IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事での嫌なことを忘れる方法|ミス/人間関係/不安/悩みなど

初回公開日:2017年01月31日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事

仕事では嫌なこともたくさん起きますが、忘れる方法を知らなければストレスが溜まってしまいますよね。自分なりに嫌なことを上手く対処しなければ、仕事どころではなくなります。仕事で嫌なことが起きた時に、上手く忘れる方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

嫌なことを忘れる方法は人によって違う!

誰にでも仕事をしていれば嫌なことはあります。仕事の嫌なことを忘れたいと思っても、なかなか忘れられないのでつらいですよね。嫌なことを忘れたいと思っても、忘れた方が良いことと忘れない方が良いこともあります。嫌なことを乗り越えることで、喜びや楽しさも倍増するものです。嫌なことを忘れたいと思ったら、自分に合った方法を見つけ出すことが大切です。人のマネをしても結局は自分が忘れられたかどうかなので、自分に合った方法をいろいろと試してみましょう。

仕事での嫌なことを忘れる方法について

仕事をしているとどうしても嫌なことが起きることもありますが、忘れる方法はあるのでしょうか。なかなか仕事の嫌なことを忘れることができずに、ストレスばかり溜まってしまうケースもあります。仕事の嫌なことを忘れる方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ミスをした時の対処法

仕事でミスをした時の嫌なことを忘れたいと思ったら、2つの事を考えてみましょう。1つ目は仕事のミスは決して忘れてはいけないということです。仕事でミスをしたので嫌だと思ってしまいますが、ミスをしたことを忘れてしまっては自分のスキルアップには繋がりません。仕事でミスをして嫌だと思ったことを忘れようとすると、ミスをしたこと自体も忘れてしまうからです。ミスは挽回する物であって、決して忘れて無かったことにはしてはいけません。ミスをした時にはしっかりと受け止めて、次にミスをしないように努力することが大切です。 2つ目はミスをした時の嫌な気持ちをバネにして、自分のスキルアップに繋げることです。仕事では誰でもミスをすることがありますが、ミスをした時にそのミスの原因を考えて、次にミスをしない様に対策を立てることが大切です。ミスをしたらすぐに忘れたいと思うものですが、忘れずにしっかりと対策を立てることで、次に同じような状況になった時にミスをしなくなります。自分が一度ミスをした状況を乗る超えることができれば、自然とミスをした時の記憶は薄れていくでしょう。ミスをしたら逃げ出して忘れるのではなく、ミスを乗り超えるように立ち向かってミスしたことを忘れるようにしましょう。

人間関係が嫌になった時

人間関係が嫌になった時に忘れる方法は、できるだけ近づかないことです。仕事で近づくなといっても難しいですが、嫌な人がいるとどうしても顔や態度に出てしまうもの。その態度は相手に伝わってしまうので、余計人間関係が崩れてしう可能性があります。できるだけ顔を合わせないようにすることで、嫌な人とも何とか付き合うことができます。 近くにいる人ほど好感を持ちやすいものですが、逆に負のイメージがあると余計に嫌いになってしまいます。好きだという態度と同様に、嫌いだという態度も顔や仕草に出てしまうので、人間関係が嫌になったらできるだけ嫌な人から離れることが大切です。人間関係はなかなか改善することは難しいもの。自分の気持ちはすぐにでも変えられますが、人の気持ちを変えるのは難しいからです。嫌なことでも時間が解決することもあるので、離れるほど嫌だという感情が弱くなっていくので、だんだんと人間関係で嫌だったことを忘れることができます。

仕事の不安が大きい時

仕事には不安が付き物ですが不安な気持ちを忘れる方法は、自分が不安にならないようにするまで努力するしかありません。誰でも不安になることでも、それを乗り越えるだけの努力は必要です。何もしないで不安だとばかり思っていては、不安が的中してしまうだけでしょう。不安な気持ちを忘れる方法は自分が不安にならないまで頑張り続けることなので、自分のスキルを磨く必要があります。 どんな仕事でも初めは不安になりますし、不安を感じるからこそ程よい緊張感を保つこともできます。不安がなければ馴れ合いで仕事をしてしまい、結果としていつか失敗をしてしまうでしょう。不安があるからこそ不安を払拭するために頑張れるので、不安を忘れる方法としてとにかく頑張るしかありません。

仕事での悩みがある時

仕事での不安を忘れる方法は、自分の力をつけることです。経験によって徐々にスキルアップしていきますが、人によって力の付き具合やスピードは違います。仕事の悩みを忘れる方法は唯一自分自身の力をつけるしかありません。仕事ではいろいろな壁が立ちはだかりますが、それを毎回何とかクリアすることによって、仕事で結果を出すことができます。仕事をする前は毎回不安に押しつぶされそうになりますが、自分の力を信じて乗り越えていくしかありません。誰にも頼れないので自分がスキルアップして、毎回仕事の悩みを解決しなければならないので、忘れる方法としてはスキルアップをして乗り越えていきましょう。

嫌なことを忘れる時に参考になる本

「イヤなことがなかなか忘れられない人のための本ー上手な気持ちの切り替え方」という本が単行本で出版されています。くよくよしない性格の人でも、嫌なことがあるとつい考え込んでしまうもの。さらに気持ちの整理がつかないとイライラしてしまうこともありますよね。結局は時間が解決してくれたり、自分なりに気分転換をして自分流の忘れる方法を駆使して、何とかストレスを発散してることが多いでしょう。この本を読むと少しずつ元気が出るような内容になっているので、嫌なことを忘れたいと思っている人にはおすすめです。 ただしこの本を読んでも自分とは違った考え方に共感することによって、嫌だと思ったことがスーッと頭の中から消えていくようになります。あくまでも一時的なので、根本的な解決には向きません。嫌なことを解決するのは自分自身の力で何とかするしかありませんが、この本を参考にして嫌な気持ちを落ち着かせるために読んでください。

嫌なことを忘れられる人と忘れられない人の違い

人によって考え方は千差万別ありますが、嫌なことを忘れられる人と忘れられない人の違いには、どのような違いがあるのでしょうか。特別に嫌なことを忘れる方法を駆使している訳ではないのに、どこに違いがあるのでしょうか。

受け入れることができるか

嫌なことを忘れられる人の特徴としては、嫌なことをしっかりと受け入れられることです。嫌なことを忘れる方法というよりも、嫌なこととしっかりと向き合っているのです。誰でも良いこともあれば嫌なこともあると考えていれば、たまには嫌なことがあるのも仕方がないと考えられます。常に嫌なことが起きた時に、忘れる方法をいろいろと試そうとしても、なかなか忘れられるものではありません。 嫌なことが起きたらしっかりと受け入れて、嫌なことが起きた時に自分が何ができるのかを判断します。自分ではどうすることもできなければ、考えていてもしょうがないので、考えないようにします。自分の努力や頑張りで何とかできることならば、必死で嫌なことに向き合います。そうすることで嫌なことでも自分で何とかできるという自信がつきます。自分に自信がつけば嫌なことが起きても、それほど嫌だとは感じることがなくなるので、すぐに対処するか気にしないで忘れてしまうでしょう。嫌なことを忘れられない人はいつまでも嫌なことだけを考えてしまうので、ずっと忘れならなくなってしまうのです。

ポジティブに考えられるか

嫌なことを忘れられる人は常にポジティブに物事を考えられる人です。ポジティブな思考は嫌なことを忘れる方法としても有効ですし、何より嫌なことを嫌だとは思わなくなっていきます。ポジティブに考えることによって、自然と嫌なことを忘れる方法を実践しているのと同じになります。嫌なことが忘れられない人は、ネガティブ思考になりやすいので、考え方の違いによって大きく差が出てしまいます。

嫌なことを忘れる方法はあまり考えないこと

嫌なことを忘れる方法はとにかくポジティブに考えたり、嫌だと思わないくらいに自分がスキルアップすればいいのです。簡単にできるのは前者のポジティブに考えることですが、なるべく嫌なことは考えないようにすれば、時間が解決してくれることもあるので、考えすぎないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング