IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「後進の育成」とは?使い方の例文・類語との違い・英語表現

更新日:2022年11月21日

言葉の意味・例文

「後進の育成」という言葉について、どのような場面で使うか疑問に思っている方もいるでしょう。この記事では「後進の育成」の意味や例文について解説しています。その他、英語表現や「後進の育成」のコツとなるポイントについても記載していますので、ぜひご覧ください。

「後進の育成とはどういう意味?」 「後進の育成にコツはあるの?」 「後進の育成という言葉がどんな場面で使われるか知りたい」 このように、「後進の育成」の意味や、類語との違いが分からず困ってしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。 本記事では、「後進の育成」という表現について詳しく紹介するとともに、「後進の育成」を使った例文や類語、英語表現や、「後進の育成」のコツ・ポイントなども紹介しています。 本記事を読むことで、「後進の育成」の正しい意味が理解できます。さらに、使い方のコツやポイントを知ることができれば、自社の後進の育成にも役立つでしょう。 後進の育成のコツやポイントを知りたい人や、「後進の育成」を使う場面を知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

「後進の育成」の意味

「後進の育成」の意味

企業で働き、若手や部下を育てたことがある人なら、一度は「後進の育成(こうしんのいくせい)」という言葉を使ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、正しい言葉の意味を理解した上で使っていたという人は少ないでしょう。 ここでは、この表現を「後進」と「育成」に分け、それぞれの意味を詳しく解説していきます。両方の意味を知ることで、より言葉への理解を深められるため、適切に使えるようになるでしょう。 さらに、後進の育成の目的や目標についても解説しているため、ぜひ参考にしてください。

「後進」とは?

「後進(こうしん)」とは、学問や仕事などで先人が歩いた道を後から進むこと、または、そういう人や後輩のことを言います。 つまり、企業における上司や先輩たちからノウハウを学び、さらにそれを自身の後輩にも伝えていくということです。 しかし、ただ教えられるだけでは能力は伸びません。専門書を読み、自ら学ぶ意欲があったとしても、時間がかかってしまうでしょう。 だからこそ、その道の専門家である先人(上司や先輩)から教えてもらい、効率的に学ぶことが重要と言えます。

「育成」とは?

「育成(いくせい)」とは、立派に育て上げることを言います。 つまり、自身が知識や経験から学んだノウハウを後輩に伝え(後進)、のちの世の人材を育てるということです。そうすることで業務効率が上がり、企業としても活性化を図れます。 ただし、必ずしも業務を引き継ぐわけではありません。先輩の業務をそのまま後輩に下ろす場合もありますが、あくまでノウハウを伝えることが「後進の育成」です。

後進の育成の目的・目標

企業が考えている後進の育成の目的・目標は、生産性の向上と会社および従業員の活性化です。既述したように、後進の育成によって人材が成長すれば、会社の業務効率が向上します。 後進の能力が上がって、より多くの業務を任せられるようになれば、その分指導者側の負担も減るでしょう。業務効率が向上すれば、自ずと生産性も上がります。 また、後進の育成によって従業員同士の関わりが増えることで、コミュニケーションの活性化が期待できるでしょう。 お互いに意思疎通を図ることは、自分にとっても相手にとってもよい刺激になります。コミュニケーションによって構築される信頼関係こそが、会社全体の活性化につながると言えるでしょう。

後進の育成の使い方・使う場面

「後進の育成」という言葉を使うのは、主に指導者側です。また、長年企業で働いていた人が第一線を退く際によく使います。 例えば、スクール経営者やスポーツ選手などが引退する際に、「後進の育成に努める」「後進の育成のため引退を決意した」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 これは、「引退はするが指導者(教育者)としてその分野に関わり続ける」という意味です。自身が引退しても、その技術を伝え育てることで、のちの世にいつまでも残すことができます。

「後進の育成」を使った例文

では、実際に「後進の育成」を使った例文をいくつか紹介しましょう。 例文にどのような意図が含まれているのか、どのような解釈ができるのかを、ぜひ読みながら考えてみてください。

後進の育成に当たる

「私は歳を取った。そのため、今後は第一線を退き後進の育成に当たることにした。」 この例文は、会社の管理職もしくはそれ以上の立場の人が言った台詞です。年齢を重ね、今までと同じように働くのが難しくなったのでしょう。のちの会社のことを考え、引退し後進を育てる決意が文章から見てとれます。 また、第一線を退くとはいえ、会社からいなくなるわけではないことも文章から分かるでしょう。既述したスポーツ選手のように、指導者側にまわるという意味です。

後進の育成に努める

続いて、「努める」を使った例文です。 「彼は学生たちへの指導に取り組み、後進の育成にも努めている。」 これは、多くの学生へ指導しつつ、自身の知識や技術を伝えられる後輩も同時に育成しているという文章です。 「努める」とは「力を尽くす」「努力する」という意味で、教育や訓練を通じて後世に続く人材を育てることに対して、努力を惜しまないことを表しています。 「後進の育成に当たる」と同様、第一線を退いた人が言う場合もありますが、例文のように現役指導者に対する表現として使われることも多いでしょう。

次のページ:「後進の育成」の類語と違い
初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング