IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

異動する上司に送るメッセージの例文・親しくない上司の場合の例文

更新日:2020年05月28日

ビジネスマナー

上司の異動が決まった場合、その上司が所属する部署等から、異動のメッセージを送る事が多いでしょう。どのような異動のメッセージを送ればいいのか悩む人もいるはずです。そこで、上司が移動する際に送ると最適なメッセージの例文や、尊敬の気持ちが伝わる文例をご紹介します。

上司が異動する際に送るメッセージの例文

スタンダードなメッセージ例

○○課長(上司の苗字・役職名) ○○(異動先会社名・部署名)へのご栄転をお喜び申し上げます。 入社時より、私のような本当に至らない所ばかりの部下をご指導頂き、○○課長には大変感謝しております。 ○○課長には、いつも苦労ばかりをお掛けしておりました。 思い出しては、○○課長に申し訳ないと感じる気持ちで一杯になります。 ○○課長が私に教えてくださった事をいつまでも忘れず、努力を続けていきます。 ○○課長の今後のご健康とご活躍を、心からお祈りしています。 本当にありがとうございました。

異動する上司に尊敬を伝える文例

迷惑をかけた上司へのメッセージ例

○○課長(上司の苗字・役職名) ○年間、大変お世話になりました、有難うございました。 なかなか業務を覚える事ができない、至らない所ばかりの私は、○○課長にいつも苦労ばかりをお掛けしておりました。 それでも○○課長は粘り強くご指導くださり、本当に感謝しています。 ○○課長のご指導があったからこそ、私も成長する事ができました。 どうかお身体に気をつけて、ご活躍されますようお祈り申し上げます。

仲の良かった上司へのメッセージ例

○○課長(上司の苗字・役職名)、○○(異動先会社名・部署名)へのご栄転、おめでとうございます。 ○○課長がいてくださったおかげで、○○課(所属部署名)はいつも笑顔でいっぱいの、楽しい職場でした。 ○○課長は私達の笑顔、元気、やる気の源です。 私はいつも、○○課長の背中を見ながら仕事をしていました。 目標である○○課長のような立派な人間になれるよう、○○課長の教えてくださった事を忘れず、業務に励みたいと思います。 今まで本当に有難うございました。

親しくない上司に異動メッセージを送る際の注意

話を盛らない

親しくない上司への異動のメッセージは、一体どのような言葉を送ればいいのか悩む事でしょう。 良いメッセージを思いつかないからといって、そこで話を盛ってしまうのはいけません。 その異動メッセージを受け取った上司も、「この部下とはそこまで親しくなかったはず」だと不審に思ってしまうからです。 なるべく自然な異動を祝うメッセージになるように、当たり障りのない内容をおすすめします。

感謝と活躍を願う言葉は必須

親しくない上司への異動のメッセージで、入れておくべき言葉があります。 それは、「感謝と活躍を願う言葉」です。 感謝の言葉は「今までご指導いただきありがとうございました」とシンプルな内容でもいいのです。 この一言があるのとないのとでは、異動のメッセージの印象もまた変わってきます。 活躍を願う言葉は、例えば「今後のご活躍をお祈りします」という一言でも良いでしょう。 「貴方(上司)の新天地での活躍を願っていますよ」という気持ちが伝わる言葉があれば、丁寧なメッセージになります。 この感謝と活躍を願う言葉が入っているメッセージであれば、親しくない上司も「貰って嬉しい」と思える内容となるでしょう。

NGワードに要注意

異動のメッセージを書く際に、気を付けておきたいNGワードがあります。 例えば「落ちる」、「倒れる」、「失う」、「燃える」です。 結婚式のメッセージで「帰る」や「去る」といった言葉は縁起が悪いから避けられると言いますよね。 異動のメッセージでも同じように、「栄転というめでたい出来事に縁起の悪い言葉は使わない」と暗黙のルールがあるのです。

メッセージの内容に「落ち込んだ私を慰めてくださって」と書く事があるかもしれません。 ここは「悩んでいた私を慰めてくださって」としましょう。 「仕事で失敗をした時に」と書く事もあるでしょう。 そんな時には「仕事で至らない事ばかりの私を」と書き換えます。 親しくない上司への異動のメッセージであれば尚更、NGワードを避けた内容にする事を徹底しましょう。

初回公開日:2017年01月19日

記載されている内容は2017年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング