IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「噴霧」の読み方は?意味や類義語・英語表現もあわせて紹介

更新日:2022年09月09日

言葉の意味

「噴霧」という言葉についてご存知でしょうか?この記事では、噴霧という言葉の意味や類義語、英語表現などについて紹介しています。噴霧がよくわからない人、噴霧という言葉を知りたい人は、ぜひ読んでみてください。使い方のわからない人のために、例文も紹介しています。

「噴霧の読み方・意味って?」 「噴霧の使い方や例文を知りたい」 「噴霧の類義語にはどんなものがあるの?」 「噴霧」という言葉に対して上記のような疑問を持っているのではないでしょうか。 また「噴霧式」と名の付く製品もあるため、町中でこの言葉を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。 「噴霧」という言葉を知らないと、その製品がどのような製品なのか理解できませんよね。この記事では「噴霧」の読み方や類義語、英語表現などについてご紹介します。 本記事を読めば、「噴霧」の読み方や意味について理解を深めることができます。 「噴霧って一体どんなもののことなの?」という疑問を、この記事で解消していきましょう。実は読み方や意味さえわかれば便利な単語です。

「噴霧」の読み方・意味

「噴霧」の読み方・意味

「噴霧」の読み方は「ふんむ」です。噴霧の「噴」の読み方は「ふん」で、噴き出すという意味を持っています。他にも「噴射する」「噴出する」「噴火」などという言葉に使われており、何かが吹き出すときに使われる言葉です。 噴霧の「霧」は「きり」「む」という読み方があります。「きり」という読み方の通り、自然現象である「霧」を指しており、小さな水がたくさん空気中に浮いている状態のことです。自然に発生する他、スプレーで水を噴き出して霧状にすることもあります。 読み方や漢字のさえわかれば、噴霧の意味をすぐに理解することができるでしょう。噴霧とは、「霧を噴き出す」という意味になります。「霧」という単語の読み方が「きり」であることを覚えておくと意味が覚えやすいです。

「噴霧」の使い方・例文

噴霧は「霧状にして噴き出す」ことを指します。それを踏まえた上で、具体的な例文をご紹介しましょう。

化学肥料を芝生に噴霧した

化学肥料を芝生や植物に撒くとき、スプレーに入れて撒くことがあります。液状のものはそのまま撒くと、撒きすぎてしまう可能性があるからです。 スプレー缶に入れると化学肥料は霧状になるので、「噴霧」と表現します。どのようにして肥料を撒くのかがわかりやすい言い方です。 化学肥料の他にも小さい多肉植物など、噴霧式で水やりをする時に使えるでしょう。人に肥料や水のやり方を説明する時に使えます。

このペンキは噴霧式だ

ただペンキと言う言葉だけでは、液状のペンキをハケで塗るのか、スプレー缶に入ったペンキを塗るのかわかりません。しかし、噴霧式のペンキという言い方であれば、スプレーに入ったペンキだということがわかります。 噴霧の読み方がわからない場合は「スプレーのペンキ」というと、噴霧式のスプレーということが伝わるでしょう。

エアブラシは塗料の噴霧器だ

イラスト制作や塗装をするときに使われている、エアブラシというものをご存知でしょうか。スプレー缶の中に塗料が入っており、霧にして塗料を塗ることができるものです。 つまり、エアブラシは日本語で言うと「塗料の噴霧器」となるでしょう。「噴霧器」の読み方は「ふんむき」です。 エアブラシという単語で相手に伝わらない場合、「これは塗料を噴霧する器材である」と伝えることで、どういったアイテムなのか伝わりやすくなるでしょう。

「噴霧」の類義語

噴霧の類義語には、「飛び散らす」「放散させる」といった言葉があります。読み方はそれぞれ、「とびちらす」「ほうさんさせる」です。どれも細かい水にして散らすという意味であり、噴霧と似ていると言えるでしょう。 「散布」という言葉もありますが、こちらの言葉は「水や農薬といった液状のものをまき散らすこと」を指します。読み方は「さんぷ」であり、霧状にするわけではありませんが液体を撒くという意味では同じです。「散布」「噴霧」、どちらを使うかどうかは用途によって使い分けるようにしましょう。 言葉は正しく使わないと、相手に間違って伝わる可能性があります。わからない場合はしっかりと意味を確認しておきましょう。

次のページ:「噴霧」の英語表現
初回公開日:2022年09月07日

記載されている内容は2022年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング