IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

物怖じしない人の性格の特徴5つと心理・長所と短所

更新日:2020年05月13日

ビジネスマナー

職場や仕事で新しい局面に遭遇したとき、今後のことを考えて不安が先に立つタイプの人も少なくないです。一方で、物怖じせず、どんどん行動に移すタイプの人たちが存在します。常に堂々として物怖じしない人の特徴と心理とは、どういったものかをご紹介していきます。

物怖じしない人とは

物怖じしない人は、物事にあたる前に、ネガティブな想像を巡らせて不安になったりはしません。「考えても仕方のないことは考えない」傾向が強いです。むしろその時間やエネルギーは無駄であり、もったいないと感じる人が多いです。 物事に対してポジティブで、前向きに考える癖がついている人と言えます。

そもそも「物怖じする」とは

「物怖じする」という言葉の意味は、行動を起こす前に、その行動に対して「不安を覚える」「物事に対して臆する」ということと同義に使われます。 また、人や場所に対して、自分がふさわしくないのではないかと気後れするような場合にも「物怖じする」という言葉があてはまります。

物怖じしない人の性格の特徴4つと心理

物怖じしない人の特徴に「チャレンジ精神がある」「行動力がある」「人見知りしない」「物事に動じない」「失敗しても引きずらない」が挙げられます。どれも向上心が高くめげない性格を持っています。 それでは、一つ一つの特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴1:チャレンジ精神がある

物怖じしない人の特徴の1つ目に「チャレンジ精神がある」があります。普通の人であれば、失敗は怖いものです。しかし、物怖じしない人は、失敗することを恐れない為、何度でも挑戦する精神をもっています。

特徴2:行動力がある

物怖じしない人は、あれこれ考える前に、直観に従って行動を決めるタイプが多いです。何かを思いついてから行動を起こすまでの時間が短いです。そのため、周りからは「すぐに行動を起こせる・実行力がある」人と見られます。

特徴3:人見知りしない

物怖じしない人は、考えても結論が出ないことについては思いわずらうことをせず、とりあえず行動に移します。そのため、初対面の人に対してもどんどん話しかけて、積極的にコミュニケーションをはかれる人が多いです。

特徴4:失敗しても引きずらない

普通の人であれば、失敗した際にはネガティブになったり、くよくよしてしまいがちですが、物怖じしない人は、失敗しても引きずらず、持前のポジティブ精神で、前向きに捉え次に発展していく傾向にあります。 そのため、楽観的な性格とも言えるでしょう。

物怖じしない性格の長所と短所

初回公開日:2017年03月06日

記載されている内容は2017年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング