IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「目まぐるしい」の意味って?例文も含めた使い方や類義語なども解説

更新日:2022年09月02日

言葉の意味・例文

普段から使っている言葉でも、実は意味があまりわかっていない言葉はありませんか?この記事では「目まぐるしい」という言葉に焦点を当て、意味や用法を詳しく解説しています。「目まぐるしい」という言葉を理解したい方は、是非ご覧になってください。

「普段からよく使っている言葉だけど、実は意味がよくわからない」 「ちゃんと意味を知った上で言葉を使いたい」 「この間使った言葉は使い方間違っていなかったかな?」 というふうに思ったことはないでしょうか? 普段から慣れ親しんだ言葉だからなんとなく意味はわかっているけれども、本当の意味がわからないというのは結構あると思います。 この記事では「目まぐるしい」という私達が普段からよく使う言葉の意味や似た意味を持つ言葉について解説しています。 この記事を読むことによって普段からなんとなく使っていた「目まぐるしい」という言葉の正しい使い方や由来をしっかりと理解できるようになるでしょう。 言葉を正しく使うために言葉の意味までしっかりと理解したいと思っている方は是非ご覧になってください。

「目まぐるしい」の意味は?

「目まぐるしい」の意味は?

「目まぐるしい」という言葉には、ある物の動きや変化が追いきれないほど早いという意味があります。あまりに変化が早くて目がまわっている状態です。 他には物の動きや変化が激しすぎて対応が難しい時に使う言葉でもあります。

由来・語源

元々は目がまわるような状態を、「目粉れ(めまぎれ)」という言葉を使って表現していました。目紛れという言葉には目の前にたくさんの物がありすぎて、目がチラチラして見分けられないという意味があります。 目紛れが時間の経過と共に変化して、「目まぐるしい」という言葉に変化したと言われています。

漢字では「目紛るしい」と表現される

通常は「目まぐるしい」と表記されることが多いですが、漢字では「目紛るしい」と記します。「目紛しい」と書く場合もあります。 「目まぐるしい」と「目紛るしい」、「目紛しい」どの表記も間違いではありません。状況によって使い方が変わることもありません。

「目まぐるしい」の使い方・例文

普段からよく使う「目まぐるしい」という言葉ですが、どういう状況で使うのが正しいのでしょうか。正しく使用できないと、意味の通じない文章になってしまいます。 「目まぐるしい」という言葉の使い方を例文と共に見ていきましょう。

人・モノの動きに対して使う場合

人の動きや物体の動きなど実際に動いているものに対して「目まぐるしい」という言葉を使います。あまりに動きが早くて対応が難しい場合に使うことが多いです。

例文
  • このスポーツは人が目まぐるしく動いている。
  • 目まぐるしく動く昆虫を捕まえることができない。
次のページ:「目まぐるしい」の類義語・似た意味の四字熟語
初回公開日:2022年08月16日

記載されている内容は2022年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング