IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「間口を広げる」の意味とは?使い方・例文・言い換え表現も解説

更新日:2022年09月09日

言葉の意味

「間口を広げる」という慣用句を使ったことがありますか。本記事では「間口を広げる」の意味・使い方、言い換え、英語表現まで幅広く丁寧に解説しています。「間口を広げる」を知らなかったという方、使ってみたい方は是非この記事を読んでみて下さい。

「間口を広げるって言ってたけど、どういう意味?」 「そもそも間口って何?」 「間口を広げる」という慣用句がありますが、「間口」という言葉はあまり馴染みのないものなので、知らなかった方も多いのではないでしょうか。 この記事では、「間口」の意味から「間口を広げる」の使い方まで初心者の方にもわかりやすいように幅広く紹介しています。また、使い方については例文も併せて紹介しているので、実用化しやすい構成となっています。 この記事を読むことで、「間口を広げる」という表現を自分の物にすることができます。さらに、言い換え表現や英語表現もマスターすることで、表現の引き出しを増やせるほか、海外の方とやり取りをする際に役立つことでしょう。 「間口を広げる」の意味を知りたい方、表現の幅を広げたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

「間口を広げる」の意味

「間口を広げる」の意味

「間口を広げる」という表現を知っていますか。日常生活であまり使うことがない表現なので、いざ目にする機会や使える機会があると、読み方や意味など不安があるのではないでしょうか。 ここでは「間口を広げる」の読み方と意味について紹介します。もし、読み方や意味で不安があれば、ここで解消していきましょう。

「間口を広げる」の読み方

「間口を広げる」は「まぐちをひろげる」と読みます。また、「間口」とは建築用語の1つで、建物でいえば玄関側の面や道路に接している敷地面など、正面から見た建物や敷地の幅のことです。 「間口を広げる」は、建物や敷地の幅を広げるということから変化して、研究や事業の領域を広げるという意味になります。

建築用語として用いるときの意味

先程述べたように、「間口」は建物や敷地の正面の幅を指す用語です。研究や事業を広げるだけに留まらず、住宅の幅を広げる際にも用語の通りの意味で「間口を広げる」を使うことがあります。 また、リフォーム業界ではキッチンの幅などといったものも「間口」と呼ぶことがあり、キッチンの幅を広げる時なども「間口を広げる」が使われます。

「間口を広げる」の使い方・例文

ここまで、「間口を広げる」についての読み方や意味といった基礎的な事項について紹介しました。ここでは1歩進んで、「間口を広げる」の実用的な使い方について説明します。 使い方ごとに例文も紹介していくので、実際に使う際に役立ちます。使い方を知りたいという方は是非チェックしてください。

ビジネスの場面で用いる場合

「間口を広げる」をビジネスで用いる場合、主に事業拡大やサービス拡張などの意味で使われます。ここでは、事業やサービスを間口に例えていることがわかりますね。 例文 ・「実店舗経営だけでなく、ネットショップも開設することで、商売の間口も広まるのではないでしょうか」 ・「若者向けの商品を考案することで、客層の間口も広まるだろう」

人の評価に用いる場合

「間口を広げる」は人を評価する際にも使うことができるのです。この場合、知識が豊富な人、複数の事業を展開している経営者という意味合いがあります。 例文 ・「あの人は間口が広い人だから、何かあった時は相談するといいだろう」 ・「先程の人は飲食業界の他にも宿泊業にも事業を展開している間口の広い人だ」

学問・研究の分野で用いる場合

「間口を広げる」の読み方の項目でも述べたように、研究や学問の分野においても使うことができます。この場合は、研究対象を広げる、他の分野を学び始めるという意味合いになります。 例文 ・「ハシビロコウのクチバシだけでは研究が行き詰まるだろうから、間口を広げて他の鳥のクチバシも研究対象にしたらどうだろうか」 ・「フランス史を学んでいく中で、フランス語やフランス文化学にも興味を持ち、間口を広げつつある」

次のページ:「間口を広げる」の注意点
初回公開日:2022年09月08日

記載されている内容は2022年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング