IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

物怖じしない人の性格の特徴5つと心理・長所と短所

ビジネスマナー

職場や仕事で新しい局面に遭遇したとき、今後のことを考えて不安が先に立つタイプの人も少なくないです。一方で、物怖じせず、どんどん行動に移すタイプの人たちが存在します。常に堂々として物怖じしない人の特徴と心理とは、どういったものかをご紹介していきます。

更新日時:

物怖じしない人とは

物怖じしない人とは

物怖じしない人は、物事にあたる前に、ネガティブな想像を巡らせて不安になったりはしません。「考えても仕方のないことは考えない」傾向が強いです。むしろその時間やエネルギーは無駄であり、もったいないと感じる人が多いです。 物事に対してポジティブで、前向きに考える癖がついている人と言えます。

そもそも「物怖じする」とは

「物怖じする」という言葉の意味は、行動を起こす前に、その行動に対して「不安を覚える」「物事に対して臆する」ということと同義に使われます。 また、人や場所に対して、自分がふさわしくないのではないかと気後れするような場合にも「物怖じする」という言葉があてはまります。

物怖じしない人の性格の特徴5つと心理

物怖じしない人の性格の特徴5つと心理

物怖じしない人の特徴に「チャレンジ精神がある」「行動力がある」「人見知りしない」「物事に動じない」「失敗しても引きずらない」が挙げられます。どれも向上心が高くめげない性格を持っています。 それでは、一つ一つの特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴1:チャレンジ精神がある

物怖じしない人の特徴の1つ目に「チャレンジ精神がある」があります。普通の人であれば、失敗は怖いものです。しかし、物怖じしない人は、失敗することを恐れない為、何度でも挑戦する精神をもっています。

特徴2:行動力がある

物怖じしない人は、あれこれ考える前に、直観に従って行動を決めるタイプが多いです。何かを思いついてから行動を起こすまでの時間が短いです。そのため、周りからは「すぐに行動を起こせる・実行力がある」人と見られます。

特徴3:人見知りしない

物怖じしない人は、考えても結論が出ないことについては思いわずらうことをせず、とりあえず行動に移します。そのため、初対面の人に対してもどんどん話しかけて、積極的にコミュニケーションをはかれる人が多いです。

特徴4:物事に動じない

物怖じしない人は、どんなことが起きても冷静に判断し動じない性格を持っています。普通の人であれば、慌てふためき混乱してしまうことも、物怖じしない人は、慌ててもどうにもならないことを知っています。 そのため、冷静に物事を判断し行動移せる人と言えます。

特徴5:失敗しても引きずらない

普通の人であれば、失敗した際にはネガティブになったり、くよくよしてしまいがちですが、物怖じしない人は、失敗しても引きずらず、持前のポジティブ精神で、前向きに捉え次に発展していく傾向にあります。 そのため、楽観的な性格とも言えるでしょう。

物怖じしない性格の人と仕事をすると、経験がとても豊富になってきます。普通の会社上司であれば、失敗した際に怒鳴られたりと理不尽な目にあうこともありますが、物怖じしない人と仕事をすると、ネガティブな考え方からポジティブな考えと誘導してくれます。 そのため、色々な経験を積ませてもらうことが出来ます。今の仕事場の上司に不満があるなら転職することで、新しい環境とスキルを見つける可能性も出てきます。

物怖じしない性格の長所と短所

物怖じしない人の特徴と性格を見てきましたが、それでは、長所と短所となる部分はどこにあるのでしょうか。長所と短所を知ることで、社会生活に活用することが出来ます。 それでは、長所になる部分と短所になる部分をご紹介していきます。

物怖じしない人の長所

物怖じしない人の長所には「経験が豊富になる」「人脈を築ける」「スキルアップが速い」などが挙げられます。どれもリーダーシップを持つ人の特徴でもあります。 それでは、詳しく見ていきましょう。

長所1:経験が豊富になる

巡ってきた機会は逃さず、どんどん新しい環境に飛び込んでいくので、自然と経験が積み重なり、慎重派の人より経験豊富になることが多いです。経験豊富になることで、さらに自信を深めることにも繋がります。

長所2:人脈を築ける

人見知りせず、物怖じしないので、人と仲良くなるのが早く、行く先で友人関係が広がっていくのも物怖じしない人の特徴です。立場が上の人であっても、好奇心旺盛に話しかけたりするので、思わぬ人からバックアップを受けるようなこともあります。

長所3:スキルアップが速い

失敗を恐れないので、仕事のスキルにしても、対人スキルにしても、上達するのが速いです。逆に物怖じするタイプの人は、失敗を恐れて実地経験が少なくなりがちなので、いつの間にか差をつけられていた、ということもあります。

物怖じしない人の短所

物怖じしない人の長所を見てきましたが、では、短所となる部分はどこなのでしょうか。短所となる部分には「空気を読まないこともある」「生意気と思われがち」「無鉄砲となることもある」などが挙げられます。 ポジティブな性格な為、周りをあまり見ていなく猪突猛進的な思考でもあります。それでは、短所となる部分を詳しく見ていきましょう。

短所1:空気を読まないことも

物怖じしない人は、周りの意見を聞き入れるよりも先に、自分の意見を述べる傾向にある為、人が話している最中であっても、話をさえぎってくることもあります。そのため、空気が読めない人とも思われてしまいがちです。

短所2:生意気と思われがち

物怖じしない、堂々とした態度は、時として目上の人から「生意気」という評価を受けます。おどおどして物慣れない様子を、可愛げがあると好もしく思う層は一定数います。そうした相手には、それなりに気を遣って、余計な衝突を避ける努力も必要です。

短所3:無鉄砲となることもある

物怖じしない人は、物事にぶつかっていく勇気がある反面、慎重さを欠き失敗に終わる可能性も秘めています。不安は感じなくても、心配性の友達のアドバイスを受け入れる事も、ときには必要です。

物怖じしない性格を生かそう

物怖じしない性格の特徴と長所と短所をご紹介してきました。仕事においては、物怖じせずに飛び込むことが成果に繋がることも多いです。一方で、心配性な人は万一のトラブルを予測して、準備を万端に整えるという長所もあります。 自分と違うタイプであっても、お互いの考え方を理解し、足りない部分を補いあうことで、長所となる部分を最大限発揮することが出来ます。

物怖じしないことが成果に繋がることも多い!

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング