IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

臨床心理士の試験内容と問題例・面接対策|合格率は低い?

初回公開日:2017年02月28日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2017年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

臨床心理士という職業を聞いたことがありますか?臨床心理士はスクールカウンセラーのように心のケアをする職業です。臨床心理士の試験はむずかしく、しっかりと参考書を買って取り組まなくてはいけません。試験対策や面接対策も記事にありますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

臨床心理士の受験資格

臨床心理士になるには、日本臨床心理士資格認定協会の試験に合格することが必須要件となります。ただし資格試験を受けるためには臨床心理士養成に関する受験資格のある指定大学院または専門職大学院を修了していなければなりません。

主な受験資格

●指定大学院(1種・2種)を修了(所定の条件を満たしている者) ●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者 ●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者 ●医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者   など誰でも受験できるわけではありません。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

臨床心理士の試験内容

一次試験(筆記)と二次試験(面接)があります。一次試験は、100題のマークシートによる ・「多肢選択方式試験」(2時間30分) ・定められた字数の範囲内で論述する「論文記述試験」(1時間30分) の2種類を、1日ですべてを実施します。

臨床心理士 試験問題例

一次試験の、100題のマークシートによる問題「多肢選択方式試験」は、臨床心理士として最低限理解しなければならない専門基礎知識が中心です。 ○心理学の基礎的設問 ○臨床心理士の基本業務(4種) ・臨床心理査定 (面接や観察、検査などによるクライエントの包括的な理解) ・臨床心理面接 (心理療法を用いた援助) ・臨床心理的地域援助 (地域や社会に対するアプローチ(コミュニティ心理学の視点)) ・それらの研究調査 (臨床活動をするだけでなく、その根拠となる研究活動) ・臨床心理士に関する倫理 ・臨床心理士に関する法律等基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問 も出題されます。

臨床心理士 試験対策 多肢選択方式試験ポイント

一次試験の「多肢選択方式試験」では、臨床実践において身についた経験と総合的な知識が身についているかが問われます。専門知識の単語などの暗記力や試験対策だけの知識や技術だけを勉強するだけではなく、実際に実習などで行った臨床実践体験に照らしながら生きたものとして学ぶように、常日頃から心掛けることが大切です。

臨床心理士の一次試験対策 論文記述試験 

一次試験には多肢選択方式試験と論文記述試験の2種類ありますが、そのうちの論文記述試験は、「心理臨床に関する1題のテーマ」について、所定の解答用紙に(1,001字以上1,200字以内)の範囲内で論述記載します。

簡潔で論理的に内容を表現することと、厳密に求められた字数制限内(1,001字以上1,200字以内)で内容をまとめることが大切です。

臨床心理士試験対策 過去問

新・臨床心理士になるために

財団法人 臨床心理士資格認定協会 監修/誠信書房

臨床心理士資格試験問題集

財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 監修/誠信書房

臨床心理士試験対策 役に立つ参考書

事例で学ぶアセスメントとマネジメント―こころを考える臨床実践

ケース問題にも対応。事例を元に書かれているので分かりやすい。精神分析の考え方が基本。

臨床心理アセスメント入門―臨床心理学は、どのように問題を把握するのか

上と同じく、事例を元に書かれていて分かりやすいです。認知行動療法、コミュニティ・アプローチの考え方が基本。大学院試験の論述対策にも◎

心理査定実践ハンドブック

心理テストについてまとめられています。特に、質問紙法については、受験生が知っておかなければならない検査法については網羅的に載っています。

投映法研究の基礎講座

投影法のロールシャッハ・テスト、描画法、TAT、PFスタディ、SCTについて個別に詳しい解説が載っています。

よくわかる臨床心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

大学院入試、受験生必携の一冊。見開き1ページで、各障害の症状から介入方法・研究方法まで載っています。

臨床心理学キーワード (有斐閣双書―KEYWORD SERIES)

上のよくわかる臨床心理学をひと通り読んでから合わせて読みたい一冊です。上記の参考書とは少し異なった視点のため、知識が偏ることなく勉強することができる。

コミュニティ心理学とコンサルテーション・リエゾン―地域臨床・教育・研修 (臨床心理学)

コンサルテーションの必要性を語っています。社会の中に見た臨床心理士の役割を、具体的に述べていてます。

よくわかるコミュニティ心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

社会学と心理学のつながり、法律学と心理学とのつながりなど、他分野と臨床心理学という分野がどのように繋がっているのかなどが分かりやすく書かれています。

臨床心理学〈6〉社会臨床心理学

病院における臨床心理学や、産業における臨床心理学など、現場の中にある臨床心理学について分かりやすく書かれた一冊です。

臨床心理士試験対策 「赤本」の前半をよく読む

勉強する心構えとして、「赤本」の前半に記載されている・I臨床心理士に求められるもの・II専門教育、資格試験、専門業務を読んでおく。暗記は必須ですが、試験対策の見直しの基本として臨床心理士の専門性や資格資質、姿勢倫理感、専門業務、活躍像など一通り目を通しておきましょう。

とにかく過去問を解く。臨床心理士試験対策には「青本」を使用

これまでどのような問題が出題されているか傾向を知ることはとても勉強になります。ただし、青本の中で公表されている問題は3分1であることに注意が必要です。

臨床心理士を目指してみませんか?

臨床心理士は心が傷ついた人を癒してあげれるためとてもやりがいのある仕事です。勉強する内容も多く簡単に取れる資格ではありませんがぜひ資格の所得を考えてみませんか?

関連タグ

アクセスランキング