IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「注意喚起」を言い換えると?意味や正しい使い方と類義語も紹介

更新日:2022年08月31日

言葉の意味・例文

「注意喚起」と同じ意味を持つ言葉を知っていますか。この記事では、「注意喚起」の言い換え表現や英語表現、意味と正しい使い方について紹介します。「注意喚起」を正しく使いたい人や、同じ意味の表現を知りたい人は、ぜひチェックしてください。

「注意喚起とはどんな意味?」 「注意喚起の他の言い方は?」 「英語で注意喚起はどう言うの?」 「注意喚起」という言葉を知っていますか。ニュースで耳にしたり、新聞記事で目にしたりする機会がありますが、自分では使ったことがないという人も多いでしょう。 本記事では、「注意喚起」の言い換え表現や英語表現、意味と例文を含めた正しい使い方を紹介します。 この記事を読めば、誤った使い方をせずに「注意喚起」という言葉を使えるようになるでしょう。言い換え表現を知ることで、日常でもビジネスでも状況に合わせた適切な言葉を選べます。 「注意喚起」という言葉について知りたい人や、類語や英語での言い換えを知りたい人はぜひ参考にしてください。

「注意喚起」の意味とは?

「注意喚起」の意味とは?

「注意喚起」は、「ちゅういかんき」と読む四字熟語です。 用心するという意味の「注意」と呼び起こすという意味の「喚起」を合わせた言葉で、周りの人やグループに対してこれから起こることに注意を促すという意味を持ちます。

「注意喚起」の正しい使い方は?

周囲に注意を促すためには、正しく言葉を使うことが大切です。誤った使い方では、緊急性や危機感が薄れてしまって意図した内容が伝わりません。「注意喚起」の例文と、正しく使うために覚えておきたい強調表現や間違いやすい表現を紹介します。

「注意喚起」の例文は?

「注意喚起」の例文を3つ紹介しましょう。

  • 「夏場の熱中症防止のため、こまめに水分補給するよう注意喚起を行います」
  • 「商品を正しく使用してもらえるよう、購入者に注意喚起を図ります」
  • 「不審者が目撃されているので、夜間の外出について注意喚起を受けました」

「注意喚起」を強調する場合は?

「注意喚起」を強調したいときは、「強く注意喚起する」という表現があります。また、「注意喚起を徹底する」という言い方を使えば、漏れなく関係者に注意喚起するというニュアンスが伝わるでしょう。

「注意喚起を促す」は正しくない

「注意喚起」という言葉を使うときに多い間違いが、「注意喚起を促す」です。「喚起」が「促す」という意味を持っているため、意味が重複して二重表現となってしまいます。誤って使いがちな表現なので、気を付けましょう。

「注意喚起」を言い換える注意を促す表現

相手に注意を促したいとき、「注意喚起」という言葉以外にも言い換え出来る表現があります。特に、丁寧な表現をしたいときには言い換えが必要です。目上の相手やビジネスシーンで使える、注意を促す意味の言い換え表現を紹介します。

目上の人への表現

次のページ:「注意喚起」の類義語とは?
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング