IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

焦りやすい人の性格や特徴・焦りや不安対策/解消方法

初回公開日:2017年02月07日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

予想外の出来事に直面すると、焦りを感じたりパニックに陥ったりする方もいらっしゃると思います。このページでは、「焦り」をテーマに、焦りやすい人の特徴や、焦った時の対策方法などをご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

焦りやすい人とはどんな人?焦ってしまった時の対策方法や解消法

焦りやすい人とはどんな人?焦ってしまった時の対策方法や解消法
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

どんな人でも、予想外の出来事や突然のトラブルが起これば、焦ってしまうと思います。 焦りを感じない人というのは、存在しないと言っても過言ではないでしょう。 しかし、焦りやすい人が存在しているのもまた、事実。 焦りやすい人は、些細なことで焦ったりパニックになったりしてしまいやすいので、あまりにも焦りやすい性格というのは、なかなか面倒なものかもしれませんね。 そこで今回は、「焦り」に注目して、焦りやすい人の特徴や、焦った時の対策方法などをご紹介していきます。 今、焦っている方や焦りやすいと自覚している方は勿論、そうでない方も、ぜひチェックしてみて下さいね。いざと言う時に役立つかもしれませんよ!

焦りやすい人の性格や特徴

それでは早速、どのような人が「焦りやすい人」なのか、性格や特徴をご紹介していきたいと思います。 とはいえ、以下でご紹介する特徴などに当てはまったからと言って、絶対に「焦りやすい人」というわけではありません。 ご紹介する項目などに当てはまった場合は、「焦りやすい傾向がある」という程度にとらえて、行動や振る舞い方の参考にしてみて下さいね。

焦りやすい人の特徴【1】:準備不足

焦りやすい人の特徴として、「準備不足」「見通しが甘い」といった点が挙げられます。 冒頭でもご紹介したように、人は予想外の出来事などに直面すると、焦ってしまいがちだと考えられます。 反対に、予想ができていたり、既に対策できていたりすることであれば、トラブルや問題に直面しても、焦ったりパニックになったりせずに済むかもしれません。 焦りやすい人には、常に準備不足になりがちだったり、楽観的に物事を捉え過ぎて見通しが甘かったりといった傾向があると言われています。 準備をしていなかったり、見通しが甘かったりした為に、トラブルなどが起こった際、「予想外の出来事」になってしまい、焦ってしまうというわけですね。

焦りやすい人の特徴【2】:こだわりが強い

また、焦りやすい人は、強いこだわりを持っていたり、視野が狭かったりするとも言われています。 自分のこだわりを持つことは、決して悪いことではありません。 しかし、そのこだわりが強過ぎると、「何としてもこうしなければ」「こうでなければならない」といった思考に陥りやすく、視野も狭くなりがちです。 更に、こだわりを貫けなかったり、上手くいかなかったりすると、「〇〇ができなかった、どうしよう」「こんなはずでは…」と、状況や現実に対処できず、焦ってしまうというわけです。

焦りやすい人の特徴【3】:自分を過小評価している

焦りやすい人の中には、自分を信頼できていない方や、本当は素晴らしい能力の持ち主なのに、自分のことを過小評価してしまっている人もいるようです。 自信に満ちている人の場合、多少のトラブルなどに直面しても、「何とかできるだろう」「自分なら切り抜けられる」といったポジティブな気持ちで、問題やトラブルに対応できることが多いでしょう。 一方で自分を過小評価している人がトラブルなどに遭遇すると、「自分なんかで解決できるだろうか」「自分がダメだから、トラブルが起こったんだ」といった、ネガティブな思考に陥り、焦ったり落ち込んだりしてしまいがち。 まずは、「自分なんか」といった、自分を過小評価する思考を変えていくことが大切です。

焦ったら実行!焦り対策法マニュアル

焦ったら実行!焦り対策法マニュアル
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

焦りやすい人の特徴や性格、心理などは上記でご紹介しましたが、分かっていても焦ってしまう時は反射的に焦るものですよね。 では、焦ってしまったり、パニックに陥ってしまったりした時は、どのようにすれば良いのでしょうか? 続いては、急なトラブルなどで、強い焦りやパニックを感じてしまった時の、対策方法をご紹介していきます。

焦り対策法【1】:「完璧」を目指さない

納期や提出期間などが近付いてきた時、思うように仕事が進んでいなかったりすると、焦りが出てしまう方も多いと思います。 そのような場合は、仕事の出来や完成度に対する理想や目標を、「大体でも良い」と思うようにしましょう。 勿論、業務として通用するレベルは維持しなければなりません。 しかし、あまりにも目標やゴールを高く設定してしまうと、「どうしても完成させなければ!」「こんなのではまだまだダメだ」と強い焦りを感じ、パニックになってしまう可能性も。 上記のように、完成度の高さを追究することで自分を追いつめてしまうような状況を作らないようにするには、目標やゴールを少し甘めに設定してみることをおすすめします。

焦り対策法【2】:先のことを考えすぎない

そもそも焦るような状況に追い込まれないよう、あらかじめ準備をしたり見通しを立てたりする場合は、先のことまでしっかり考えることが大切。 しかし、強い焦りを感じたり、トラブルなどの対応で不安を覚えたりしている時は、先のことまで考えすぎないようにすることをおすすめします。 焦っている時などに先のことを考えてしまうと、イライラしたりネガティブになったりしがち。起こるかどうかわからない先のことにも不安を覚えたり、必要以上に心配してしまったりする可能性があります。 強い焦りを感じている時は、今やっている作業や業務にだけ、集中するようにしましょう。 作業や業務に集中することで、一旦焦りを忘れることができるかもしれません。 今後のことは、後になってから冷静に考えた方が、ベストな選択ができる可能性が高いでしょう。

焦りが不安に…。不安になってしまった時の対処法

関連タグ

アクセスランキング