようとします。また、大きな物音を立てることで周囲の人間から顰蹙を買う、ということを考える余裕もありません。一時的にスッキリしたとしても、ビジネスの場ではその人自身の評価も悪くなってしまうので悪循環です。

物に当たる人の特徴その②自分の考えを言葉にすることが苦手

物に当たる人がその場にいると、きっと周囲の人たちは「何か不満や言いたいことがあるならば直接言えばいいのに…」と思っていることでしょう。確かにその通りです。不快な音は騒音ですから、周囲の人間にもイライラが伝染します。しかし、物に当たる人はもともと言葉で自己主張することを苦手としています。感じていることを言いたいがうまく伝えられない、あるいは言葉よりも感情が先行して物に当たってしまう、というパターンが多いです。うまく言葉にできないので、物音で自己主張しているのです。しかし口論になりそうな時、言葉よりも物に当たられたら人によっては恐怖を感じてしまうかもしれません。

物に当たる人の特徴その③カッとなりやすい

物に当たる人というのは、感情が抑えられない状態になっています。気が短く、怒りに飲まれて冷静さを失ってしまうととりあえず物に当たらずにはいられないのです。理性より怒りが勝っていると、自己主張の手段を言葉ではなく物に当たるという行為になってしまいます。自分一人しかいない場合にはまだしも、同じ空間に誰かがいてそういった振る舞いをする場合、相手の人間は威嚇されているような印象を受け、恐怖や怒りなどマイナスの感情を持ってしまいます。

物に当たる人の特徴その④プライドが高い

プライドの高い人は、自分の感情をコントロールできないことがあります。例えば明らかに自分自身に非がある場合でも自分の負けを認めたくないので、相手に責任転嫁をし、場合によっては自分のプライドを傷つけようとした人間に強い怒りを覚えます。その怒りを直接相手にぶつけることが出来ない場合、物に当たるという行為をします。表立って相手を攻撃できないので、不満を感じた相手に大きな物音を聞かせ、自分の不満のアピールし、相手にストレスを与えようとしているのです。

物に当たる人の心理4つ

物に当たるひとの特徴を見てきましたが、彼らの心理はどういう状態にあるのでしょうか。一般的な人からでは、彼らの心理状態が不明ですが、下記の4つの心理が言動に反映していると考えられます。

自分の状態を人に知って欲しい 他者への威嚇のようなもの 怒りの解消をしたい 言いたい事が上手く言えないもどかしさ

物に当たる人の対処法

次のページ:彼氏や旦那が物に当たる人である場合
初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング