IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

責任転換とはどんな意味?責任転嫁との違いや意味も合わせて紹介

更新日:2022年08月31日

言葉の意味

「責任転嫁」と同じように使う言葉に「責任転換」があります。この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では「責任転換」と「責任転嫁」の意味や違いなどを解説しています。それぞれの意味を正しく理解できるように、参考にしてみてください。

相手に罪を押し付けたり、責任をなすりつける行為のことを「責任転換」と言う人がいます。しかし、同じ意味で「責任転嫁」という言葉も存在します。発音や漢字の意味合いも似ているように感じますが、この2つの違いをご存じでしょうか。 この記事では「責任転換」と「責任転嫁」との違い、それぞれの意味や使い方などを解説して、さらに「責任転嫁」の語源や類語なども紹介しています。 「責任転換」と「責任転嫁」は同じ意味と思っていた人も、この記事を読むことで意味や違いなどを正しく理解することができるでしょう。また、英語で表現することも可能になります。 ネガティブな意味のある「責任転嫁」ですが、「責任転換」も同じ意味を持つのか、間違えて使うことを防ぐためにも、この記事をぜひ参考にしてみてください。

責任転嫁と責任転換の違いを紹介

責任転嫁と責任転換の違いを紹介

「転嫁」と「転換」にはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは「責任転嫁」と「責任転換」の違いを詳しく解説していきます。 「責任転換」は正しい日本語なのか、なぜ間違えやすいのかを確認していきましょう。

責任転嫁の間違った使い方が「責任転換」

相手に責任をなすりつける行為のことを「責任転換」と表現する人がいますが、「責任転換」という言葉は本来存在しません。 「転換」には「方向を換える」という意味がありますので、「責任の方向を換える」、つまり「責任を相手へ向ける」という勘違いから「責任転換」を使用していることが考えられます。

責任転換は誤字?

「責任転換」は辞書にも載っていない造語のため、「責任転嫁」の誤字と言えます。「転嫁」と「転換」は発音がよく似ていますが、この2つの意味には違いがあります。 「責任転嫁」のつもりで「責任転換」と書いてしまう人がほとんどですが、誤字であることを理解し、書き間違えないように注意しましょう。

正しい日本語は「責任転嫁」

「責任転換」は辞書にも載っていない誤字であるため、正しい日本語は「責任転嫁」になります。聞き間違いなどから「責任転換」も同じような意味として使用されがちですが、間違った言葉であると正しく理解することが大切です。 「責任転嫁」は責任が発生しやすいビジネスシーンで使うことがほとんどです。そこで「責任転換」を使用してしまうと、日本語を正しく理解していないと認識される恐れがありますので、「責任転換」の使用は避けた方が良いでしょう。

責任転嫁と責任転換を間違いやすい理由

「責任転嫁」を「責任転換」と間違える理由は、「転嫁」と「転換」の発音が似ていることが原因として挙げられます。 また、「転換」は「方向を換える」という意味なので、「責任の方向を他者へ換える」という意味と勘違いしたとも考えられます。実際は「責任転嫁」とは他者へ責任をなすりつけることを意味しますので、責任の方向を換えることではありません。 発音や意味合いが似ていることから、他人に責任を押し付けることを「責任転換」と勘違いしてしまうと考えられます。

責任転換の意味とは

「転換」の意味は、「別のものに変えること、傾向や方針などを違った方向に変えること」です。そのため「責任転換」は、責任の方向や矛先を変える、責任の定義そのものを変えることを意味します。 しかし「責任転嫁」の読み間違いから、「責任を他者へ押し付ける」という意味でも使用されています。当然ですが、こちらの意味は誤りです。本来は「転嫁」と「転換」は違う意味なので、それぞれ正しく使用するようにしましょう。

責任転換の正しい使い方

「責任転換」は正しい日本語ではありませんが、誤用している人が多い言葉でもあります。そのため、使用する際は「責任転嫁」と間違えないように、「転換」の意味に合った状況で使いましょう。 「責任転換」は、責任の定義そのものを変えるときや、責任内容が変わったときに使用することが適しています。ビジネスシーンでも責任内容の変更などは存在しますので、「責任転換」を使用する頻度は少なからずあると言えるでしょう。

責任転換の例文

次のページ:責任転嫁の意味とは
初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング