IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「教えを請う」の意味・読み方|「教えを乞う」との違いも解説

更新日:2022年10月11日

言葉の意味・例文

日常生活で目にする「教えを請う」とはどういう意味か気になる人もいるでしょう。本記事では「教えを請う」の意味や「乞う」との違い、言い換え表現を例文で解説します。あわせて英語での表現も紹介します。「教えを請う」の意味や使い方を知りたい方は参考にしてください。

「先輩が”有識者に教えを請う”と言っていたけれど、どういう意味なの?」 「”教えを請う”を使った例文を知りたいな」 「”教えを請う”の代わりに使える表現にはどのようなものがあるの?」 小説やエッセー、日常会話などで耳にする「教えを請う」ですが、どのような意味を持つのか、また使い方がよくわからないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では「教えを請う」が持つ意味や使い方、「教えを乞う」との違いを解説します。あわせて例文や類語、英語での表現についても紹介します。 この記事を読むことで「教えを請う」の意味や正しい使い方がわかり、英語でも表現できるようになるでしょう。 「教えを請う」の意味や例文を知りたい方、正しく使いこなしたい方はぜひ参考にしてください。

「教えを請う」の意味

「教えを請う」の意味

「教えを請う」の意味は、「情報や技能を授けてほしいと頼むこと」です。 自分が持っていない知識やスキルを身につけたい時に、それを持っている他者に対してお願いする状況で使われます。 スポーツや芸術、パソコンなどの技能を自主的に身につけたい時に使われることが多く、学校や講習会などで学ぶことに対してはあまり使われないのが特徴です。 また、「教えを請う」は、依頼する相手に対しては直接使わない表現であることに注意しましょう。第三者に対して、自分が誰かに何かを教えてもらうことを述べる際に使います。

「教えを請う」の読み方

「教えを請う」の読み方は「おしえをこう」です。 「請」の音読みは「セイ・シン・ショウ」で、訓読みでは「こう」の他に「うける」とも読みます。 訓読みの「こう」は「願う、依頼する」、「うける」は「引き受ける、請け負う」といった意味を持ち、読み方によって依頼する側、される側のどちらの意味でも使えるのが特徴です。

「教えを乞う」との違いは?

「教えを請う」は「教えを乞う」と書かれることもありますが、違いはあるのでしょうか。 「請う」が「自分がすることの許可を相手に得る」ことであるのに対し、「乞う」は「相手にして欲しいことを頼む」ことを表します。例えば、自分の非を相手に許してもらいたい時には「許しを乞う」が使われます。 また、「請う」は事務的に許可を求めているのに対し、「乞う」には心から求める、切実にお願いするというニュアンスがあります。 他者に何かを教えてもらう場合は「教えを請う」「教えを乞う」のどちらを使用しても問題ありません。

「教えを請う」の言い換え表現

知識や技能を身につけたい時に使う「教えを請う」ですが、この表現は教えてくれる相手に対して直接使うことはありません。 他の表現に言い換えて使いますが、さまざまな表現方法があり、それぞれニュアンスが異なります。 ここからは「教えを請う」の代わりに使われる表現と、その意味を見ていきましょう。

ご教示

「ご教示」は「教えを請う」の言い換え表現として使えます。 「教えて示す」という意味で、知識やスキルを伝えることを表します。相手に何かを教えて欲しい時には丁寧語の「ご」と、依頼を表す「ください」を付けて「ご教示ください」という丁寧表現として使われるのが一般的です。 ビジネスシーンのメールでは、物事を単純に明示してもらいたい時に「ご教示ください」がよく使われます。長期的に何かを学ぶ際には「教示」はあまり使われないことに注意しましょう。

ご教授

次のページ:「教えを請う」の使い方と例文
初回公開日:2022年10月04日

記載されている内容は2022年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング