IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「丁重にお断りする」の意味とは? 使い方と例文をあわせて紹介

更新日:2022年10月11日

言葉の意味・例文

「丁重にお断りする」は仕事をしていると時々耳にすることがあるでしょう。しかし、いざ使う場面になると悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。この記事では、「丁重にお断りする」について丁寧に解説しています。ぜひ使い方を覚えてあなたの実生活にお役立てください。

「『丁重にお断りする』ってどういう意味?」 「『丁重にお断りする』をちゃんと使えているかな?」 「『丁重にお断りする』の言い換え表現は何があるんだろう」 このような疑問を持っていませんか。「丁重にお断りする」という表現はビジネスシーンで聞くことはあっても、どのような意味なのか分かる方は少ないのではないでしょうか。 この記事では「丁重にお断りする」という表現の意味をはじめ、読み方、使い方、注意点、言い換え表現など、あらゆることについて詳しく解説していきます。 この記事を読むことで、「丁重にお断りする」の使い方をマスターすることができ、もっと充実したビジネスライフをおくれるようになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

「丁重にお断りする」の意味とは?

「丁重にお断りする」の意味とは?

「丁重にお断りする」という表現は、「礼節を守りながら、丁寧に相手の提案・誘い・申し出などをお断りする」という意味をあらわしています。 「丁重にお断りする」と相手に伝えることによって、「丁寧に礼儀正しく、相手の気持ちに配慮しながら相手の申し出を受け入れることができないことを伝える様子」を意味している表現といえます。

「丁重にお断りする」の読み方や意味について

「丁重にお断りする」は「ていちょうにおことわりする」と読みます。 「丁重」は「ていちょう」と読み、「心がこもっていて、礼儀正しいこと」です。相手の申し入れは善意の場合が多く、その善意をぶっきらぼうに断ってしまっては今後の関係にヒビが入ってしまいます。 相手の気持ちを大事にしたうえで丁寧にお断りすれば、相手も納得して今後も親密なお付き合いを続けることができるようになります。お断りする際には、相手の善意を大切にするということを意識するようにしましょう。

「丁重」の意味と使い方

先述したように、「丁重」の意味は「心がこもっていて礼儀正しいこと」です。似たような言葉に「丁寧」がありますが、ほとんど意味は同じです。 丁重は、主に自分や相手の行為をあらわす言葉の前におき、「丁重に」や「丁重な」のように形容詞として使います。「丁重な心遣い」は相手の心遣いが手厚くて礼儀正しいことを表現し、「丁重にお礼する」は自分の行為が礼儀正しいことを表現することができます。 また、「ご丁重」とすることによって、目上の人に対して尊敬語として使うことも可能です。この際は「ご」を言葉の前におき、相手方に対する尊敬の感情を「ご丁重」とあらわします。

「丁重」と「丁寧」の違い

「丁重」と「丁寧」はとてもよく似た言葉ですが、実は「丁重」の方がより丁寧な印象を相手に与えます。 「丁重」は「礼儀正しく手厚い様子」のことで、「丁寧」は「細部まで気を配る様子」のことです。丁重の方が格式の高い表現となりますので、使う際は注意しましょう。 また、この2つの言葉には決定的な違いがあります。「丁重」は相手が主体の場面で使い、「丁寧」は自分が主体の場面で使います。どちらの言葉を使うかは主体がどちらかによって違いますので、注意して使用しましょう。

「丁重にお断りする」の使い方と例文

意味と使い方について理解したところで、ここでは「丁重にお断りする」を使った例文を紹介します。 ・「いつもお世話になっている方と食事の約束をしていたのですが、用事が入ってしまったので行けないと、丁重にお断りしてください。」 この例文では、「丁重にお断りする」の表現で、「礼儀正しく相手に配慮したうえで、行けないことをお伝えください」ということを伝えています。 せっかく誘われたのに行けなくなってしまった場合は、相手の行為に配慮したうえで断る旨を丁寧に伝えましょう。

「丁重にお断りする」を使う際の注意点

「丁重にお断りする」は断る際に相手に配慮した表現ですが、使う際にはいくつかのことに注意が必要です。ここからは、「丁重にお断りする」を使う際の注意点について紹介します。 注意する点は、以下の3つです。 ・断ることを明確に伝える 相手を気遣うのは良いことですが、気遣いすぎて伝え方があいまいになってしまうのは本末転倒です。できるだけ早めにお断りだということを明確に伝えることが非常に大切なことです。 ・断ることに対して、こちらが心苦しいという気持ちを伝える 「丁重にお断りする」を使う際には、「申し訳ありませんが」「誠に恐縮ですが」「大変心苦しいのですが」といった言葉を添えることで、心苦しさをより丁寧に相手に伝えることができます。 ・今回は断っても、次回があることを印象付ける 断る際には、「今回はだめでも、次回がある」という印象を相手に与えると、その後の関係を良好に保つことができるでしょう。 例えば「今回はご希望に沿うことはできませんが、次回は~」と伝えることで、相手に対しての配慮を示すことができます。

「丁重にお断りする」の類語や言い換え表現

次のページ:「丁重にお断りする」の敬語表現
初回公開日:2022年10月04日

記載されている内容は2022年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング