IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「襟足」とはどこ?「うなじ」「首筋」との違いや形の特徴・切り方

更新日:2022年09月13日

言葉の意味

みなさんは襟足と呼ばれる部分についてご存知でしょうか?本記事では襟足やうなじ、首筋の違いなどについて、そして襟足の形や長さなどの内容をまとめています。位置で呼び名が変わるため、本記事を読めばヘアカットや脱毛の際などに役立てることができるでしょう。

「襟足って正確にはどこの部分のことなのかわからない」 「襟足とうなじっていったい何が違うの?」 「ヘアカットの際など、襟足について聞かれるけどなんて答えたらいいかわからない」 このように襟足について疑問に思ったことはありませんか? この記事では、襟足について、どこの位置にあるのか、うなじや首筋とは何が違うのか、なんと呼ばれているのか、その違いなどを詳しくまとめています。 本記事を読めば、襟足についてより詳しく理解することができ、男性女性問わず、ヘアカットやヘアセット、現在流行しているうなじ・襟足脱毛などにも役立てられます。 襟足部分について迷うことがある方や髪型のなりたいイメージなどの参考にしてみてください。

襟足ってそもそもどこ?

襟足とは頭と首の付近に生える後ろの毛のことです。 大体はわかっていても正確には答えられないのではないしょうか。ここで詳しく見ていきましょう。

首筋の髪の毛の生え際

ずばり、襟足とはどこの部分かというと、耳から後ろ側の、首と頭の境目に生える髪の毛のことです。 人によって形や生え癖が違っており、女性は上に向かって毛が流れている人が多いようです。 なのでくせ毛の方などは襟足部分が浮いてしまったりします。 よく「後れ毛」という表現も見かけますが、まさに襟足のことを指します。 女性でも最近はショートヘアが流行っており、襟足だけでも印象が変わります。男性でも刈り上げスタイルも流行っているため、その髪型にする場合は襟足の長さについて考える機会もあるでしょう。 なかなか自分では見えない部分ですが、どこの部分なのか鏡で見ながら生え癖を見てみると、今後ヘアカットやヘアセット、うなじ・襟足脱毛などのヒントになると思いますので、是非見てみてください。

洋服の襟の部分

襟の足と書きますが、洋服の部分にある襟にあたる首の後ろの髪の毛の先端(足)の部分を襟足といいます。 襟周りは会話の際に、相手の顔に次いで良く目に入る場所であるため、衣服にも装飾や意匠が凝らされています。 スーツなどを想像するとわかりやすいですが、きっちりとワイシャツが整っていたり、ボタンが閉まっていることなどは面接時や目上の方と会う場合「身だしなみ」として見られます。 軍服では襟に「襟章」と呼ばれる階級章などをつける場合があったり、議員記章(いわゆる議員バッジ)など社会的役職を示すものをつける場合もあります。 昔のように着物や浴衣だけではなく、トップスやワンピース、ドレスなども襟元のデザインが凝っているものもたくさんあります。また、襟部分だけ取り付けられるような装飾品もあります。 それほど首元とは相手の目に入る場所であり、大事なところだということがわかりますね。

「襟足」と「うなじ」「首筋」の違い

では果たして、どこまでが襟足であり、どこからがうなじなのか正確に説明することができるでしょうか?また、首筋との違いもあります。 襟足とは首の後ろの部分(うなじ)の髪の生え際部分の髪の毛のことです。 語源は髪を結い上げた時に首に残る左右の毛が足のように見えたためだとされています。 うなじとは首の後ろ部分で、髪の毛は含まれません。 「うな」とは首。首の後ろ(うなづく、うなだれるの由来とも言われています)という意味で、「じ」は尻という意味です。 首筋とはうなじと同じ意味で、髪の毛を含まない首の後ろのことです。 「首」の「筋」と書くので、首全体だと思われがちですが、うなじと同じく首の後ろ側を指します。 うなじよりも広範囲を指す際に使われることが多いです。 それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

「襟足」と「うなじ」の違い

襟足とは髪の毛のことですが、うなじは首の後方部分のことで、髪の毛を指すものではありません。 うなじに生えている毛については、産毛になります。 うなじとは髪の毛を除いた首の後ろの部分です。 なぜうなじが魅力的に見えるのかというと、昔の夫人は肌を見せないようにしていましたが、肌が僅かに見えるところとして、うなじ・二の腕・足首があります。 今の時代とは違い、あからさまに見える部分ではないですし、肌と髪の接点として色気を感じ想像が膨らむのです。

「襟足」と「首筋」の違い

首筋は首の後ろ部分、襟首、うなじ部分です。 首筋の類語として「首根っこ」、「襟首」、「うなじ」という言葉があります。 首筋の筋という漢字は「肉」と「力」で構成されており、肉の中の力のある「すじ」を意味しています。 髪の生え際、髪の毛を指す襟足と首筋は全く別物ですが、襟足が首元をスッキリと見せ、首筋が綺麗に見えるようになります。

「襟足」の使い方の例文

では襟足とはどのような場面で使われるでしょうか? いくつかの例文とともに見ていきましょう。

襟足を残して髪を結ぶ

髪を高い位置で縛ったり、首元が見えるようまとめる際など、「後れ毛」として襟足の髪を残して結ぶ結び方があります。 後れ毛を残すことで一気におしゃれ感やこなれ感が出ます。 また、襟足を残して結ぶことでうなじや首筋が見え、首を長く綺麗に見せることができますし、普段見えない首の後ろ部分だからこそ隙が見え、それを魅力に感じる可能性もあります。

次のページ:襟足の形と特徴
初回公開日:2022年09月13日

記載されている内容は2022年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング