IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

注意散漫の意味とは?例文と言い換えもまとめて紹介!

更新日:2022年09月27日

言葉の意味

「注意散漫」の意味を知っていますか。また、どのような場面で使う言葉なのかご存じでしょうか。この記事では「注意散漫」の意味について紹介しています。例文や類似表現も記載していますので、日本語を正しく使いたい人は、この記事を参考にして実際に使ってみてください。

「『注意散漫』の意味を知りたい」 「『注意散漫』に類似表現はあるの?」 「『注意散漫』をどのような場面で使うのか知りたい」 このように、ビジネスでも日常会話でも使われる言葉「注意散漫」の意味が分からず困ったという経験はありませんか。 この記事では、「注意散漫」の意味について詳しく紹介するとともに、「注意散漫」を使った例文や類似表現、「散漫」の意味も併せて記載していますので、ぜひ参考にしてください。 この記事を読めば「注意散漫」の意味が分かり、例文を知ることでさまざまな場面で実際に使うことができます。 「注意散漫」の意味を知りたい人、ライフスタイルにまつわる情報を得たい人は、この記事を活用してみてください。

注意散漫の意味とは?

注意散漫の意味とは?

「注意散漫」は「ちゅういさんまん」と読み、集中力を欠いている様子を表した言葉です。「一定のことに集中できず、あれこれと気が散っているさま」という意味があります。 ビジネスシーンや日常生活で周囲に言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。例えば、仕事中にスマートフォンを見たり、勉強中に窓の外を見ていて、「注意散漫だね」というようにです。 「注意散漫」は、目の前のことに集中できず、仕事や勉強以外に意識がいってしまう際に使われます。仕事や勉強は一例ですがほかにも、運動中や運転中、子どもと遊んでいる時や料理している時など、「注意散漫」はさまざまな場面で使われる言葉です。

注意散漫 読み方:ちゅういさんまん 注意が定まらず、あれこれと気が散っているさま。集中力を欠いているさま。

注意散漫を使った例文

「注意散漫」は実際にどのような場面で使われるのでしょうか。「注意散漫」を使った例文をいくつか紹介していきます。例文を参考に、みなさんもぜひ使ってみてください。

自分が注意散漫だという自覚があるときの使い方

まずは以下の例文です。 「私は注意散漫な性格なので、時々別のことに意識が向いてしまいます。」 この例文は、注意散漫であることを自覚している人の文章です。周囲から言われてハッと気づく人もいれば、この台詞を言った人のように自覚がある人もいます。 別のことに意識が向いていても、しっかり目の前のことに集中し直せれば誰も何も言わないでしょう。しかし、こういうことが頻繁に起こるとやはり効率が悪くなるのも事実です。 自分が「注意散漫」だという自覚がある人は、集中力を高める必要があるかもしれません。

自分以外の相手が注意散漫である場合の使い方

つづいて、以下の例文です。 「彼女は注意散漫な性格らしく、編み物や読書を最後まで出来ないらしい。」 これは、自分から見て相手が「注意散漫」である場合の例文です。編み物も読書も根気のいる作業のため、この文章は相手が集中できていないことを意味しています。 「注意散漫」な人は、周囲の音や人の動きが気になって1つのことに集中できない傾向にあります。 自覚がある場合と違い、周囲に指摘されてはじめて気づくことですから、このような経験がある人は「注意散漫」な人かもしれません。物事に集中できるよう努力する必要がありそうです。

注意散漫になってしまう状況の時の使い方

最後は以下の例文です。 「疲れが溜っているのか、だんだん注意散漫になってきた。少し休憩しよう。」 これは、この台詞を言った人が「注意散漫」なのではなく、理由があって注意散漫になっているという文章です。 例文にあるように、疲れが溜って集中力が欠けているのでしょう。働きすぎて頭が回らない状態では仕事に集中できず、気が散ってしまうのも当然です。 どのような場面においても、自然と注意散漫になってしまうのは仕方ありませんから、「集中力が切れた」となった際は無理せず休憩しましょう。一度リフレッシュすると再び集中できるようになります。

注意散漫の類語や類似表現

「注意散漫」の意味は「集中力を欠いている様子」「気が散っているさま」です。では、これに相当する類語や類似表現はどのような言葉なのでしょうか。 ここからは「注意散漫」の類語や類似表現を紹介します。きっとみなさんも一度は日常生活で使ったことのある言葉です。意味と併せ使い方も記載しています。

上の空

「注意散漫」の類語・類似表現は「上の空」です。 「上の空」とは「うわのそら」と読み、ほかのことに心が奪われ、目の前のことに注意が向かない様子を表した言葉です。「心が浮ついている」ことを意味しています。 「上の空で人の話を聞く」「彼は恋愛中で上の空になっている」といった表現ができ、日常的に使ったことがある人も多いのではないでしょうか。 「上の空」は目の前のことに意識がいかず、別のことを考えている際に使われる言葉なので、「注意散漫」と同じ意味と言えます。 自分または自分以外で、心が浮ついていると思った際は「上の空」を使ってみてはいかがでしょうか。

次のページ:散漫の意味とは?
初回公開日:2022年09月13日

記載されている内容は2022年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング