IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おしゃれなノートのまとめ方が知りたい!様々な工夫の方法を知ろう!

更新日:2022年07月19日

デザイン

どうしたらおしゃれなノートになるのか、と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。本記事では、おしゃれなノートにするための様々な工夫を紹介していきます。勉強のために、おしゃれなノートでモチベーションアップを図りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「おしゃれなノートのまとめ方って何かコツがあるの?」 「おしゃれなノートを作るためのアイデアは何?」 「おしゃれに書くためにできることって?」 このように、おしゃれなノート作りに関して疑問が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 ノートが可愛いと、自分が作ったノートにも愛着が湧いてきたり、勉強するモチベーションがアップしたりするでしょう。 本記事では、おしゃれなノートのまとめ方のコツについて、様々なアイテムを使った方法を紹介していきます。 この記事を読むことで、具体的に何をするとノートを可愛く仕上げていけるかが見えてくるでしょう。世界でたった一つの自分らしいノートを作成できます。おしゃれなノートを作ってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれなノートのまとめ方とは

ノートというのは、後から書いた内容を見直すために、何が書いてあるか見やすいか、要点が分かりやすいかなどが重要になってきますが、これだけではおしゃれなノートにはなりません。 おしゃれなノートのまとめ方は、文字の大きさを整える、使用するペンやマーカーの色味の配分を考える、表やグラフを使う、また、必要であれば写真の切り抜きを使ったり、イラストや吹き出しなどの適度な遊び心を入れたりすることにあるでしょう。

おしゃれなノートを作るためのアイデア

ここでは、おしゃれなノートを作るためのアイデアを紹介します。おしゃれなノートに仕上げたいけれど、いきなり難易度の高い内容を取り入れるのは難しいと思う方も多いでしょう。ここでは、時間をかけずに簡単にできる工夫をピックアップしていきます。 まずは、簡単にできることから自分のノート作りに取り入れてみてください。以下の内容であれば、勉強に忙しい方でもサクッとチャレンジできるでしょう。

色ペンや蛍光ペンなどのカラフルなペンを使って書く

色ペンや蛍光ペンなどのカラフルなペンを使用するまとめ方は、ノートを一気に華やかにする意味でおすすめです。3色ボールペンだけでは硬く面白みに欠けてしまうため、もう少し色数を増やしてみましょう。 キラキラのラメ入りのペンなどを使うと、ファンシーな雰囲気に仕上がります。マーカーも蛍光だけではなく、ペール調のカラーなどもあり種類は豊富です。自分の好きな色を選んで使ってみてください。 ただ色数が増えすぎてしまうと、何が重要か分からなくなるため、自分なりに何色使うか決めておくと良いでしょう。

場合に応じて文字の大きさや太さを変えてみる

タイトルは太字で大きく、サブタイトルは中太字、それ以外は細字や字は小さめにしたり、場合に応じて文字の大きさや太さを変えたりしてみてください。文字の大きさや太さが違うと、ノートにメリハリがつきおしゃれな印象になります。 どこに何が書いてあるか、重要度なども一目瞭然になるでしょう。後から見返した時の見やすさにも大きく影響するため、見直しの時間も少なく済みます。

付箋を貼る

ノートに付箋を活用していくことも、ページが一気に華やかになるため、おしゃれなまとめ方の一つでしょう。水色や黄色、ピンクなど好きな付箋を用意しておきましょう。 問題をノートに書いて、回答を付箋の下に隠れるように書いておくと、試験勉強などの復習で重宝します。隠したりめくったりして、問題が解けるかの確認に使ってみてください。 また、文字を間違えて書いてしまった際も、付箋は間違えた個所に貼り付ければ、消しゴムで消す手間を省けるという意味でも役立ちます。

シールを貼る

ノートにシールを貼る方法は、ユニークなまとめ方になるでしょう。自分のテンションが上がりそうなシールを選んでみてください。 箇条書きにする際の先頭にシールを貼っても良いですし、タイトル部分に毎回シールを貼るというルールを決めても良いでしょう。 良いまとめ方のポイントは、シールのデザインを統一することです。自由にテイストが違うシールを貼りすぎると、散らかった印象になってしまうことがあります。 また、ノートのバランスを意識するために、シールを貼るのは文字を全て書き終わってからが良いでしょう。

写真や切り抜きを貼る

次のページ:一目見た時におしゃれに見える工夫
初回公開日:2022年07月19日

記載されている内容は2022年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング