IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

言い訳とは・言い訳と理由の違い・言い訳をする人の特徴5つ

言葉の意味

理由を説明しているのに上司から言い訳をするなと怒られた経験はありませんか。理由を話しているのになぜか言い訳として受け止められてしまう人っています。それは説明の仕方が悪いのかもしれません。今回はそんな理由と言い訳についての説明をしていきます。

更新日時:

「言い訳」の意味

「言い訳」の意味には「そうせざるえなかった事情」「了解を求める事」「弁明」「物事の道筋を説明する事」などがあります。一般的に「責任逃れ」をする人に対して使われる言葉になります。

「理由」の意味

「理由」の意味には「物事がそうなった道筋」「そうなった事情」「そうなった経緯の説明」などがあります。一般的には「事情を聞かれた際に事細かく説明する」ことを「理由」と使います。

「言い訳」と「理由」の違い

「言い訳」と「理由」の違いとは、どういったことなのでしょうか。「ニュアンスの違い」「誤魔化しを正当化」「弁明」などの違いが出てきます。 それでは、一つ一つの違いを詳しく見ていきましょう。

「言い訳」と「理由」のニュアンスの違い

「言い訳」と「理由」の意味合いは同じですが、使い方やニュアンスの違いが出てきます。例えば、なんらかの失敗をした際に、言い訳をすることを、「責任逃れ」として捉えられます。 一方、なんらかの失敗をした際に、事細かく説明し「責任を認める」ことを、理由と言う形で捉えます。

「言い訳」は誤魔化しや正当化

「言い訳」は、自分のミスの誤魔化し正当化する目的で使われます。潔く自分のしたミスを認めた方が良いのですが、自分が周りから非難を浴びるのが怖いので、言い訳をして自分を正当化したり他人の責任を負わせたりします。

「理由」は自らの責任を認めた上での弁明

「理由」は自分のミスを認め、ミスを包み隠さず全てを報告するために使われます。言い訳に比べ潔く、自身が自ら周りからの非難を浴びる事を覚悟していますので、覚悟の違いがあります。

「言い訳」と「理由」の使い方の違い

「言い訳」と「理由」には、ニュアンス以外にも使い方の違いもあります。自分自身から説明していくことを「言い訳」相手から聞かれた上で説明することを「理由」と言います。 それでは、もう少し使い方の違いについて説明していきます。

自発的に説明し始めたら「言い訳」

「言い訳」は、相手の言葉を待たずに自ら話し説明することにあります。自身に非があることを自覚している為、相手よりも早く言葉が出てしまい「責任逃れ」のために言い訳を言います。

相手に聞かれた上での説明は「理由」

「言い訳」と違い「理由」は、自ら話したり説明したりせず、相手から聞かれ問われた事に対して、事細かく説明し納得してもらうことにあり、「責任を認める」ことでもあります。

「言い訳」と「理由」では潔さが違う

「言い訳」と「理由」は、一見すると同じ意味やニュアンスに足らわれがちですが、決定的に違うのは、「潔さ」だと言えます。前述で述べたように「責任を認める」ことは、言い訳とちがい潔く非を認めることが出来るからです。

仕事で失敗はつきものです。しかし、失敗にたいして言い訳や責任転換する人と働いたとしても、自分の為にならず、働くことの生きがいまでも失ってしまいます。 そうならない為にも、自分にあった職場環境で働き、生きがいを見つけてみてはいかがでしょうか。

言い訳をする人の特徴5つ

言い訳をする人には「自己正当化をしたい」「人から嫌われたくない」「立場が悪くなるのが怖い」「評価が下がることを気にする」「怒られるのが怖い」などの特徴が挙げられます。 それでは、一つ一つの特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴1:自己正当化をしたい

言い訳をする人の特徴の1つ目は「自分を正当化したい人」です。言い訳と理由の説明でもしたように、言い訳とは自分がしたミスを誤魔化し正当化したいから行うものです。 自分は悪くないからと言い、時には自分以外の誰かを盾にして、自分への非難を逃れようとします。このように言い訳をする人は自己正当化のために言い訳をします。

特徴2:人から嫌われたくない

言い訳をする人の特徴の2つ目は「人から嫌われたくない人」です。周りの評価を気にするあまり、自分は何も悪くない、悪いのはあいつだからと言い訳を使います。 こういう人は人からの評価を気にする人が多いです。自分は常に誰からも好かれていたい、誰からも嫌われたくないと思っている人です。

特徴3:立場が悪くなるのが怖い

言い訳をする人の特徴3つ目は「立場が悪くなるのが怖い」です。ミスを認めてしまうと、認めた瞬間から自分の立場が悪くなるので、それを認めないためにあれこれ言い訳をして、ひたすらに言い訳をする人を言います。 自分は悪くない、あれは自分はしていない、などと言い訳をしても見苦しいだけです。言い訳をすればするほどに自分の立場が悪くなるのを分かっていない人です。

特徴4:評価が下がることを気にする

言い訳をする人の特徴4つ目は「評価を下げることを気にする」です。ミスした事を認めてしまうと、いままで築いてきた評価が一気に下がってしまう事を気にしているため、言い訳をする事で自分の評価が下がらないように弁解しています。 結局どんなに弁解しても、言い訳をすればするほどに周りからの評価は下がります。

特徴5:怒られるのが怖い

言い訳する人の特徴5つ目は「怒られるのが怖い」です。言い訳をすればするほど叱られてしまうと思ってしまい、自分を正当化したい気持ちが、先に出すぎるあまりに余計に上司を怒らせてしまいます。

「言い訳」をすることは逆効果

ミスをして、どんな正当な言い訳や理由を並べてもミスしてしまった事には変わりません。大事なのは、ミスをしてしまった事をきちんと認め、謝罪し誠意を示すことが大事です。 やってしまった失敗は反省し、これからの仕事で取り返せば大丈夫です。言い訳をせずに、きちんとした理由を述べていくようにしましょう。

ミスしたときの上手な理由の伝え方

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング