IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【説明会】不快を与えないキャンセルメールの書き方と例文

更新日:2022年11月21日

メール・手紙

連絡をせずに所謂「ドタキャン」をするのはマナー違反であり、今後その企業で採用選考を続けるのが難しくなる程の、失礼な行為です。一方で、正しいマナーで連絡を入れて欠席するのであれば、その後の選考にも参加できます。今回は、説明会をキャンセルする際の正しいメールの書き方、例文についてご紹介していきます。

説明会のキャンセル連絡はなるべくすぐに

以上、説明会をキャンセルする際のメールの書き方について見てきました。基本的な書き方は、一般のビジネスメールとほとんど同じです。件名・宛名・氏名・本文・署名を記載していれば、マナー的には問題なく、失礼だと思われて選考に参加できなくなることはありません。また、すでに上記しましたが、内容と同じくらい重要なのが、メールを送る時間帯です。せっかくメールを送っても、見てもらえなければ意味がありません。前日の夜遅くなどは失礼な時間帯である上、メールを確実に確認できるかわからないので、出来る限り営業時間内に送りましょう。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

説明会をキャンセルする場合など、就活のことで悩んでいることがあれば「キャリアパーク」を利用してみましょう!たった1分でエントリーでき、経験豊富なキャリアアドバイザーから就活に関するアドバイスをもらうことができるでしょう。 また、エントリーシートの添削や企業ごとの面接対策も行ってくれて、綿密なフィードバックを貰えるので、エントリーシートの書き方や趣味特技の伝え方、面接時に気をつけるべき点を把握することができます。 説明会や面接が不安に感じている方は、一人で抱え込まず、「キャリアパーク」に気軽に相談してみましょう。

就職エージェント別に評判を知りたいなら、以下の記事を見てみましょう。就職エージェントは全て無料で就職活動をサポートしてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。

初回公開日:2016年10月27日

記載されている内容は2016年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング