IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「皆目見当もつかない」の意味って?例文つきの使い方や類義語なども解説

更新日:2022年08月31日

言葉の意味

「皆目見当もつかない」という言葉の意味や正しい使い方はご存知でしょうか。本記事では、「皆目見当もつかない」の基本的な意味と使い方のポイントをご紹介します。「皆目見当もつかない」の意味がよく分からない方は、ぜひチェックしてみてください。

「皆目見当もつかないって、具体的にいつ使うの?」 「難しい言葉だから、言葉の意味がよく分からない。」 「皆目見当もつかないに似た言葉って何がある?」 このように「皆目見当もつかない」の言葉の意味が分からなかったり、意味を深く理解せずになんとなく使っていたりする方もいるのではないでしょうか。 本記事では、「皆目見当もつかない」の意味や使う場面に加えて、例文も添えて紹介しています。 この記事を読むことで、「皆目見当もつかない」の正しい意味や使い方を把握し、自信を持って使うことができるでしょう。 難しい言葉を正しい使い方で使えるようになりたい方や、場面に合わせて類語を使い分け、言語力を上げたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「皆目見当もつかない」の基本的な意味とは?

「皆目見当もつかない」の基本的な意味とは?

「皆目見当もつかない」は、ある物事に対して、想像、予想ができないことを意味します。基本的な意味を理解して、あらゆる場面で使えるようになりましょう。

強い否定の言葉

「皆目見当もつかない」は、「皆目」の後に「ない」と否定の言葉が続いているため、「全然~ない」のように強い否定を意味する言葉です。 「皆目」の後に否定の言葉を一緒に使うことで、否定を強調するような副詞の働きをします。

「皆目~ない」の意味

「皆目」は、副詞であり、「まったく」や「すっかり」といった意味があります。「皆目見当もつかない」も「皆目~ない」のように、全てを否定する意味を持つため、「まったく分からない」という意味で捉えることが可能です。

「見当」の意味

「見当」は「大まかな予想」や「見込み」を意味します。「見当がつかない」と表現することで、相手に「予想ができない」や「見込みがつかない」と伝えることが可能です。

「皆目見当もつかない」の語源・読み方

「皆目見当もつかない」は「かいもくけんとうもつかない」と読みます。 「皆目」は「まったく」、「全然」という意味があり、「見当」は「大まかな予想」や「見込み」、「大まかな方向」を意味します。

「皆目見当もつかない」の使い方や例文

「皆目見当もつかない」の意味は、使う場面によって少し意味合いが異なります。 意味合いの違いを把握することで、的確に相手に伝わるため、さらに伝わりやすくなるでしょう。

まったく理解できない状況での使い方

  • 「あの人の考えは、皆目見当もつかない」
  • 「社長の行動は、皆目見当もつかない」

などのように、まったく理解できない状況で使います。 そのため、「あの人の考えは、まったく理解できない」や「社長の行動は、まったく理解」できないという意味で捉えることができるでしょう。

自分の想像を超えている状況での使い方

次のページ:「皆目見当もつかない」の類語・似た四字熟語
初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング